また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 210175 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

貝月山リベンジ 長者の里より

情報量の目安: A
-拍手
日程 2012年07月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
長者の里キャンプ場の駐車場 20台ぐらい
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

10:50 長者の里キャンプ場
11:00 猿後家地蔵
11:15 少将淵
11:45 三段滝
11:50 物見岩
12:35 尾根新道分岐
12:50 江美の池
13:00 貝月山頂上 14:10
14:20 江美の池
14:30 尾根新道分岐
15:50 山犬の岩穴
15:55 猿後家地蔵
16:00 長者の里キャンプ場
コース状況/
危険箇所等
キャンプ場のトイレ前に登山ポストあり。

渡渉地点多数。苔むした岩ですべりまくりです。
初めの数箇所は丸太橋やロープが設置してありますが、6箇所目以降はそういった気の利いたものは無いので、運動神経に自信満々か、猿後家と同じく忍者の道を歩んだ人以外は杖を持参した方が良いと思います。

急登や極端に足場の悪い崖などのロープ設置箇所は素直にロープに頼らないと危険な場合が多いです。

少将淵から三段滝に向かう途中の藪は両側からボッサボサに伸び放題ですが、よく見ると片側は崖で足場がないので注意が必要です。

おおの温泉 入浴料500円
過去天気図(気象庁) 2012年07月の天気図 [pdf]

写真

トリアシショウマ?
2012年07月29日 10:54撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリアシショウマ?
巷でウワサの猿後家さま
2012年07月29日 11:02撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巷でウワサの猿後家さま
グラップラー刃牙の夜叉猿みたいな奴を想像してしまいます
2012年07月29日 11:00撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グラップラー刃牙の夜叉猿みたいな奴を想像してしまいます
突然、何の前触れもなく忍者になっていたと言うくだりは何度読んでも最高です
取って付けた様なアマゴとヤマイモも凄く良いです
僕も猿後家さまを見習ってアマゴとヤマイモを多く摂取したいと思います
2012年07月29日 11:01撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然、何の前触れもなく忍者になっていたと言うくだりは何度読んでも最高です
取って付けた様なアマゴとヤマイモも凄く良いです
僕も猿後家さまを見習ってアマゴとヤマイモを多く摂取したいと思います
右側を行った先のハシゴを下ると少将淵
左が本コースです
今回は寄り道せずに先を目指します
2012年07月29日 11:14撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側を行った先のハシゴを下ると少将淵
左が本コースです
今回は寄り道せずに先を目指します
あの滝壺の底に大猿が沈んでいるのです
2012年07月29日 11:17撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの滝壺の底に大猿が沈んでいるのです
今日一番の視覚的恐怖ポイント
右側は断崖、下手したら転落ですが、アブが襲って来るので躊躇している暇はありません
2012年07月29日 11:25撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日一番の視覚的恐怖ポイント
右側は断崖、下手したら転落ですが、アブが襲って来るので躊躇している暇はありません
前回、4月29日に道迷いした時のターニングポイント
矢印の奥を下って沢を渡るのが正解で、左に曲がるのは間違いです
今回、誤ルートは枯れ枝などで通せんぼしてありました
2012年07月29日 11:28撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回、4月29日に道迷いした時のターニングポイント
矢印の奥を下って沢を渡るのが正解で、左に曲がるのは間違いです
今回、誤ルートは枯れ枝などで通せんぼしてありました
三段の滝
アブに刺されたくないのでピンボケでも良しとします
2012年07月29日 11:46撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段の滝
アブに刺されたくないのでピンボケでも良しとします
この先に物見岩
今回はパス
精神的に結構追い詰められています
次に来た時に登るかどうか考えます
2012年07月29日 11:49撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先に物見岩
今回はパス
精神的に結構追い詰められています
次に来た時に登るかどうか考えます
ガクアジサイ
またアブが来た
いい加減にして欲しい
2012年07月29日 11:57撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガクアジサイ
またアブが来た
いい加減にして欲しい
やっとのことで山頂到着!
1234.3m
2012年07月29日 13:02撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとのことで山頂到着!
1234.3m
1
二等三角点
2012年07月29日 14:09撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点
おまえら大概にしとけよ!
2012年07月29日 13:02撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまえら大概にしとけよ!
本来なら今月行くはずだった冠山
林道崩落で未だ復帰の見通しはありません
2012年07月29日 13:56撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来なら今月行くはずだった冠山
林道崩落で未だ復帰の見通しはありません
奥のほうに能郷白山
晩秋に行きたいと思ってはいますが、今日ぐらいのレベルで音を上げてたら、能郷谷ルートからの登頂は無理かもしれません
2012年07月29日 13:58撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥のほうに能郷白山
晩秋に行きたいと思ってはいますが、今日ぐらいのレベルで音を上げてたら、能郷谷ルートからの登頂は無理かもしれません
またこの藪を戻ると思うと本当に気が滅入ります
2012年07月29日 14:31撮影 by EX-ZS10, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またこの藪を戻ると思うと本当に気が滅入ります

感想/記録
by hiroC

梅雨明けしたら冠山へ行こうと思ってたのですが、自然災害の影響で林道が通行止め。まだ復旧の見通しもたたない状況なのだそうです。そこで急きょ、4月に登頂を果たせなかった貝月山を今回のターゲットとしました。
沢沿いの涼しげなハイキングを期待していましたが...現実はそう甘くはありません。
20分もしないうちに耳元で複数の甲高い羽音が鳴り始め、まるでF1のオープニングラップの様です。消毒エタノールにハッカ油を混ぜて作った虫除けスプレーは事前に吹いておきましたが、効いているのかどうか良く分かりません。
今度は太い羽音と共に何かでかいやつが...アブだ!
歩行ペースを上げてもしつこくついて来ます。歩を止めると取り付かれるので断崖の危険箇所で躊躇することすら出来ません。
実は自分は極度の昆虫恐怖症。完全変態系の幼虫が大の苦手で、山登り自体が自殺行為なのかもしれんとよく思います。人からは理解出来んと言われますが、自分でも理解出来ません。なぜこんな事してるんでしょうか?
前方から身の丈ほどの藪が迫ります。後ろからはまだアブが追ってきます。
ビームサーベルでザクに特攻する、ガンダムに乗り始めたばかりのアムロの如く、うわぁーーー!!と叫びながら(心の中で)藪に突っ込みます。
毛虫、芋虫の類に悲鳴を上げながら(結構でかい声で)尾根まで上がり、小貝月山、江美の池も素通りしてようやく頂上に辿り着きました。もうヘトヘトです。
頂上もアブだらけでしたが、振り払いながら1時間以上も長居しました。
下りも藪漕ぎと思うと本当に気が滅入ります。毛虫→パニック→滑落 とならない様に意識しながら慎重に、かつ大胆に歩を進めます。今日ほどこの2本の杖に恩恵を感じたことはありません。
もう頭の中は現実逃避。帰りの温泉のことでいっぱいです。汗でベッチョベチョになって下山しました。
前回の失敗を強く意識していたこともあり、今回は道迷い、道間違いは皆無でした。その点が収穫だったと思います。
山中では迷いませんでしたが、道路地図を忘れたために2〜30分も道迷いした上で大野町のおおの温泉に到着。湯に浸かってさっぱりしてから家路に着きました。

毎回忘れ物が多いので、今回からそれも記録することにします。今後の防止に役立つかどうかは分かりませんが...

今回の忘れ物:道路地図



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1300人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ