また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 191638 全員に公開 ハイキング四国

白髪山

日程 2012年05月18日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:10峰越P登山口-7:45白髪山ピーク-8:15白髪分岐-8:30白髪避難小屋
9:10白髪避難小屋-10:05避難小屋登山口-10:30峰越P登山口
過去天気図(気象庁) 2012年05月の天気図 [pdf]

写真

駐車場にはすでに2台の車が。
登山者だろうか。
2012年05月18日 07:08撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にはすでに2台の車が。
登山者だろうか。
白髪山峰越登山口。
いつも思うが熊注意の看板の熊が怖い。
チンピラみたいな怖さだ。
2012年05月18日 07:10撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪山峰越登山口。
いつも思うが熊注意の看板の熊が怖い。
チンピラみたいな怖さだ。
樹林帯を抜けると視界が広がる。
黒い雲がすぐ上をどんどん流れている。
2012年05月18日 07:33撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると視界が広がる。
黒い雲がすぐ上をどんどん流れている。
白髪山ピーク。
風が強く辺りは真っ白で視界ゼロ。
ほんとなら絶景のはずが。。。
2012年05月18日 07:45撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪山ピーク。
風が強く辺りは真っ白で視界ゼロ。
ほんとなら絶景のはずが。。。
1
白髪分岐。
雲の流れは相変わらず。
右へ行くと剣山、左へ向かうと三嶺。
2012年05月18日 08:18撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪分岐。
雲の流れは相変わらず。
右へ行くと剣山、左へ向かうと三嶺。
1
向かうはずの三嶺は雲の中。
冷たい風が吹いている。
2012年05月18日 08:19撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かうはずの三嶺は雲の中。
冷たい風が吹いている。
振り返ると白髪山。
2012年05月18日 08:20撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると白髪山。
高ノ瀬・丸石・次郎笈・剣山方面。
2012年05月18日 08:25撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高ノ瀬・丸石・次郎笈・剣山方面。
白髪避難小屋。
ちょっと休憩して天気の行方を観察する。
2012年05月18日 08:31撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪避難小屋。
ちょっと休憩して天気の行方を観察する。
白髪避難小屋内部。
納屋のような作り。
寝袋や非常食が用意されてた。
2012年05月18日 08:34撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪避難小屋内部。
納屋のような作り。
寝袋や非常食が用意されてた。
1
まだ9時にもなってないが本日の山メシはトマトクリームパスタ。
朝食が3時半ごろだったから時間的には問題ないか。
2012年05月18日 08:53撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ9時にもなってないが本日の山メシはトマトクリームパスタ。
朝食が3時半ごろだったから時間的には問題ないか。
2
小屋の南面に水場があるらしいので今後の為に確認に向かう。
5分ほど急な斜面を下るとバイケイソウとトリカブトがあらわれ、その先に水場があった。
2012年05月18日 09:15撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の南面に水場があるらしいので今後の為に確認に向かう。
5分ほど急な斜面を下るとバイケイソウとトリカブトがあらわれ、その先に水場があった。
帰りはピストンせずに小屋から林道へ直接下る。
山と高原地図にはこのルートの記載はないが分県登山ガイドには記載がある。
2012年05月18日 09:28撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはピストンせずに小屋から林道へ直接下る。
山と高原地図にはこのルートの記載はないが分県登山ガイドには記載がある。
樹林帯に入ると美しいブナ林があった。
2012年05月18日 09:52撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると美しいブナ林があった。
2
白髪避難小屋登山口へ到着。
ここから峰越Pまでは林道歩き。
約25分。
2012年05月18日 10:04撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪避難小屋登山口へ到着。
ここから峰越Pまでは林道歩き。
約25分。

感想/記録

当初の計画は白髪山分岐から三嶺へ向かう予定だったが、予想以上の天気の荒れ模様。

白髪山ピークでは風は強く真っ黒な雲がどんどん北から流れ込んでくる。

自宅から登山口まで3時間かけてきたのに、30分登って下山するのはあんまりだと思いとりあえず分岐までいってみる。

分岐ではさらに強い風。

天気は回復してくるだろうと思い白髪避難小屋で休憩するも天気は相変わらず。

行けなくもなさそうだったが、無理して行くこともないと思い今回はあきらめて下山。

いつかの縦走の時のために地図に記載されている水場を確認。

ピストンして白髪山へ戻るのもなんなのでこのまま林道へ下るルートを使う。

林道へ降りる道で滑って滑落しかける。

胸のところまで滑り落ち何とか両手が草を掴むことができて助かった。

今までで一番危険なアクシデントだった。

帰り道高知県側は快晴といっていいほどの上天気。

時間が早かったので別の山へ行くこともできたが、滑落未遂で気持ちがきれて温泉へ直行。

後味の悪い、しかし無事で帰れてなによりの山行だった。
訪問者数:1325人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

113
登録日: 2011/1/29
投稿数: 3681
2012/5/21 18:00
 mocchan3さん
初めまして
九州の113と言います。

日記を拝見し、やってきました

1枚目、広角10ミリで絞ると、迫力ありますね〜

113
登録日: 2011/9/17
投稿数: 39
2012/5/21 23:44
 >113さん。
はじめまして。
コメントありがとうございます。
たいした写真も撮れやしないのにあれこれと持参するレンズを迷いながら決めています。
基本的には広角が好きです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ