また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2018508 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 丸滝谷〜もみじ谷(沢は涼しいけど・・・)

日程 2019年09月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越トンネル大阪側の駐車場(8台ほど置けます)を利用。
休日は路線バスが通るので、路駐は避けています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
27分
合計
5時間37分
Sさわんど茶屋09:3009:44水越川左支川砂防ダム10:15石ブテ東谷出合10:1612:15六道の辻12:28大日岳12:3012:37転法輪寺12:44山頂広場13:0113:07転法輪寺13:0813:26本流ルート分岐13:2713:32第6堰堤13:3314:13もみじ谷入り口14:1414:23金剛の水14:2414:47水越峠14:4814:52水越峠バス停14:5315:07さわんど茶屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・丸滝谷
登山靴で歩けます。沢の中を歩くため、滑りやすいので注意。途中にいくつか分岐があるので、間違えないように。最後に出て来る上の丸滝は、ロープに掴まって登る必要があります。自信が無い場合は引き返して下さい。(滝を中央突破する方もいますがリスキーです。滝登りに慣れていない方は無理しないように)
丸滝谷道は一般登山道ではありません。昭文社の登山地図には記載されていません。

・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方は「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。最近、サブルートのテープが増え、メインと区別がつけにくくなっています。事前にルートを良く調べておいて下さい。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。
道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。
その他周辺情報「さわんど」には公共トイレがあります。登山ポストはありません。
トイレの水は飲料できるようです。

写真

さわんど茶屋の向いにある駐車場(右の木のある高台)に停めました。
2019年09月14日 09:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわんど茶屋の向いにある駐車場(右の木のある高台)に停めました。
2
丸滝谷へは、この石筆橋から入ります。2年ぶり。
2019年09月14日 09:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸滝谷へは、この石筆橋から入ります。2年ぶり。
1
ヤブミョウガ(藪茗荷)。あちこち群生しています。
2019年09月14日 09:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブミョウガ(藪茗荷)。あちこち群生しています。
5
こちらはヤブミョウガの果実。
2019年09月14日 09:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはヤブミョウガの果実。
3
金剛山で一番大きな大堰堤。
2019年09月14日 09:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山で一番大きな大堰堤。
1
その壁面にたくさん。魚のように見えましたが。
2019年09月14日 09:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その壁面にたくさん。魚のように見えましたが。
2
大きなオタマジャクシでした。10〜15cmくらいあります。足が出てきて、そろそろ上陸準備?
2019年09月14日 09:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなオタマジャクシでした。10〜15cmくらいあります。足が出てきて、そろそろ上陸準備?
5
林道の舗装路が無くなると、沢に入ります。沢を渡って、山道でも行けます。今日も左へ沢をそのまま進む。
2019年09月14日 09:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の舗装路が無くなると、沢に入ります。沢を渡って、山道でも行けます。今日も左へ沢をそのまま進む。
小さな段差が続きます。
2019年09月14日 09:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな段差が続きます。
一つ大きな滝をやり過ごして、再び沢へ戻る。
2019年09月14日 10:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ大きな滝をやり過ごして、再び沢へ戻る。
芸術的なケルン。とても真似できません。
2019年09月14日 10:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芸術的なケルン。とても真似できません。
3
イワタバコは、既に花の時期が終わっていました。
2019年09月14日 10:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワタバコは、既に花の時期が終わっていました。
1
三叉路。左の滝方向が石ブテ東谷、中央が中尾の背、右の沢が丸滝谷。 右へ進む。
2019年09月14日 10:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路。左の滝方向が石ブテ東谷、中央が中尾の背、右の沢が丸滝谷。 右へ進む。
2
荒れているとの話だったので、ここからはヘルメット着用しました。
2019年09月14日 10:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れているとの話だったので、ここからはヘルメット着用しました。
5
さて、丸滝谷へ。
2019年09月14日 10:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、丸滝谷へ。
2
少し崩れているところや。
2019年09月14日 10:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し崩れているところや。
4
倒木もありましたが、丸滝谷では此の位は普通。
2019年09月14日 10:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木もありましたが、丸滝谷では此の位は普通。
1
昔は小さな梯子があった滝。
2019年09月14日 10:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔は小さな梯子があった滝。
4
ここがレスキューポイント「F-1」になっていました。
F-5まであります。
2019年09月14日 10:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがレスキューポイント「F-1」になっていました。
F-5まであります。
滝は続きます。
2019年09月14日 10:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝は続きます。
3
いずれも滝の横を通過できます。
2019年09月14日 10:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いずれも滝の横を通過できます。
3
涼しいです。
2019年09月14日 10:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しいです。
5
そして、下の丸滝。これは見るだけ。
2019年09月14日 11:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、下の丸滝。これは見るだけ。
2
さらに続く滝。
2019年09月14日 11:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに続く滝。
3
左手に新しい崩落地。その倒木多く、ナメ滝ができていました。
2019年09月14日 11:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に新しい崩落地。その倒木多く、ナメ滝ができていました。
2
そして、上の丸滝到着。本日、丸滝谷で出会った、唯一の登山者。
2019年09月14日 11:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、上の丸滝到着。本日、丸滝谷で出会った、唯一の登山者。
4
せっかくなので写真を撮っていただく。こうして見ると、滝はあまり大きく感じません。中央突破も簡単そうに見えますが・・・なかなか。私は行きませんよ。
2019年09月14日 11:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので写真を撮っていただく。こうして見ると、滝はあまり大きく感じません。中央突破も簡単そうに見えますが・・・なかなか。私は行きませんよ。
8
私は無理をせずに滝の右側へ回り込み、ロープを掴んで登ります。(あまり頼ってはいけません)
2019年09月14日 11:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は無理をせずに滝の右側へ回り込み、ロープを掴んで登ります。(あまり頼ってはいけません)
4
滝の上から見るとこんな感じ。高度差たっぷり。足元濡れているのでスリップも注意。
2019年09月14日 11:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上から見るとこんな感じ。高度差たっぷり。足元濡れているのでスリップも注意。
2
ここのロープも段々数が減ってきました。利用の際は細心の注意をはらって下さい。
2019年09月14日 11:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのロープも段々数が減ってきました。利用の際は細心の注意をはらって下さい。
3
上の丸滝が終わると、水量減って沢は終点。
2019年09月14日 11:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の丸滝が終わると、水量減って沢は終点。
3
代わりに蟻地獄が待ってます。
2019年09月14日 11:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
代わりに蟻地獄が待ってます。
1
ここで、ひと汗かくのが丸滝谷の欠点でしょうか。
2019年09月14日 11:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、ひと汗かくのが丸滝谷の欠点でしょうか。
3
F-5で終点近し。
2019年09月14日 11:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F-5で終点近し。
最後の急登を登りきると。
2019年09月14日 11:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登を登りきると。
1
ここに出て来ます。中尾の背の道との合流点。
2019年09月14日 12:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに出て来ます。中尾の背の道との合流点。
3
G-4です。
2019年09月14日 12:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
G-4です。
後は整備された登山道を山頂に向かって。
2019年09月14日 12:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は整備された登山道を山頂に向かって。
4
山頂は20℃でした。快適。
2019年09月14日 12:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は20℃でした。快適。
4
六甲山も見えていました。
2019年09月14日 12:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山も見えていました。
4
13時のライブカメラ。標識の右でストック。手前の女性が抱えているのは。
2019年09月14日 13:00撮影 by ver.23F002066.2, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時のライブカメラ。標識の右でストック。手前の女性が抱えているのは。
10
「めざせ100回」手ぬぐい。山頂売店で絶賛販売・・・してません。手作りだそうです。
2019年09月14日 13:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「めざせ100回」手ぬぐい。山頂売店で絶賛販売・・・してません。手作りだそうです。
10
転法輪寺にお参りしたら下山します。
2019年09月14日 13:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺にお参りしたら下山します。
2
下りはもみじ谷から。
2019年09月14日 13:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはもみじ谷から。
1
第6堰堤を上から見た図。スラッシュ倒木がでかい。
2019年09月14日 13:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤を上から見た図。スラッシュ倒木がでかい。
1
V字谷は上から見てもV字形。
2019年09月14日 13:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
V字谷は上から見てもV字形。
4
ダイトレ道から奈良盆地方面。
2019年09月14日 14:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレ道から奈良盆地方面。
5
水越峠まで来ました。天気良好でした。
2019年09月14日 14:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠まで来ました。天気良好でした。
4
後はさわんどに向かって歩く。ちょうど水越峠のバス停からバスが出て行くところ。
2019年09月14日 14:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後はさわんどに向かって歩く。ちょうど水越峠のバス停からバスが出て行くところ。
2
さわんどに無事帰着。スッキリしてしまったさわんど茶屋。次の開店はあるのでしょうか?
2019年09月14日 15:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわんどに無事帰着。スッキリしてしまったさわんど茶屋。次の開店はあるのでしょうか?
3
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 知り合いから、久しぶりに登った丸滝谷が荒れていたとの情報あり。そこで、2年ぶりに丸滝谷へ偵察へ。結果、多少の土砂崩れと倒木はあったが、丸滝谷ではこの程度は普通で問題無し。
 谷では登山者一名と出会っただけ、静かな沢歩きを楽しめました。ただ、涼しい沢歩きも後半の蟻地獄で一汗かいてほぼ帳消し。まあ、汗をかかないと登山した気分はならないけどね。
 下りはいつものもみじ谷へ。午後から登ってくる登山者など5名と出会いました。こちらの人気度は高いようです。
 暑さもあと少し。来週からは秋の気配が強まるようです。
訪問者数:133人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ