また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1971330 全員に公開 ハイキング大峰山脈

<山上ヶ岳> 修験道の山写真集(詳細版)

日程 2019年08月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

清浄大橋〜洞辻 1時間20分
洞辻〜山上ヶ岳 1時間40分
コース状況/
危険箇所等
道は明瞭です。道標あり。
その他周辺情報山上・東南院の電話 0747-68-9186

写真

9時15分大橋到着。駐車場はほぼ満車です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時15分大橋到着。駐車場はほぼ満車です。
ここから山上ヶ岳が見えます。
右から順に、山上ヶ岳本峰、西の覗きがあるピーク、鷹ノ巣岩、お亀石があるピーク、鐘掛岩があるピーク、です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山上ヶ岳が見えます。
右から順に、山上ヶ岳本峰、西の覗きがあるピーク、鷹ノ巣岩、お亀石があるピーク、鐘掛岩があるピーク、です。
2
流水が結界となっていたらしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流水が結界となっていたらしいです。
1
一本松茶屋。
以後現れる3つの茶屋に共通ですが、いずれも登拝路の上に建っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松茶屋。
以後現れる3つの茶屋に共通ですが、いずれも登拝路の上に建っています。
右吉野、左洞川の道標。(大正4年のもの)
延享年間の石の道標もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右吉野、左洞川の道標。(大正4年のもの)
延享年間の石の道標もありました。
吉野道と洞川道の合流位置にある不動明王。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉野道と洞川道の合流位置にある不動明王。
1
出迎え不動尊。
洞辻茶屋を山上方面へ出た所にあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出迎え不動尊。
洞辻茶屋を山上方面へ出た所にあります。
2
陀羅尼助茶屋。
山の中の商店街のようでしたが、いまは以前のような活気はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陀羅尼助茶屋。
山の中の商店街のようでしたが、いまは以前のような活気はありません。
石碑。
山形三条線の板碑タイプです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石碑。
山形三条線の板碑タイプです。
鐘掛岩の御詠歌。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘掛岩の御詠歌。
鐘掛岩は背後から容易に登れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘掛岩は背後から容易に登れます。
鐘掛岩のトップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘掛岩のトップ。
3
鐘掛岩のトップ。
役行者像あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘掛岩のトップ。
役行者像あり。
1
お亀石。伝説あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お亀石。伝説あり。
この辺りにも石碑が多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りにも石碑が多いです。
石碑の最上部には、種子(梵字)が刻まれるようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石碑の最上部には、種子(梵字)が刻まれるようです。
鷹ノ巣岩。伝説あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣岩。伝説あり。
2
西の覗きの岩の先端。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の覗きの岩の先端。
5
西の覗きの御詠歌。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の覗きの御詠歌。
宿坊。
山上ヶ岳頂上に至近の位置にあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿坊。
山上ヶ岳頂上に至近の位置にあります。
石碑群と妙覚門。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石碑群と妙覚門。
石碑と役行者石像。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石碑と役行者石像。
目洗い行者尊。
本堂の右手にあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目洗い行者尊。
本堂の右手にあります。
コンガラ童子、セイタカ童子。
両童子は不動明王のアシスタントで不動明王の脇にひかえています。(境内)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンガラ童子、セイタカ童子。
両童子は不動明王のアシスタントで不動明王の脇にひかえています。(境内)
大きな錫杖頭と高下駄。役行者の超自然的な力を表現したかったのでしょう。(境内)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな錫杖頭と高下駄。役行者の超自然的な力を表現したかったのでしょう。(境内)
「大峰山本堂」の石碑。昭和4年のもの。(境内)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「大峰山本堂」の石碑。昭和4年のもの。(境内)
手前は収蔵庫、奥に寺務所。
収蔵庫には古く巨大な扁額が保存されています。(境内)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前は収蔵庫、奥に寺務所。
収蔵庫には古く巨大な扁額が保存されています。(境内)
本堂内に見える灯。
堂内は撮影禁止でした。内陣を巡ることはできました。蔵王権現像、十一面観音像、八大童子像などが安置されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本堂内に見える灯。
堂内は撮影禁止でした。内陣を巡ることはできました。蔵王権現像、十一面観音像、八大童子像などが安置されています。
涌出岩。
いったんお花畑に出てから左へ行けばすぐです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涌出岩。
いったんお花畑に出てから左へ行けばすぐです。
定番の写真です。(日本岩から)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番の写真です。(日本岩から)
4
大天井ヶ岳、吉野山方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井ヶ岳、吉野山方面。
3
以下、宿坊の写真です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以下、宿坊の写真です。
1
左から、竹林院、東南院、喜蔵院、櫻本坊。
上記の吉野山4院に洞川龍泉寺を加えたのが大峰山寺の護持院で、これらは参詣者にたいし宿の提供もしているわけです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から、竹林院、東南院、喜蔵院、櫻本坊。
上記の吉野山4院に洞川龍泉寺を加えたのが大峰山寺の護持院で、これらは参詣者にたいし宿の提供もしているわけです。
1
東南院と竹林院。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東南院と竹林院。
このような環境に建っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような環境に建っています。
リフォームが進んで、建物は以前のような重厚さは感じられません。しかし、山の宿としては申し分ないと私は思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフォームが進んで、建物は以前のような重厚さは感じられません。しかし、山の宿としては申し分ないと私は思います。
東南院。私はここに泊めていただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東南院。私はここに泊めていただきました。
東南院の2階の客室。
8畳の間に私一人でした。6〜10人の集団で来られた3組は分散して入室。皆さん白い装束でしたが、着替えをしてくつろいだ様子でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東南院の2階の客室。
8畳の間に私一人でした。6〜10人の集団で来られた3組は分散して入室。皆さん白い装束でしたが、着替えをしてくつろいだ様子でした。
1
階下は食堂であり、仏堂でもあります。奥に神変大菩薩が祀られています。燈明が見えています。ここでは食事も修行の一環のように見受けられ、食事の前には合掌と短い読経が行われていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階下は食堂であり、仏堂でもあります。奥に神変大菩薩が祀られています。燈明が見えています。ここでは食事も修行の一環のように見受けられ、食事の前には合掌と短い読経が行われていました。
宿の前に出ると台高山脈の一部が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿の前に出ると台高山脈の一部が見えています。
3
夕暮れの景色を楽しむ人たち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの景色を楽しむ人たち。
翌朝、午前4時過ぎにはほとんどの人が起床。とにかく早いです。朝食は5時半。
朝食前に朝日に向かって勤行なのですが・・しかし今朝は天気が悪く、霧雨の中に手錫杖の音が響きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、午前4時過ぎにはほとんどの人が起床。とにかく早いです。朝食は5時半。
朝食前に朝日に向かって勤行なのですが・・しかし今朝は天気が悪く、霧雨の中に手錫杖の音が響きます。
以下、追加の写真です(翌日撮影したもの)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以下、追加の写真です(翌日撮影したもの)。
蔵王権現(右)、役行者。
(清浄大橋付近で)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔵王権現(右)、役行者。
(清浄大橋付近で)
1
前鬼、後鬼。
前鬼後鬼は役行者の従者。前鬼は手斧を、後鬼は水瓶を持っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前鬼、後鬼。
前鬼後鬼は役行者の従者。前鬼は手斧を、後鬼は水瓶を持っています。
2
理源大師?(大峰山中興の祖)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
理源大師?(大峰山中興の祖)

感想/記録

今日11日は山の日ということですから、日本人にとって山とは何だったのかということに少し触れてみようと山上ヶ岳登拝を企てました。
修験道とは、山で苦行しそこで死を体験するほどの苦を経て、またこの世に新しい魂となって生まれ変わることです。
また人は自然の清浄の中にいること等により、草や木にも仏性を認め、それを感得することから究極として自分自身の中にも仏があるということを悟ったのです。
すなわち「擬死再生」「山川草木悉皆成仏」です。
山の宗教を一言で言い表すことはとてもできませんが、いずれにしても古代から長い時代にわたり山からパワーを得ることが試みられ、それによって人の病気をはじめとする人々のさまざまな苦悩に対応し人々の救済に当てられてきたということは疑いようがありません。
この山上ヶ岳をはじめ、出羽三山、英彦山などで見かける種々雑多な事物、それらには一見荒唐無稽とも思えるものも多々ありますが、それらをひとつひとつつなぎ合わせてゆけば、おそらく、日本の山とはどのようなものなのか、それがやがてはおぼろげながらも全体の輪郭が浮き上がってくるでありましょうし、山にたいする祈りの心情が必然的に起きてくるものだと確信しているところです。
訪問者数:127人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

花畑 道標 山の日
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ