また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2079432 全員に公開 ハイキング アジア

台湾新北淡水 向天山/面天山(陽明山国家公園)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年10月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
この山も行き方は他にもあります。

往路:MRT北投駅から小6のバスで終点、清天宮まで(30分くらい)。その後興福寮の真聖宮まで徒歩30分くらい登山口まで。
復路:二子坪から陽明山总站まで108(陽明山周回バス)、陽明山总站から紅5でMRT士林

経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
8.0 km
登り
1,302 m
下り
892 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
コース状況/
危険箇所等
整備され明瞭な登山道
真聖宮から向天池までは、地元の人が登ってくる程度か?向天池にはたくさんのハイカーがいた。この日、池に水はなし。
その他周辺情報清天宮から興福寮の真聖宮までは、一般道路で峠を越えていきます。ここはまあ、地元の人がちらほら通るような道です。現地にお住まいの方ならいいかもしれないですが、旅行者がいきなりこのルートからってのは、あんまりおススメできないかなあ。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

MRT北投駅を降り、小6バス待ちの列。
私の後ろに並んだ人から、この列は清天宮行きのバスの列?と聞かれたけど、いや私わからないんで…たぶん…と答えたら、私の前に並んでた人にさらに聞いてた。
台湾の人達は、わからないことあったらすぐ他の人に聞いて解決する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
MRT北投駅を降り、小6バス待ちの列。
私の後ろに並んだ人から、この列は清天宮行きのバスの列?と聞かれたけど、いや私わからないんで…たぶん…と答えたら、私の前に並んでた人にさらに聞いてた。
台湾の人達は、わからないことあったらすぐ他の人に聞いて解決する。
清天宮から集落を抜け、真聖宮まで車道を歩いていく。こんなことしているハイカーは私だけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清天宮から集落を抜け、真聖宮まで車道を歩いていく。こんなことしているハイカーは私だけ。
ええ!真聖宮までバスくるんじゃん… 
まあ、ちょうどいい時間に来ないのかもしれん(調べてない)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ええ!真聖宮までバスくるんじゃん… 
まあ、ちょうどいい時間に来ないのかもしれん(調べてない)
登山口はこんな感じ。地元の裏山的な雰囲気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口はこんな感じ。地元の裏山的な雰囲気。
向天池。水があることもあるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向天池。水があることもあるらしい。
向天山から面天山を望む。ここから一度コルにおりて、登り返し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向天山から面天山を望む。ここから一度コルにおりて、登り返し。
面天山。レーダーの反射板が二枚ある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面天山。レーダーの反射板が二枚ある。
二子坪遊憩区(公園のような観光地)から面天山を振り返って。二子坪遊憩区は完全に整備された公園。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子坪遊憩区(公園のような観光地)から面天山を振り返って。二子坪遊憩区は完全に整備された公園。

感想/記録

台北の低山をめぐるシリーズ

山と渓谷社から出ている庄司雅昭著「台北低山散歩」を参考に歩いています。
スタート地点がちょっと(言語的、地理的)ハードル高いかなぁ…
MRTの北投駅から小6のバスに乗り、終点清天宮まで行くのはまあいい。
けど、そっから歩いて隣の集落の真聖宮まで行くのはどうなんだろ。
うーん…

真聖宮のすぐ左に登山道の入り口があります。
すぐに石段の急登になり頑張って登っていくと、やがて向天池に出ます。休憩テーブルで麻雀やってる人たちもいました。わざわざここまで登ってきてやるんだなぁ。
庄司雅昭著「台北低山散歩」には、水があったりなかったり不思議な池と書かれています。私が行ったときは水が全くなく、池の中へ降りられました。

向天池まで来ると、どこから登ってきたのか急にハイカーが増えます。ちょっと安心。この先の稜線も人気があるらしく、さらに少し登れば見通しもよくなり明るくなるので、なんとなく不安感は払しょくされる感じ。
ここまでは上裸のおじさんが後ろから追い抜いてきたりして何気にびびってました(笑)
台湾でも山ですれ違うときは「おはようございまーす」と声を掛け合います。右側通行。山ガール的な子たちもいます。ふつーの人もいっぱいいます。

面天山から下りるともう整備された公園の中(車いすが入ってこれるような)なので、ちょっと物足りないかも。行程の半分くらいは公園の中を歩いています。

帰りのバスは陽明山周遊の108に乗ってみたのですが、このバスが陽明山国家公園の中をぐるっと回った(右回り)ので、乗ってるだけでも観光気分が味わえて楽しかった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:255人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 コル 渓谷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ