また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2053012 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

イブネ(武平峠よりコクイ谷経由)

日程 2019年10月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候 晴れ。雨乞岳上部は雲の中だったが、午後下山の時は晴れ上がる。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝7時に武平峠に駐車したが、御在所中道辺りは、駐車場は満車に近かったよう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間18分
休憩
1時間20分
合計
9時間38分
S武平トンネル西登山口07:2408:01沢谷峠08:09クラ谷分岐08:1909:32コクイ谷出合09:3610:37御池鉱山旧跡10:3910:50杉峠の下のキャンプ適地10:5411:04杉峠11:2211:36杉峠の頭11:41タイジョウ分岐11:53佐目峠12:07イブネ12:1412:20イブネ北端12:2212:32イブネ12:46佐目峠12:55タイジョウ分岐13:02杉峠の頭13:13杉峠13:1713:27杉峠の下のキャンプ適地13:4013:47御池鉱山旧跡13:5014:34コクイ谷出合14:3915:52クラ谷分岐16:06沢谷峠16:54武平トンネル西登山口17:0217:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
07:15 スタート(0.00km) 07:15 - ゴール(15.04km) 17:02
コース状況/
危険箇所等
コクイ谷は、マークを一つ一つ探して、慎重に歩いた。特に帰りは、暗くなってテープが見えなくならないか心配しながら。クラ谷分岐から登山口への下山も、他に人がいないと、要慎重です。
その他周辺情報帰りは希望荘で汗を流す。希望荘は大変賑わっていた。希望莊からだと、新しい菰野インターにすぐ入れる。次回は食事もするように考えます。

写真

コクイ谷ルートの滝です。休憩スポット。
2019年10月06日 09:04撮影 by KYV38, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コクイ谷ルートの滝です。休憩スポット。
2
国見岳と御在所岳
2019年10月06日 12:20撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳と御在所岳
3
釈迦ヶ岳
2019年10月06日 12:54撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳
2
東雨乞岳と御在所岳
2019年10月06日 13:42撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雨乞岳と御在所岳
3

感想/記録
by kmor

 鈴鹿10座で残っていたのはイブネだけでした。アクセスが悪いから後回しにしてたのですが、今より日が短くなると僕には時間が足りなくなり危険なので、頑張ることにしました。どのコースが良いのか分かりませんが、僕は雨乞岳に使う武平峠からのルートを考えていました。
 7時過ぎから歩き始め、17時にPに戻る。10時間、ひたすら歩きました。行きのコクイ谷は、マークを一つ一つ探しながら歩いたものの、5パーティーくらいには会い、むしろ楽しかったという気がします。しかし、帰りのコクイ谷は、時間が遅いのて気は急くし、会う人もいません。疲れました。クラ谷分岐に着いたときはほっとして、そこから先は歩く気も無し。ふらふら下りました。
 天気が良く、イブネは最高でした。鎌ヶ岳、御在所、釈迦ヶ岳、琵琶湖、伊勢湾。雨乞岳は昼まで雲の中だったのですが、下りでは全貌を見せてくれました。そして、イブネから見る雨乞岳方面や、御在所方面の森の美しさ。凄く満足したのですが、15キロは疲れます。
訪問者数:244人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ