また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2071583 全員に公開 ハイキング 近畿

果無山脈縦走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年10月20日(日) 〜 2019年10月21日(月)
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
バス
奈良交通八木新宮特急バス 櫟砂古バス停から出発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間39分
休憩
27分
合計
4時間6分
Sスタート地点13:5214:18果無集落14:2515:41観音堂15:5316:29果無峠16:3317:03石地力山17:0717:27ブナノ平17:58宿泊地
2日目
山行
7時間6分
休憩
56分
合計
8時間2分
宿泊地05:5706:27源助の墓分岐06:51ミョウガ𡴭06:5907:21筑前の𡴭07:47公門の崩の頭07:5908:22公門の崩08:43カヤノダン08:5709:07水場看板09:42冷水山09:5111:22安堵山11:3512:28和田森13:59ヤマセミ温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

櫟砂古バス停からスタート
2019年10月20日 13:52撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫟砂古バス停からスタート
世界遺産の碑
2019年10月20日 14:28撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世界遺産の碑
熊野古道の小辺路。外国人ばかり3組とすれ違う。
2019年10月20日 14:36撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野古道の小辺路。外国人ばかり3組とすれ違う。
山口茶屋跡
2019年10月20日 15:17撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山口茶屋跡
観音堂の給水所。ここが最後の水場。めちゃくちゃ美味しい水。
2019年10月20日 15:45撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音堂の給水所。ここが最後の水場。めちゃくちゃ美味しい水。
1日目は好天で、眺望もよかった。
2019年10月20日 16:06撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目は好天で、眺望もよかった。
玉置山方面を望む
2019年10月20日 16:08撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉置山方面を望む
果無峠。ここで熊野古道を離れて果無縦走路を西へ進む。
2019年10月20日 16:29撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果無峠。ここで熊野古道を離れて果無縦走路を西へ進む。
果無山ピーク。眺望イマイチ。
2019年10月20日 16:39撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果無山ピーク。眺望イマイチ。
石地力山ピーク
2019年10月20日 17:03撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石地力山ピーク
ここの眺望もイマイチ
2019年10月20日 17:04撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの眺望もイマイチ
ブナの平の峰
2019年10月20日 17:28撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの平の峰
ブナの平でテント設営。
2019年10月20日 18:03撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの平でテント設営。
2日目。ミョウガタワ。
2019年10月21日 06:51撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。ミョウガタワ。
気持ちのいいブナ林
2019年10月21日 07:03撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいいブナ林
筑前タワ
2019年10月21日 07:21撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑前タワ
徐々にガスが深くなってきた。
2019年10月21日 07:21撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々にガスが深くなってきた。
ガスのため視界悪し。
2019年10月21日 07:23撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスのため視界悪し。
公門崩れの頭
2019年10月21日 07:47撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公門崩れの頭
カヤの壇(地図ではカヤノダン)
2019年10月21日 08:44撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤの壇(地図ではカヤノダン)
このころから霧雨になってきたので、雨具を着用。暑い。
2019年10月21日 09:25撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このころから霧雨になってきたので、雨具を着用。暑い。
1
冷水山ピーク。ガスのため視界ゼロ。
2019年10月21日 09:41撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷水山ピーク。ガスのため視界ゼロ。
黒尾山ピーク
2019年10月21日 10:22撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒尾山ピーク
ヤマカガシ?の子供。危うく踏みかけた。
2019年10月21日 10:42撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマカガシ?の子供。危うく踏みかけた。
林道に出てきた。
2019年10月21日 11:03撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出てきた。
安堵山。大塔の宮がここまで逃げてきて安堵したらしい。
2019年10月21日 11:21撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安堵山。大塔の宮がここまで逃げてきて安堵したらしい。
和田の森
2019年10月21日 12:31撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田の森
果無登山口へ下山
2019年10月21日 13:41撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果無登山口へ下山
ヤマセミ温泉へ。当日のバスはなく、ここで宿泊。温泉につかってのんびり。
2019年10月21日 13:59撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマセミ温泉へ。当日のバスはなく、ここで宿泊。温泉につかってのんびり。
ヤマセミ温泉のバス停。週3日運行。
2019年10月22日 07:32撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマセミ温泉のバス停。週3日運行。
ヤマセミ温泉から西行きのバス。バスとはいえ実際は7人乗りのミニバンでびっくり。乗客は私達2人+地元おばあさんの計3人だったので積み残しはなかったが、乗客が多かったらどうするんだろう・・・
2019年10月22日 07:32撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマセミ温泉から西行きのバス。バスとはいえ実際は7人乗りのミニバンでびっくり。乗客は私達2人+地元おばあさんの計3人だったので積み残しはなかったが、乗客が多かったらどうするんだろう・・・
2
撮影機材:

感想/記録

憧れだった果無山脈縦走。往路アプローチは日本一長い路線バスの八木新宮特急で十津川温泉の少し先の櫟砂古バス停から入山。果無峠までの熊野古道(小辺路)では3組の登山者とすれ違ったが、いずれも外国人。果無峠からヤマセミ温泉までは登山者には誰にも会わず、シカ2頭とヘビ1匹に遭遇したのみ。
2日目は朝から霧で、途中から霧雨になり天候に恵まれなかったものの、縦走路は気持ちの良いブナ林の尾根歩きだった。途中公文の崩あたりは尾根が広くてガスが深かったこともあり、道に迷いかけた。道標はあるものの、ある程度の読図が必要。
ゴールのヤマセミ温泉も貸し切り状態。気持ちよい温泉。雨天だったので、旧小学校を利用した宿泊棟に宿泊。ここも貸し切り状態で、のんびりできた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:401人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ