また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1981200 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山(奥岳登山口から周回+鉄山)

日程 2019年08月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あだたら高原スキー場駐車場に駐車しました。
この時間だとガラガラで一番近い所に駐車できました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間6分
休憩
1時間23分
合計
6時間29分
S奥岳登山口03:2604:26五葉松平04:39薬師岳04:4505:38安達太良山06:4407:23鉄山07:3407:57峰ノ辻分岐08:30くろがね小屋09:27あだたら渓谷奥岳自然遊歩道09:55ゴール地点(奥岳登山口)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【標高940m あだたら高原スキー場駐車場】03:26
【標高1180m リフト終点登山道合流】04:05
【標高1350m ゴンドラ分岐(薬師岳標識)】04:39〜04:45
【標高1699.7m 安達太良山山頂】05:38〜06:44
【標高1709.4m 鉄山山頂】07:23〜07:34
【標高1645m くろがね小屋分岐】07:57
【標高1350m くろがね小屋】08:30
【標高1000m あだたら渓谷自然遊歩道】09:27
【標高940m あだたら高原スキー場駐車場】09:55
コース状況/
危険箇所等
道は整備されています。
ルート図はGPSデータを基にしての手書きです。

写真

朝焼けの蔵王(左奥)と福島市街の灯りです(五葉松平とゴンドラ分岐の間から)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの蔵王(左奥)と福島市街の灯りです(五葉松平とゴンドラ分岐の間から)。
朝焼けの七ツ森です(五葉松平とゴンドラ分岐の間から)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの七ツ森です(五葉松平とゴンドラ分岐の間から)。
1
朝焼けの吾妻連峰方向(左のずんぐりが一切経?)です(ゴンドラ分岐にて)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの吾妻連峰方向(左のずんぐりが一切経?)です(ゴンドラ分岐にて)。
トントントントン ヒ○ノ ニトン?(ゴンドラ分岐の上にて)(利益相反はありません)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トントントントン ヒ○ノ ニトン?(ゴンドラ分岐の上にて)(利益相反はありません)。
中途半端な場所で迎えてしまった、樹間から日の出です(ゴンドラ分岐の上にて)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中途半端な場所で迎えてしまった、樹間から日の出です(ゴンドラ分岐の上にて)。
1
朝焼けの蔵王です(表口登山道分岐の少し下にて)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの蔵王です(表口登山道分岐の少し下にて)。
1
安達太良山山頂にて。右奥は磐梯山です。山頂には二等三角点の点名・大関平があります(鈴をのせて撮影しています)。この後、山頂を出発する時に、鈴の中の振り子?がなくなっていることに気づきました...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山山頂にて。右奥は磐梯山です。山頂には二等三角点の点名・大関平があります(鈴をのせて撮影しています)。この後、山頂を出発する時に、鈴の中の振り子?がなくなっていることに気づきました...。
1
安達太良山山頂から磐梯山(左奥)と小磐梯山(右手前)、ではなくて船明神山の岩峰です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山山頂から磐梯山(左奥)と小磐梯山(右手前)、ではなくて船明神山の岩峰です。
安達太良山山頂から残雪残る飯豊連峰です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山山頂から残雪残る飯豊連峰です。
安達太良山山頂から西吾妻(左奥)、中吾妻(その右手前)、東吾妻(その右手前)と鉄山(中景右)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山山頂から西吾妻(左奥)、中吾妻(その右手前)、東吾妻(その右手前)と鉄山(中景右)です。
1
沼の平です(矢筈森の南にて)。磐梯山(左奥)がこの中央奥だとさらに絵になるのですが...。中央に見える所まで進むと、沼の平の迫力がいまひとつな印象でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼の平です(矢筈森の南にて)。磐梯山(左奥)がこの中央奥だとさらに絵になるのですが...。中央に見える所まで進むと、沼の平の迫力がいまひとつな印象でした。
2
とある場所にて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とある場所にて。
(上から)ひとつ目の旧道の下りでアサギマダラを見ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(上から)ひとつ目の旧道の下りでアサギマダラを見ました。
(上から)ひとつ目の旧道の下りには山頂の展望箇所がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(上から)ひとつ目の旧道の下りには山頂の展望箇所がありました。
あだたら渓谷自然遊歩道の魚止の滝です。上の橋を渡ってきました。ここに下ると冷んやりとした風が気持ちよかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あだたら渓谷自然遊歩道の魚止の滝です。上の橋を渡ってきました。ここに下ると冷んやりとした風が気持ちよかったです。
2
あだたら渓谷自然遊歩道の二階滝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あだたら渓谷自然遊歩道の二階滝です。

感想/記録
by komaQ

●先週(8月10日)の磐梯山(レコあります)に続き、涼しいうちに登り暑くなる前に下る作戦で、山頂でご来光の目論見でしたが寝坊で出発が遅れてしまいました。ゴンドラ分岐から5分くらい登って振り返った時にかろうじて日の出が見えました(ゴンドラ分岐の広場でもなく山頂下の開けた所でもなく)。
●北〜東の地平線上に雲の切れ間があって幻想的な朝焼けでした。
●林道から(地形図黄色が終わるあたりで)登山道に入ってひと登りし、登山道(両矢印あり)の標識の箇所から道を見出せずでした。ヘッドライト+雲越しの月明かりだからかもしれません。道型をたどっていくと、リフトに向かって右のゲレンデの踏み跡をたどって登っていました(おそらくリフトに向かって左に道があるはず)。リフトの中間駅までは踏み跡はしっかりしていましたが、その上は不明瞭で、歩きやすい所を登っていくとリフトの終点に出ました。そこからはすぐに登山道に合流できました。
●山頂で無線のスケジュールに参加したため長い滞在となりました。
●山頂を出るときに熊鈴の中の振り子がなくなっていました(音が鳴らない)。2019年5月26日の箕輪山・鉄山(レコあります)では大事な赤い鈴がなくなりましたし、この山域は鈴に注意?
●帰路はくろがね小屋から林道状態というのは知りませんでした。旧道を選択しました。
●あだたら渓谷自然遊歩道は思いのほかよかったです。微妙なアップダウンはありますが林道を歩くよりはよいかも。
訪問者数:190人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ