また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2015923 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

42.御前山、菊花山(猿橋駅→大月駅)

日程 2019年09月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候高曇り、涼しい
アクセス
利用交通機関
電車
<行>
猿橋駅05:50頃着
(高尾乗換 6:13着 6:14発 大月行)
<帰>
大月駅発08:39発
(高尾乗換 9:25着 9:26発 東京行)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間13分
休憩
20分
合計
2時間33分
S猿橋駅06:0106:10御前山登山口06:1406:51御前山(厄王山)06:5807:05八五郎岩07:0707:14沢井沢ノ頭07:52菊花山07:5908:34大月駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝露で濡れていたが、ぬかるんではいなかった。朝一番だったらしく蜘蛛の巣だらけでストックで払いながらの山行。評判通りの滑りやすい急下りに注意。菊花山の下り終盤の鉄塔下が深い草ではないものの一部道が隠れて分からなくなっているので注意。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 帽子 ザック アサヒメディカルシューズ ウィンドブレーカー 飲料(1000ml水) 行動食 コンパス 地図 スマホ(GPS) ココヘリビーコン タオルマフラー 1本ストック 滑止付グローブ
備考 トラロープや鎖のある下りがあり、岩場もありそうだったので二本は邪魔なので今回は久しぶりに1本ストックにしてみた。
今日は涼しく水は500mlでも充分だった。

写真

猿橋駅南口から出発です。
2019年09月14日 05:58撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿橋駅南口から出発です。
2
駅を直進し右折し道なりに歩き、この自動車整備工場の看板先を左折します。
2019年09月14日 06:04撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅を直進し右折し道なりに歩き、この自動車整備工場の看板先を左折します。
九鬼山の方に向かいます。
2019年09月14日 06:05撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九鬼山の方に向かいます。
トンネルを抜け道がカーブした先に登山口案内標識がありますが、左側の歩道を歩いていると右側にあるので、うっかりすると見落とします。他の方の記録で、土地の古老から「この辺は熊がいない」と聞いたというのを拝見して熊鈴を持って来なかったが。やっぱり持ってくるべきだったか。
2019年09月14日 06:10撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを抜け道がカーブした先に登山口案内標識がありますが、左側の歩道を歩いていると右側にあるので、うっかりすると見落とします。他の方の記録で、土地の古老から「この辺は熊がいない」と聞いたというのを拝見して熊鈴を持って来なかったが。やっぱり持ってくるべきだったか。
一登りすると展望が開けました。この先の尾根上に神楽山に行く分岐があったようですが、気づきませんでした。
2019年09月14日 06:33撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一登りすると展望が開けました。この先の尾根上に神楽山に行く分岐があったようですが、気づきませんでした。
御前山に着きました。
2019年09月14日 06:52撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山に着きました。
南側が切れ落ちているので、岩に腹這いになって崖下をパチリ。でもこれじゃあ高度感が分かりませんね。
2019年09月14日 06:54撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側が切れ落ちているので、岩に腹這いになって崖下をパチリ。でもこれじゃあ高度感が分かりませんね。
1
本当はこの先に富士が見えるはず、残念。今度は快晴の日に来てみたい。
2019年09月14日 06:55撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はこの先に富士が見えるはず、残念。今度は快晴の日に来てみたい。
3
ここでも萩が咲いてます。
2019年09月14日 06:56撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも萩が咲いてます。
2
頂上から標識を見下ろします。
2019年09月14日 06:57撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から標識を見下ろします。
この大きな岩塊(八五郎岩?)の脇を巻いて道がつけられていますが、岩が脆そうで怖かったので急いで通りました。
2019年09月14日 07:05撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大きな岩塊(八五郎岩?)の脇を巻いて道がつけられていますが、岩が脆そうで怖かったので急いで通りました。
九鬼山へは時間に余裕があるときのお楽しみにとっておくことにして右の菊花山に向かいます。
2019年09月14日 07:14撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九鬼山へは時間に余裕があるときのお楽しみにとっておくことにして右の菊花山に向かいます。
1
むすび山でもそっくりの藪がありましたが、こちらは長く続きません。
2019年09月14日 07:26撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むすび山でもそっくりの藪がありましたが、こちらは長く続きません。
貝殻か花びらのようなキノコです。サルノコシカケの仲間でしょうか。カワラタケ?カイメンタケ?
2019年09月14日 07:42撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貝殻か花びらのようなキノコです。サルノコシカケの仲間でしょうか。カワラタケ?カイメンタケ?
4
なかなか壮観です。
2019年09月14日 07:42撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか壮観です。
日が射して明るくそれでいて涼しい山道は歩いていても楽しいです。
2019年09月14日 07:47撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が射して明るくそれでいて涼しい山道は歩いていても楽しいです。
菊花山に着きました。やはり富士は見えませんが、大月の市街が一望に見渡せます。
2019年09月14日 07:50撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菊花山に着きました。やはり富士は見えませんが、大月の市街が一望に見渡せます。
3
大月市街を挟んだ対面には岩殿山
2019年09月14日 07:55撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月市街を挟んだ対面には岩殿山
2
展望を楽しんだら、いよいよ急な下山です。
2019年09月14日 07:56撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望を楽しんだら、いよいよ急な下山です。
しばらく行くと菊花山への標識が現れますが、道が二手に別れているように見えますが、どっちかがフェイクのはず。こういうときはヤマレコMapが役に立ちます。
2019年09月14日 08:04撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく行くと菊花山への標識が現れますが、道が二手に別れているように見えますが、どっちかがフェイクのはず。こういうときはヤマレコMapが役に立ちます。
左のこっちは道ではなかったようです。
2019年09月14日 08:04撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のこっちは道ではなかったようです。
右のこっちが正解でした。
2019年09月14日 08:04撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のこっちが正解でした。
金刀比羅宮?
2019年09月14日 08:13撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金刀比羅宮?
この鉄塔の下で急に道が分からなくなり、ちょっと慌てました。
2019年09月14日 08:20撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鉄塔の下で急に道が分からなくなり、ちょっと慌てました。
やっと道を発見!
2019年09月14日 08:20撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと道を発見!
1
これは天蚕の繭ではないでしょうか?美しい光沢のある緑色をしています。
2019年09月14日 08:23撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは天蚕の繭ではないでしょうか?美しい光沢のある緑色をしています。
6
裏返すと繭に穴があいてます。無事に蛾になることが出来たようです。
2019年09月14日 08:23撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏返すと繭に穴があいてます。無事に蛾になることが出来たようです。
2
菊花山登山口もお墓の横です。
2019年09月14日 08:26撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菊花山登山口もお墓の横です。
国道20号の上にある側道を大月駅方面に向かいます。
2019年09月14日 08:27撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道20号の上にある側道を大月駅方面に向かいます。
秋葉神社を過ぎるとバイパスに降ります。
2019年09月14日 08:29撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋葉神社を過ぎるとバイパスに降ります。
1
20号に降りて信号を左折して大月駅に向かいます。
2019年09月14日 08:30撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20号に降りて信号を左折して大月駅に向かいます。
大月駅に着きました。
2019年09月14日 08:34撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月駅に着きました。
1
振り返れば下山してきた菊花山が見えます。
2019年09月14日 08:34撮影 by 402SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば下山してきた菊花山が見えます。
2

感想/記録

午後から用事があったので午前中に帰ってこられる山を物色、高尾ばかりも芸がないと思い、以前から気になっていた御前山と菊花山に行ってみることにしました。ちょうど大月駅から猿橋駅は赤線の空白地帯で、赤線繋ぎにももってこいだし。
猿橋駅のホームに降りて肌寒いくらいでビックリ。でも歩いているとちょうど良くハイキング日和。とはいえ、御前山も菊花山も富士山の展望が良いと評判なので曇っていて富士を見ることができなかったのは残念でした。
数歩毎に立ち塞がる蜘蛛の巣に多少うんざりしながらも、誰とも会わずに歩く朝の山道はやっぱり楽しいです。
訪問者数:209人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ