また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1920490 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

5歳児とゆく水いっぱい高尾山6号路

日程 2019年06月16日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー2人
天候曇りときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
京王線高尾山口駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間34分
休憩
1時間6分
合計
4時間40分
S高尾山口駅11:2011:25高尾山・清滝駅11:36二軒茶屋12:306号路飛び石12:476号路終点広場13:0513:10高尾山13:3214:22霞台園地14:2614:40高尾山駅15:0215:48高尾山・清滝駅16:00高尾山口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道自体はあんまり濡れていなかったけど凄い勢いで山肌から水が
その他周辺情報高尾山ときたら極楽湯
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

ここからのぼるよー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからのぼるよー
みどりと土の道、きもちいいね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みどりと土の道、きもちいいね
飛び石! 水に落ちないで! お願い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛び石! 水に落ちないで! お願い!
山頂手前の広場につきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の広場につきました
ひやしきゅうり!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひやしきゅうり!
あとは山頂まですぐなのさー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは山頂まですぐなのさー
ちょこみんとください
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょこみんとください
なたでここぜりーも!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なたでここぜりーも!
山腹でおやつにおそば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山腹でおやつにおそば
だんごも食べます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんごも食べます
ギンリョウソウがいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウがいました

感想/記録
by ShuP

毎週どこかの山に登ろうと思っていても、梅雨どきは難しい。前回の大菩薩嶺からずいぶんと時間があいてしまった。体がなまる、これでは困る……

いや待てよ、毎週山にいないと弱るような、いわゆる山男ではないはずなんだけれど!

前日までの雨が、この日は奇跡的にあがっていた。予報が外れてうすい晴れ、でも次の日からまた雨らしい。

出かける準備をしていなかったけど、せっかくだから山に行こう。多少遅くても大丈夫なところ、山梨の高川山がいい。ここなら富士急に乗ったり温泉に入れたりする。妻と息子に声をかけてさあ出発……

と思いきや、家でのんびりしていた息子のエンジンがかからない。着替えに45分くらいかかる。そうこうしているうちに10:30、最寄駅まで来たけれど山梨に着いたら昼を過ぎてしまう。高川山は無理だ。

ダラダラしてたから山行けなくなった! といって妻と息子が駅前でケンカしている。そのうちこっちにもとばっちりが飛んでくる。夜中こっそりカップ麺を食べたことを何も今責めなくても……

そんなわけで行き先を高尾山に。コンクリートの登山道(1号路)はやめよう、稲荷山コースは前に行ったから今回は6号路かな。

高尾山口駅で降りて、ケーブルカーわきの道を進む。病院の手前から登山道が始まる。

尾根道を進む稲荷山コースと対照的に、6号路は沢づたいの登山道。もともとうっそうとしているうえに、前日までの雨でかなり湿度が高い。

道の表面は滑るほどではないけれど濡れていて、ときどき山肌から湧き出した水で小川ができている。息子が踏み込まないことを強く祈りながら進む。

ピーク時には満員電車状態になる、常に人の多い1号路と違い、こちらの路はわりあい空いている。10メートルおきに1グループ、といった感じ。

沢と平行して登るうちは傾斜がとてもなだらかなので、息子はつねに早足。ほかの方をどんどん追い抜かすが、必ず石や植物にひっかかって遊びはじめるので、さっき抜いた方が先に行く。また抜かす息子、またひっかかり追い越される息子。

これはほかの方からするとかなりうっとうしい……人をあまり抜かさないように注意するとともに、「おとなとおなじくらいはやくのぼれるかな?」とチャレンジを仕掛ける。発奮する息子、ガンガン進んでゆく。道端にはこれでもかというくらいたくさんのヘビイチゴがゆれていた。

「君が産まれる前にママとここを登ったことがあるんだよ」「へー、あっまたへびいちご!」

そして、6号路名物の「飛び石」へ。沢の中を飛び石づたいに登る区間なのだけれど……水が! 多い!! まさしく沢登りといった様相である。靴を濡らしてくれるなよ、と願う親を尻目にぴょんぴょん渡ってゆく息子、たまにズルッ。軽度の濡れで済んだのは高尾山がくれた奇跡だったと思う。

沢をぬけて少し急な階段を登れば、山頂手前の休憩スペース。山頂は人が多いだろうから、今日のうめおにぎりタイムはここにしよう。冷えたきゅうりもあるよ。

ケーブル清滝駅からここまでの登山タイム、約1時間20分。なかなかのスピードだぞ5歳児。

あとは5分程度歩いて山頂へ。梅雨の合間の晴れ、なかなか暑い。ミントチョコソフトを買い求め、持ってきたナタデココゼリー(なたでここはあげないよ)をいただいて有頂天な息子、走り回ったあげく誰がが落とした納豆巻きの納豆を手につけてしまい微妙な顔をしていた。

帰りは1号路、薬王院を通って(きらきらおみくじぜったいやる!という息子をなだめて)ケーブル高尾山駅へ。ここでおやつにざるそばとだんご、引き続き1号路で下山。

登山道の最後のところ、カメラで何かを撮影している方がいたので、彼が離れたあと見てみたら一輪のギンリョウソウであった。

高尾山口駅に戻り、(男湯だけめちゃ混みの)極楽湯につかって夕ごはんをいただき本日の山登りは終了。珍しく妻がハイボールを買ってくれたのでどうしたのかたずねたら「父の日のプレゼント」ということだった。うわーうれしいなー。



訪問者数:98人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ