また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2022860 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 尾瀬・奥利根

おこじょと遭遇 燧ヶ岳(御池〜尾瀬沼)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
尾瀬御池駐車場420台 1,000円/1回
沼山峠から御池までシャトルバス運行 〜17:10まで30分毎運行 片道590円
尾瀬御池まで東北自動車道白河ICから2時間程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間47分
休憩
1時間21分
合計
10時間8分
S山の駅御池&御池ロッジ04:5606:07広沢田代06:43御池登山道 5合目06:5407:09熊沢田代07:1609:0009:0509:25燧ヶ岳09:5510:1710:2210:54ミノブチ岳11:1613:09長英新道分岐13:18燧分岐13:32尾瀬沼ビジターセンター13:3313:37長蔵小屋13:45燧分岐15:04沼山峠休憩所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
尾瀬御池駐車場の奥から少し歩くと左手に燧ヶ岳登山口と尾瀬ヶ原への分岐標識。
広沢田代と熊沢田代の手前が30分程度の急登。
熊沢田代を超えると枯れた沢を横切る箇所が何か所か有り。
登山道と沢が見た目似ているが、左側が登山道。
沢を過ぎるとガレ場が30分程度。石を落とさないように注意。
山頂から尾瀬沼までは狩り払い跡が滑りやすくて注意。
登山道が緩くなってから尾瀬沼までがやたら長い。
長英新道は私個人としては登りでは歩きたくないと思いました。
その他周辺情報尾瀬沼の山小屋、売店で食事、休憩ができます。
尾瀬沼ビジターセンターでは尾瀬沼の展示をしていて、「おこじょ」と「やまね」の発見証明書を発行してくれます。発見した方は報告してみましょう。
登山口の御池ロッジで宿泊、日帰り入浴できます。
麓の檜枝岐村が温泉地。宿泊、日帰り入浴、食事ができます。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ 携帯トイレ

Myアイテム  

kawataro 重量:-kg

写真

駐車場の奥が登山口
2019年09月15日 04:57撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の奥が登山口
少し歩くと尾瀬ヶ原方面との分岐
左側が燧ヶ岳へ
2019年09月15日 04:59撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し歩くと尾瀬ヶ原方面との分岐
左側が燧ヶ岳へ
ぬかるんだ岩場
2019年09月15日 05:23撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬかるんだ岩場
紅葉はまだまだ
2019年09月15日 06:16撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉はまだまだ
田代の手前は急登
2019年09月15日 06:26撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代の手前は急登
平ケ岳は雲の中
2019年09月15日 07:08撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ケ岳は雲の中
熊沢田代の向こうに会津駒ケ岳
2019年09月15日 07:24撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢田代の向こうに会津駒ケ岳
ここの手前でおこじょと遭遇
2019年09月15日 07:42撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの手前でおこじょと遭遇
ここからガレ場
2019年09月15日 07:54撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからガレ場
広沢田代と熊沢田代
2019年09月15日 08:18撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢田代と熊沢田代
柴安グラの向こうに尾瀬ヶ原と至仏山
2019年09月15日 08:52撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安グラの向こうに尾瀬ヶ原と至仏山
1
いったん下って登ります。見た目よりはきつくなかった
2019年09月15日 09:08撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん下って登ります。見た目よりはきつくなかった
山頂はこっちの方が広い
2019年09月15日 09:24撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はこっちの方が広い
尾瀬ヶ原と至仏山
2019年09月15日 09:25撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原と至仏山
見晴への登山道
2019年09月15日 09:29撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴への登山道
ミノブチ岳到着
2019年09月15日 10:53撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミノブチ岳到着
長英新道はダラダラと長い
2019年09月15日 12:56撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長英新道はダラダラと長い
尾瀬沼が見えた
2019年09月15日 13:08撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼が見えた
燧ヶ岳を振り返って
2019年09月15日 13:18撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳を振り返って
長蔵小屋で休憩
2019年09月15日 13:21撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長蔵小屋で休憩
尾瀬沼ビジターセンターでおこじょ発見証明書ゲット
2019年09月15日 13:38撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼ビジターセンターでおこじょ発見証明書ゲット
1
トリカブトがいっぱい
2019年09月15日 14:07撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトがいっぱい
運よくシャトルバスのジャストタイミング
2019年09月15日 15:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
運よくシャトルバスのジャストタイミング

感想/記録

連休に東北以北最高峰、尾瀬の燧ヶ岳へ。
前日21時に尾瀬御池駐車場に到着して車中泊。この時間で駐車場は半分ほど。
月が明るくてさほど星空はおがめず。残念。
朝4時ころから他の登山者さんの準備の物音で起床。
準備してまだ暗い中ヘッドライトをつけて5時スタート。
車中泊で思いのほか体が冷えていたのでフリースを着て出発したものの、すぐに暑くなって着替え。
広沢田代、熊沢田代と景色に感動しながらのんびり歩いていると「おこじょ」とまさかの遭遇。
見たことがない動物との遭遇に寝起きの頭が追い付かず、しばしフリーズ。
はっと気が付いてカメラをかまえたら逃げられてしまいました。
ちっちゃくて可愛かったな〜。
沢越えからのガレ場にヒィヒィいいながら俎グラに無事登頂。
いきなり眼下に広がる尾瀬沼、尾瀬ヶ原、目の前の柴安グラと奥に見える至仏山に達成感に満たされる。
登山中に出ていた雲もこの時は全くなくなり快晴に。
俎グラを後にして柴安グラへチャレンジ。
見た目よりもきつくなく無事柴安グラへ登頂。
ここでも眼下に広がる尾瀬ヶ原と奥に見える至仏山に感動。
しばし休憩しながら絶景を堪能しました。
下山は長英新道へ。
途中のミノブチ岳で尾瀬沼を見下ろしながら、ここでも絶景を堪能しながらしばし休憩。
ここからの下りが長かった。
単調な登山道をダラダラと3時間。この道の登りは私には無理です。気持ちが持たない。
尾瀬沼に到着して長蔵小屋でカレー、売店でコーヒーをいただいて休憩。
そして尾瀬沼ビジターセンターにおこじょを目撃したことを報告。
目撃場所、時間、大きさ、何をしていたか等を報告して、「おこじょ発見証明書」をゲット。
帰りは沼山峠へ。木道を歩いて1時間程度で到着。運よくシャトルバス発車10分前に到着。
天気も良かったし、おこじょも見れたし、最高の休日になりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:388人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ