また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2023351 全員に公開 ハイキング奥武蔵

天覚山表参道でリハビリ

日程 2019年09月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
種木橋袂の空き地に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間45分
休憩
55分
合計
3時間40分
Sスタート地点09:1310:14天覚山10:4411:4068号鉄塔12:0512:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
表参道は取り付きが不明瞭で分かり難い。足沢山から先は1ランク上がった良い道。
下った尾根は巡視路なので、基本的には明瞭な道。しかし鉄塔周りのススキの藪が酷くて参った。そして歩く人が殆んど居ないため蜘蛛の巣地獄。

写真

種木橋にあった文化財マップに、ハイキングコースと書かれていてびっくり。この頃はもっと歩かれてたのかな。
2019年09月15日 09:14撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種木橋にあった文化財マップに、ハイキングコースと書かれていてびっくり。この頃はもっと歩かれてたのかな。
16
明治36年当時は両峯山と呼ばれていたのだな。ここが表参道入口。
2019年09月15日 09:16撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明治36年当時は両峯山と呼ばれていたのだな。ここが表参道入口。
15
人家が途絶えると舗装は終わり。
2019年09月15日 09:19撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人家が途絶えると舗装は終わり。
6
地形図に無い道が分岐してた。左が地形図実線の道だが、勘違いしてしまった。つまりここから実線を右に外れる。
2019年09月15日 09:24撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図に無い道が分岐してた。左が地形図実線の道だが、勘違いしてしまった。つまりここから実線を右に外れる。
4
暫く行くと右に細い山道が分岐するので入る。この時はここで実線から外れたと思っていた。
2019年09月15日 09:27撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く行くと右に細い山道が分岐するので入る。この時はここで実線から外れたと思っていた。
5
一向に二股沢へ着かないので怪しみ、GPSで確認、間違いに気付いた。ここを登って強引に修正。
2019年09月15日 09:36撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一向に二股沢へ着かないので怪しみ、GPSで確認、間違いに気付いた。ここを登って強引に修正。
12
この岩場は下りだとロープが有った方が良いかも。
2019年09月15日 09:43撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩場は下りだとロープが有った方が良いかも。
7
足沢山に登り着く。ピークではなく尾根分岐点。
2019年09月15日 09:50撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足沢山に登り着く。ピークではなく尾根分岐点。
4
もう一方の尾根には、明らかに登って来た尾根より良い道が付いてる。こっちの道がメインルートじゃないのかーっ! どうなっとるんだ登山詳細図っ!
2019年09月15日 09:50撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一方の尾根には、明らかに登って来た尾根より良い道が付いてる。こっちの道がメインルートじゃないのかーっ! どうなっとるんだ登山詳細図っ!
9
足沢山から上は、表参道らしく良い道になる。
2019年09月15日 09:54撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足沢山から上は、表参道らしく良い道になる。
8
捲道が分岐してた。東峠へのルートに合流するのだろう。
2019年09月15日 10:11撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
捲道が分岐してた。東峠へのルートに合流するのだろう。
3
山頂が近づくと少し藪っぽくなる。
2019年09月15日 10:13撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近づくと少し藪っぽくなる。
3
到着ーっ。結局1時間も掛かってしまったか…
2019年09月15日 10:15撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着ーっ。結局1時間も掛かってしまったか…
17
東峠方向に下ると、山火事跡があった。
2019年09月15日 10:57撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峠方向に下ると、山火事跡があった。
2
ここからコースを外れて69号鉄塔に向かう。山火事跡の下端を歩く感じ。
2019年09月15日 11:02撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからコースを外れて69号鉄塔に向かう。山火事跡の下端を歩く感じ。
4
鉄塔下のススキが酷い藪。
2019年09月15日 11:07撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下のススキが酷い藪。
4
340m圏峰から南に下って68号鉄塔を目指す。この辺はアップダウンが激しい。
2019年09月15日 11:16撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
340m圏峰から南に下って68号鉄塔を目指す。この辺はアップダウンが激しい。
4
冬以外に歩くなら、蜘蛛の巣地獄の覚悟を。
2019年09月15日 11:21撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬以外に歩くなら、蜘蛛の巣地獄の覚悟を。
10
全然ピークらしくないが、尾根分岐するここが仙谷山。
2019年09月15日 11:29撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全然ピークらしくないが、尾根分岐するここが仙谷山。
8
新所沢線57号鉄塔に突き当たる。登山詳細図を見ると、ここから南にも巡視路が在るみたいだが、酷い藪で入る気しない。
2019年09月15日 11:35撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新所沢線57号鉄塔に突き当たる。登山詳細図を見ると、ここから南にも巡視路が在るみたいだが、酷い藪で入る気しない。
6
西に僅かで68号鉄塔。ここは眺めが良かった。風もよく通るんで休憩。
2019年09月15日 11:41撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西に僅かで68号鉄塔。ここは眺めが良かった。風もよく通るんで休憩。
3
天覚山山頂もよく見える。人は居ないみたいだが。
2019年09月15日 11:43撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覚山山頂もよく見える。人は居ないみたいだが。
19
鉄塔下は藪で路が全然見えない。取り敢えず西へ真っ直ぐ抜け出し、ここいらからトラバースしてルート復帰が現状はベスト。
2019年09月15日 12:13撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下は藪で路が全然見えない。取り敢えず西へ真っ直ぐ抜け出し、ここいらからトラバースしてルート復帰が現状はベスト。
3
尾根最後の67号鉄塔が見えてきた。ここの藪が一番長かったなあ。
2019年09月15日 12:19撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根最後の67号鉄塔が見えてきた。ここの藪が一番長かったなあ。
16

感想/記録

三ヶ月振りの山行なんで、登山詳細図から短いのを選んで行ってみた。興味のあった天覚山表参道を登り、仙谷山尾根を下った。地獄入尾根も捨てがたかったのだが、今回は仙谷山ゲットを優先した。そのうち歩くとしよう。姥コロバシなんて興味深い場所も在るし。

久し振りなんで息切れが酷かったが、やっぱ山歩きは楽しい。しかし当然ながら体力というか、脚力が大分落ちてるのを感じた。暑い日が続いたんで、地元でも全然歩いてなかったしね。予定では車道で戻るのではなく、中籐尾根に登り返して戻るつもりだった。しかし仙谷山尾根を下ったところで気持ちが萎え、超ショートで終える事に。まあ、慌てず徐々に距離を伸ばしていくとしよう。

訪問者数:398人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

GPS 山行 トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ