また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2013752 全員に公開 ハイキング道東・知床

道東遠征②雌阿寒岳

日程 2019年09月10日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報野中温泉という硫黄泉あり。
洗い場がなく、水道水の出るシャワーも無いようです。
シャンプーやボディーソープが置いてないので、自身で持っていく必要があります。

写真

オンネトー野営場。
2019年09月10日 04:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンネトー野営場。
1泊350円、日帰り80円!安い!
2019年09月10日 04:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1泊350円、日帰り80円!安い!
1
ここの駐車場に停めさせてもらいました。広いです。
2019年09月10日 05:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの駐車場に停めさせてもらいました。広いです。
駐車場の入り口に登山口があります。
2019年09月10日 05:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の入り口に登山口があります。
雌阿寒岳は噴火警戒レベル1の活火山、ヒグマも出没します。
いろいろと注意することが多いです。
2019年09月10日 05:04撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳は噴火警戒レベル1の活火山、ヒグマも出没します。
いろいろと注意することが多いです。
なだらかな登山道です。
2019年09月10日 05:09撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな登山道です。
綺麗なタマゴタケ。
2019年09月10日 05:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なタマゴタケ。
2
倒木などが多いですが、ピンクテープが頻繁に貼ってあるので道迷いは無いかと思います。
2019年09月10日 05:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木などが多いですが、ピンクテープが頻繁に貼ってあるので道迷いは無いかと思います。
真っ白なお化けキノコ。
2019年09月10日 05:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白なお化けキノコ。
開始40分で3合目。
2019年09月10日 05:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開始40分で3合目。
エゾシマリスです。
餌付けされてるのか、しばらく付いてきてました。可愛かったけど、餌はあげないよ。
2019年09月10日 06:16撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾシマリスです。
餌付けされてるのか、しばらく付いてきてました。可愛かったけど、餌はあげないよ。
樹林帯を抜けると、ザレていて急な登りです。足場が不安定で上手く登れません。
2019年09月10日 06:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると、ザレていて急な登りです。足場が不安定で上手く登れません。
真っ黒で富士山みたい。左端のほうに、ギザギザ登る登山道が見えます。
2019年09月10日 06:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ黒で富士山みたい。左端のほうに、ギザギザ登る登山道が見えます。
1
写真じゃ伝わらないかもですが、けっこうな急登が続きます。
そして山頂の方から白いガスがモクモク出続けてる!!
2019年09月10日 06:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真じゃ伝わらないかもですが、けっこうな急登が続きます。
そして山頂の方から白いガスがモクモク出続けてる!!
8合目。
2019年09月10日 07:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目。
1
綺麗な円錐形。
2019年09月10日 07:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な円錐形。
急登を登りきったら、、、
2019年09月10日 07:16撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登りきったら、、、
反対側には阿寒湖。手前の山から火山ガスが常に出てます。
2019年09月10日 07:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側には阿寒湖。手前の山から火山ガスが常に出てます。
山頂までのビクトリーロード!
2019年09月10日 07:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までのビクトリーロード!
1
硫黄ガスが凄いのでハンカチ巻いてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄ガスが凄いのでハンカチ巻いてます。
2
眼下で白い硫化水素ガスが常に出続けています。硫黄臭がかなり強い。
2019年09月10日 07:26撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下で白い硫化水素ガスが常に出続けています。硫黄臭がかなり強い。
ここは火星ですか。
2019年09月10日 07:29撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは火星ですか。
断崖絶壁、、、!
2019年09月10日 07:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断崖絶壁、、、!
翠色の火口湖。ガスが絶え間なく出てます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翠色の火口湖。ガスが絶え間なく出てます。
下山途中、阿寒富士を前にザンギ海苔巻きで朝食です。
2019年09月10日 07:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中、阿寒富士を前にザンギ海苔巻きで朝食です。
2
登りのときは気づきませんでしたが、こんな張り紙が。灰色の噴煙が立ち上っていたら、一目散に下山してください。
2019年09月10日 08:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りのときは気づきませんでしたが、こんな張り紙が。灰色の噴煙が立ち上っていたら、一目散に下山してください。
下山後、オンネトーの湖畔に映る雌阿寒岳と阿寒富士。
2019年09月10日 09:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、オンネトーの湖畔に映る雌阿寒岳と阿寒富士。
2

感想/記録

北海道旅行の3日目。
この後、帯広空港13:55発の飛行機で帰るため、当初は夜から登って初日の出を狙う予定でした。ヒグマも少なく、登山道に危険箇所は少ないようですが、初めて登る山でさらにヒグマが怖いので陽が出てから登ることに。

前半の樹林帯では緩やかな登りが続きます。
私以外の登山者は居ないようで、熊鈴をいつも以上に鳴らしながら進みます。
5合目を過ぎた辺りから樹林帯を抜け、ハイマツ帯になります。

そして、ヤマレコのログを見て、計画していたルートと違うルートに来てることに。
計画だと最短ルートで3時間半でしたが、違うルートだとどれくらい時間がかかるのだろう。。。帰りの飛行機の時間があるので、急いで山頂を目指します。
8合目あたりからはザレ場になり、急ぎたいけど上手く進めない。。。
しかし、そこに、どーんと現れた阿寒富士に魅了されます。
急いで登って山頂!火口から吹き出るガス、断崖絶壁、翠色の火口湖。反対側には火山と阿寒湖が絶景でした。その絶壁の上に立っていて、かなりの高度感と活火山の迫力と、スリル満点でした。
山頂ですでに2時間半。あと1時間で下山できるのか?急いで下山したいけど、ザレ場で転び落ちそうになり、慎重に進みます。

ヒグマの恐怖に活火山の大迫力と、迫る飛行機の時間に追われ、色んな意味でスリルある山行となりました。
時間が早かったからか、すれ違った登山者は4人だけでした。
(帰りの飛行機には無事に間に合いました。)
訪問者数:114人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ