また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2021664 全員に公開 沢登り御在所・鎌ヶ岳

宮指路岳:紺屋谷〜ヤケギ谷

日程 2019年09月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大石橋の横に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
13分
合計
4時間44分
S大石橋08:0610:45カワラコバ10:57小岐須峠11:0211:12馬乗り岩11:1611:18宮指路岳11:2112:42分岐12:4312:50大石橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ レインウェア(ノースフェイスレインテックスフライト) 日よけ帽子(カブー) 沢靴(モンベルサワートレッカー) スパッツ(キャラバンケイリュウスパッツ) ザック(マウンテンハードウェアスクランブラーRT35アウトドライ) 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス GPS ファーストエイドキット 常備薬 スマホ 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ ハーネス(ロックエンパイアアルペンライト) ヘルメット(クライミングテクノロジーイクリプス) 確保器(BD ATC-XP) 確保器(BDスーパーエイト) 補助ロープ(8.0mm×30m) ゴルジュハンマー(ロックテリクスゴルジュライト) アプローチシューズ(ノースフェイスウルトラエクイティー) カラビナ各種 スリング各種

写真

林道に入らず直接大岩谷左岸を進み入渓
右からへつる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に入らず直接大岩谷左岸を進み入渓
右からへつる
2
当然の如く堰堤が現れるので林道へ上がると土砂崩れ
先日の集中豪雨の仕業でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当然の如く堰堤が現れるので林道へ上がると土砂崩れ
先日の集中豪雨の仕業でしょうか
今日は暑くなる予報なので積極的に水に浸かる(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は暑くなる予報なので積極的に水に浸かる(笑)
2
この辺りは快適に遡行する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは快適に遡行する
本日はラバーソールでバッチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日はラバーソールでバッチリ
8m滝が出てきた
休憩を取りながら思案し、空身で行こうと思ったが意外とムズイので左岸を小さく巻いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8m滝が出てきた
休憩を取りながら思案し、空身で行こうと思ったが意外とムズイので左岸を小さく巻いた
2
すると今度は8mのCSとその上にも大きめの滝が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると今度は8mのCSとその上にも大きめの滝が見える
1
結局再び左岸を大きく高巻いて2つとも巻いた
覗き込むと2段目もかなりの高さ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局再び左岸を大きく高巻いて2つとも巻いた
覗き込むと2段目もかなりの高さ
その後は快適に進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後は快適に進む
登山道が出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が出てきた
そろそろ水がなくなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ水がなくなる
稜線登山道に出た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線登山道に出た
綺麗な花が咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な花が咲いていた
1
馬乗り岩から滋賀県方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬乗り岩から滋賀県方面
1
雨乞岳と右に御在所岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳と右に御在所岳
ここからヤケギ谷に下降します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからヤケギ谷に下降します
巻いて下りるところはなかったが、割と段差が多かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻いて下りるところはなかったが、割と段差が多かった
ゴルジュ系も少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュ系も少し
下部は黒い岩が多かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部は黒い岩が多かった

感想/記録
by ktn92

ちまたは3連休のようだが、個人的にこの日しか自由がなかったのと暑くなる天気予報だったので、久しぶりに近場の鈴鹿の沢へ出かけた。
今回は、今シーズン歩いた小岐須の大岩谷から分岐する紺屋谷に足を運ぶ。
最初は快適に進み、大岩谷から紺屋谷に入るとすぐに8m滝が出てくる。
休憩しながら直登ルートを探すが、意外と傾斜も強く手がかりがない。
空身でとも思ったが、単独なので、止めておこうと左岸から小さく巻いた。
その後しばらくするとミニゴルジュが出てきて8mほどのCSが出てきた。
両岸とも切り立ち、直登は無理だ。そのさらに上にも割と大きな滝が見えるが、どこまで巻くか難しい選択であった。
取り敢えず少し戻って左岸を巻き始める。
巻くとはいえ、結構な斜度で、なかなか谷への降り口が見つからない。
滝の音はよく聞こえているが、どんどん巻くと小さな枝沢に出て、ちょうどここから下りることができた。
すると2段目の滝の落ち口に出た。下を覗き込むと10m以上はあろう大きな滝であった。
そのまま平凡な歩みを進めると登山道が横切るようになってきた。
しばらくすると、水の流れも乏しくなり、ガレ、倒木で難儀となってきたので、適当なところから登山道を使わせていただく。
稜線に出ると涼しげな風が心地よい。
山頂で小休憩後、ヤケギ谷を下ることにする。
ここを登ったことはあったが、下っていくとこんなに段差のある滝が多かったかな〜って印象でした。
まあでも巻くところはほぼなかったので意外と早く駐車地まで戻ることができました。
9月も中旬になり、ヒルも減ったかな〜って思っていましたが、やはりそれなりにいますね。
全部で5匹ぐらいは剥がしたでしょうか。被害に遭わなかったのでまあよかったです。
訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ