また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1987605 全員に公開 ハイキング 奥秩父

鷹見岩・富士見平小屋テント泊・瑞牆山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年08月23日(金) ~ 2019年08月24日(土)
メンバー
天候1日目 少雨ときどき大雨
2日目 快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
新宿→あずさ1号→韮崎→峡北交通見みずかき山荘
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間21分
休憩
2時間12分
合計
4時間33分
S瑞牆山荘10:3010:46富士見平林道交差10:5411:12富士見平林道終点11:1211:17富士見平湧水11:1911:23富士見平小屋13:1413:49鷹見岩分岐13:4914:08鷹見岩14:1814:29鷹見岩分岐14:3015:04富士見平小屋
2日目
山行
2時間53分
休憩
2時間29分
合計
5時間22分
富士見平小屋07:0707:21小川山・瑞牆山分岐07:2207:27天鳥川出合07:2907:30桃太郎岩07:3108:09大ヤスリ岩08:1208:21瑞牆山08:2108:23弘法岩黒森分岐08:2408:29瑞牆山08:5809:01弘法岩黒森分岐09:0209:05瑞牆山09:0609:10大ヤスリ岩09:1109:38桃太郎岩09:3809:41天鳥川出合09:4609:49小川山・瑞牆山分岐09:4910:02富士見平小屋11:5211:56富士見平湧水11:5611:59富士見平林道終点12:0012:14富士見平林道交差12:1512:32瑞牆山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく踏まれていて迷う可能性は低い。ただし鷹見岩は藪漕ぎ。迷いはしないが、不安な気持ちは抑えられない。
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

こまめに道標があるが、だいたい傾いていて迷う。ヤマレコ様様。
2019年08月24日 07:18撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こまめに道標があるが、だいたい傾いていて迷う。ヤマレコ様様。
登山口から唐突に現れる瑞牆山の山容。思わず声が出る。
2019年08月24日 07:18撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から唐突に現れる瑞牆山の山容。思わず声が出る。
富士見平小屋の直下(5分くらい、ただし疲れていると膝に来るくらいの高低差)に湧水。雨上がりは取水口が4つあるが、水量が少ないと1つからしか水が出ないので混雑注意。
2019年08月23日 11:18撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋の直下(5分くらい、ただし疲れていると膝に来るくらいの高低差)に湧水。雨上がりは取水口が4つあるが、水量が少ないと1つからしか水が出ないので混雑注意。
静かすぎるテン場。時折成田か羽田に降りる旅客機の飛行音以外は人口音が全くしない。風もなかったため、夜は完全な無音。
2019年08月23日 15:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かすぎるテン場。時折成田か羽田に降りる旅客機の飛行音以外は人口音が全くしない。風もなかったため、夜は完全な無音。
鷹見岩。来る人はあまり多くないようで登山道は細いが、それだけに辿り着いた感は爽快。この日は霧が出ていたこともちょうど良い風情を出していた。
2019年08月23日 14:01撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹見岩。来る人はあまり多くないようで登山道は細いが、それだけに辿り着いた感は爽快。この日は霧が出ていたこともちょうど良い風情を出していた。
霧が躍動する。
2019年08月23日 14:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が躍動する。
よく踏まれているので分岐以外では迷う可能性は低い。
2019年08月24日 07:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく踏まれているので分岐以外では迷う可能性は低い。
桃太郎岩
2019年08月24日 07:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃太郎岩
桃太郎岩脇の階段。
2019年08月24日 09:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃太郎岩脇の階段。
釜瀬川から先は、新旧の土石流の跡を登る。
2019年08月24日 07:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜瀬川から先は、新旧の土石流の跡を登る。
木製階段が計2つ。
2019年08月24日 07:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木製階段が計2つ。
テン場で一緒だった少年が6歳だと言っていたが、こんなの登れるのか。尊敬する。
2019年08月24日 07:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場で一緒だった少年が6歳だと言っていたが、こんなの登れるのか。尊敬する。
鎖場が現れる。とは言え、鎖を使わなくても登れるくらいの傾斜。
2019年08月24日 07:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が現れる。とは言え、鎖を使わなくても登れるくらいの傾斜。
小鳥。かわいい。
2019年08月24日 07:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小鳥。かわいい。
え、マジで?あれ登るの?ムリっしょ。という気持ちにさせる岩。
2019年08月24日 07:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え、マジで?あれ登るの?ムリっしょ。という気持ちにさせる岩。
花。かわいい。
2019年08月24日 08:06撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花。かわいい。
たびたび鎖場が現れるため、ストックを持ち続けるか悩む。
2019年08月24日 08:26撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たびたび鎖場が現れるため、ストックを持ち続けるか悩む。
山頂への期待感が最高点に達するポイント。
2019年08月24日 08:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への期待感が最高点に達するポイント。
釣りメインで、いつも渓谷内にいる自分には、立ってられないほど足がすくむ“遮るものがない感”。
2019年08月24日 08:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣りメインで、いつも渓谷内にいる自分には、立ってられないほど足がすくむ“遮るものがない感”。
富士山見えた。
2019年08月24日 08:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山見えた。
南アルプス。いつか北岳の肩でテント泊したい。
2019年08月24日 08:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。いつか北岳の肩でテント泊したい。
雲中の富士。
2019年08月24日 08:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲中の富士。
小一時間、コーヒーを飲んで過ごす。
復路は沢山の登山者とすれ違ったので、この後はだいぶ混雑しただろう。テン泊者の特権。
2019年08月24日 08:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小一時間、コーヒーを飲んで過ごす。
復路は沢山の登山者とすれ違ったので、この後はだいぶ混雑しただろう。テン泊者の特権。
時々現れる花に癒される。
2019年08月24日 09:02撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々現れる花に癒される。
登山の岩場は背中側がスースーして足がすくんでいたが、下山はトレランかのごとくヒョイヒョイ降りる。同じ斜面なのに不思議。
2019年08月24日 09:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山の岩場は背中側がスースーして足がすくんでいたが、下山はトレランかのごとくヒョイヒョイ降りる。同じ斜面なのに不思議。
苔が美しい。
2019年08月24日 09:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔が美しい。
あぁ、あそこに登ってきたんだなぁ。と感慨に耽らざるを得ない眺望。
2019年08月24日 12:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あぁ、あそこに登ってきたんだなぁ。と感慨に耽らざるを得ない眺望。
最後にコクワガタのお見送り。
2019年08月24日 12:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にコクワガタのお見送り。

感想/記録

テント泊デビューに最適!との雑誌記事とほぼ同行程を辿った。バス停から50分で着く富士見平小屋に荷物を置き、軽装でアタックできるのは非常に使い勝手が良い。一方で岩場のスリルもあり、とても楽しめた。一番のポイントは、雨の平日の富士見平小屋テント場。小屋も閉まっており、テントも3張のみで、こんなに暗くて静かな場所で寝られたのは人生初めてかもしれない。熟睡しすぎて瑞牆山への出発が1時間遅れたのが反省点。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:341人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ