また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2092406 全員に公開 ハイキング 東北

翁山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月04日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(風強し)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
20分
合計
6時間45分
Sスタート地点07:1510:40翁山11:0014:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースに危険個所なし。
主だったスポットがないため、同じ景色でも問題ない人・トレーニングコースをお探しの方にお勧め。
また、宮城側からの入山は少ないようですので、人と会わない山を求める人にも最適かも。
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所はありません。
ただただ長いコースです。
登山ポストがないので自己責任で。
その他周辺情報薬来土産センター
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

装備

備考 ハイドレーションに補水するのを忘れて、スポーツドリンク500ml+αのみ・・・

写真

久し振りの山はマイナーコースから
本当は道の奥に駐車場スペースがありますが、虎ロープでバリケードしてあるので、入り口脇の空きスペースで。
2019年11月04日 07:13撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久し振りの山はマイナーコースから
本当は道の奥に駐車場スペースがありますが、虎ロープでバリケードしてあるので、入り口脇の空きスペースで。
1
25分歩いたあたりに商人沼が
名前の由来は書いていませんがきれいな湖沼でした。
入り口はもっと奥
2019年11月04日 07:40撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25分歩いたあたりに商人沼が
名前の由来は書いていませんがきれいな湖沼でした。
入り口はもっと奥
1
入り口の写真を撮り忘れましたが、鉄塔管理表示が林道沿いにあるのでそこが目印
2019年11月04日 07:57撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口の写真を撮り忘れましたが、鉄塔管理表示が林道沿いにあるのでそこが目印
1
先日の雨の影響を心配しましたが奇麗な流れでした。
量が多くないので歩いて渡れます。
2019年11月04日 07:57撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日の雨の影響を心配しましたが奇麗な流れでした。
量が多くないので歩いて渡れます。
1
高圧線の下のなぞるように歩きます。
なんか今年の紅葉はイマイチ
2019年11月04日 08:19撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高圧線の下のなぞるように歩きます。
なんか今年の紅葉はイマイチ
1
鉄塔を間近に見ることってできないですよね?
2019年11月04日 08:23撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔を間近に見ることってできないですよね?
1
なめこ群生倒木
でもキノコの知識があまりなく、本当になめこか判断できなかったので採取はしてきませんでした。
2019年11月04日 08:37撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なめこ群生倒木
でもキノコの知識があまりなく、本当になめこか判断できなかったので採取はしてきませんでした。
1
高圧線の下は開けてました
2019年11月04日 08:39撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高圧線の下は開けてました
1
ぶな林を突き抜ける道へ入ります
2019年11月04日 08:40撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶな林を突き抜ける道へ入ります
1
砂礫質の斜面を眺めながら
2019年11月04日 08:44撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫質の斜面を眺めながら
1
鉄塔の真下を通過
山形側の管理道と合流
2019年11月04日 08:53撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の真下を通過
山形側の管理道と合流
1
入り口は写真右奥の杉の根本から
2019年11月04日 08:53撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口は写真右奥の杉の根本から
1
ほぼ笹で広葉樹などの樹木は見当たりません
2019年11月04日 09:14撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ笹で広葉樹などの樹木は見当たりません
1
朝の薬来山は日差しの関係でぼんやり
2019年11月04日 09:14撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の薬来山は日差しの関係でぼんやり
1
たぶん最初で最後の木の実発見
2019年11月04日 09:15撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん最初で最後の木の実発見
1
山形側の景色
尾花沢あたり
2019年11月04日 09:32撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山形側の景色
尾花沢あたり
1
笹の林の中を突き抜ける道
遠くから見るときれいな一本道なんだけど、長い・・・
2019年11月04日 09:52撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の林の中を突き抜ける道
遠くから見るときれいな一本道なんだけど、長い・・・
1
遠くの杉林の中にはりま小屋
日差しの関係でこれもぼんやり・・・
2019年11月04日 09:54撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くの杉林の中にはりま小屋
日差しの関係でこれもぼんやり・・・
1
はりま小屋へ向かう分岐
看板は倒れていますが、ほかに道がないので迷いようがないと思われます。
2019年11月04日 09:56撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はりま小屋へ向かう分岐
看板は倒れていますが、ほかに道がないので迷いようがないと思われます。
1
おそらく鳥海山
今日も山頂は雲の中・・・
2019年11月04日 10:06撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらく鳥海山
今日も山頂は雲の中・・・
1
来た道
また帰る道・・・
2019年11月04日 10:16撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道
また帰る道・・・
1
やっと到着
ここまで約3時間25分
2019年11月04日 10:40撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと到着
ここまで約3時間25分
1
見晴らし最高
2019年11月04日 10:40撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし最高
1
見晴らし最高
2019年11月04日 10:41撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし最高
1
見晴らし最高
2019年11月04日 10:41撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし最高
1
宮城県から山形県へ徒歩で越境
越境ポイントはどこだったのかわからないまま・・・
2019年11月04日 10:41撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮城県から山形県へ徒歩で越境
越境ポイントはどこだったのかわからないまま・・・
1
見晴らし最高
2019年11月04日 10:42撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし最高
1
見晴らし最高
2019年11月04日 10:42撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし最高
1
山頂から西側にひっそりたたずむ翁神社
ステンレスの立派な扉がついてました
2019年11月04日 10:43撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西側にひっそりたたずむ翁神社
ステンレスの立派な扉がついてました
1
見晴らし最高
2019年11月04日 10:47撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし最高
1
おそらく最大の登り返し・・・
ハイドレーションに水を補水するのを忘れてきて、このころは体がカサカサ
2019年11月04日 11:30撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらく最大の登り返し・・・
ハイドレーションに水を補水するのを忘れてきて、このころは体がカサカサ
1
気温の変化がおかしいのか?アザミが黒くなってかれていました。
紅葉も丸まって落ちているのがほとんどで、開いたままのが無かった。
2019年11月04日 12:02撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温の変化がおかしいのか?アザミが黒くなってかれていました。
紅葉も丸まって落ちているのがほとんどで、開いたままのが無かった。
1
正午の薬来山ははっきり。
奇麗な形
2019年11月04日 12:05撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正午の薬来山ははっきり。
奇麗な形
1
落ち葉のじゅうたん
2019年11月04日 12:36撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉のじゅうたん
1
朝はモヤってたのでよく見えなかったけど午後からはスッキリ
2019年11月04日 13:28撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝はモヤってたのでよく見えなかったけど午後からはスッキリ
1
色づきがイマイチ
2019年11月04日 13:51撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色づきがイマイチ
1
到着
祝日なので入り口前の国道は工事してないと思ったら、現場は稼働していました。トラックをよけていただいて帰宅
2019年11月04日 13:56撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着
祝日なので入り口前の国道は工事してないと思ったら、現場は稼働していました。トラックをよけていただいて帰宅
1
撮影機材:

感想/記録

お疲れでした!私一人では絶対入らないコース(基本、案内のしっかりしたコースしか行かない派)なので、私なりには面白かった!こつこつひたすら山歩きも文句いいながら面白かった!
但し、林道脇駐車〜ハマリ小屋分岐まで一切案内標識がないので、下調べ・登山マップ持参をした方が良いです。翁山登山口さえ分からなかったほど。
やくらい土産センターの「味噌麹野菜ラーメン」はすりおろしニンニク・辛味噌を入れて!本当に最高ですので皆さんどうぞ!

感想/記録

マイナーコースを歩くことが趣味な私に今回付き合ってくれたKappanyaと薬来土産センターで待ち合わせしていざ出発。
山に入ってからハイドレーションに水を入れてくるのを忘れて、スポーツドリンク500mlしか持ってないことに気づく・・・食べ物しかない中、弾丸ツアーとなってしまいました。スミマセン。
コース的にはすべて土。膝などへの負担は少ないと思います。岩場がなく、ほぼ笹しか見当たらないような印象でした。
そのおかげで腰をおろして休む場所がなく、風を防ぐ場所もない。始終吹きっさらしのコースで体の水分が奪われてヘロヘロ。
ただし山頂は見晴らしがよく、気候が良いシーズンには最高かと思われます。
宮城側からの入山は「長い」の一言。久々の修行コースでお勧めしないかも・・・(誰とも会わない山登りをする方には最適?)
こんな苦行の後で食べた薬来土産センターの麹味噌ラーメンは最高!!!(ただし営業時間に注意)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:440人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ