また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2109396 全員に公開 ハイキング 甲信越

笠松山(梅ヶ久保〜峠〜南尾根)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年11月16日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
梅ヶ久保神社に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間40分
休憩
35分
合計
3時間15分
S梅ヶ久保神社09:2409:36笠松山登山口10:1925番観音(分岐)10:2410:48笠松峠11:0311:06三等三角点「笠松峠」11:0911:12笠松峠11:2411:511022mピーク12:10林道に合流12:39梅ヶ久保神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
帰路は一般コースを歩いていません。整備されていないのはもちろん、それなりに危険箇所もあり。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

今日は周回するので、梅ヶ久保神社から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は周回するので、梅ヶ久保神社から。
1
カエデの色づきがちょうどいい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエデの色づきがちょうどいい感じ。
1
足元の石にヘンテコな向きの矢印。その先に踏み跡もあったので、道をはずれてみるが、特に何もなし。
マツタケの目印かなんかだったのかも?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元の石にヘンテコな向きの矢印。その先に踏み跡もあったので、道をはずれてみるが、特に何もなし。
マツタケの目印かなんかだったのかも?
尾根を直登し、もとの道に戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を直登し、もとの道に戻る。
1
カラマツも綺麗ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツも綺麗ですね。
1
25番観音。
今日はのんびりめに歩いているが、それでもやっぱひとりだと早い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25番観音。
今日はのんびりめに歩いているが、それでもやっぱひとりだと早い。
1
2色モミジ。
先週緑色だったところは黄色になっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2色モミジ。
先週緑色だったところは黄色になっていた。
1
峠からの景色はこんな感じ。
山中から見たときは中腹に雲がかかっていましたが、昼になって雲も切れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠からの景色はこんな感じ。
山中から見たときは中腹に雲がかかっていましたが、昼になって雲も切れた。
1
笠松峠にはもともと大きなアカマツとヒノキの木があって、それが山麓から見ると笠をかぶっているように見えたから「笠松」なのだそうで、これがおそらくその松の名残。
内側が炭化しているので、雷に打たれてしまったのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠松峠にはもともと大きなアカマツとヒノキの木があって、それが山麓から見ると笠をかぶっているように見えたから「笠松」なのだそうで、これがおそらくその松の名残。
内側が炭化しているので、雷に打たれてしまったのだろう。
三角点にも寄ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点にも寄ってきました。
1
東尾根への道はヤブに覆われてしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根への道はヤブに覆われてしまった。
1
帰り道。梅ヶ久保コースを離れ、南側の尾根へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道。梅ヶ久保コースを離れ、南側の尾根へ。
1
なにげに山の展望がいい場所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにげに山の展望がいい場所。
1
踏み跡は一応あるものの、ヤブっぽい。
痩せ尾根や急勾配の下り坂もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡は一応あるものの、ヤブっぽい。
痩せ尾根や急勾配の下り坂もあります。
1
R1=「令和元年」だろうか。
昨年歩いた時には見覚えがない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R1=「令和元年」だろうか。
昨年歩いた時には見覚えがない。
1
こちらには「山ノ神」とある。
このあと、1022mピークまで幾ヶ所もこのマーキングが続く。
ちなみに登り方向には一切マーキングなし。
たぶん大瀬木の山神社のことを意味していると思うのだが、詳細不明。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらには「山ノ神」とある。
このあと、1022mピークまで幾ヶ所もこのマーキングが続く。
ちなみに登り方向には一切マーキングなし。
たぶん大瀬木の山神社のことを意味していると思うのだが、詳細不明。
1
ここからは未踏コース。
ヤブが一層深くなったが、道自体はわかりやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは未踏コース。
ヤブが一層深くなったが、道自体はわかりやすい。
1
巻き枯らし処理されたアカマツ。
スギ林に1本だけ紛れていたからだろうか。
上のほうはすでに枯れていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き枯らし処理されたアカマツ。
スギ林に1本だけ紛れていたからだろうか。
上のほうはすでに枯れていた。
スギ林の右側に踏み跡を発見。
どうやらスギ林に出た時点で道を外れていたらしい。
一応、林の隙間から民家が見えていたので、迷う心配はなかったのだが、反省点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スギ林の右側に踏み跡を発見。
どうやらスギ林に出た時点で道を外れていたらしい。
一応、林の隙間から民家が見えていたので、迷う心配はなかったのだが、反省点。
右に行くと梅ヶ久保林道に合流する。
あえて左に行ってみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に行くと梅ヶ久保林道に合流する。
あえて左に行ってみる。
1
橋を渡って、さきほどのスギ林に再び入るが、すぐに林を抜けて民家の脇に出てきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って、さきほどのスギ林に再び入るが、すぐに林を抜けて民家の脇に出てきた。
1

感想/記録

笠松山の未踏エリアをつなぐため、紅葉散策がてらのんびり登山。

笠松山自体は今年も仕事で何度も登っていますが、ソロ登山と違って自分の好きなペースで歩けないし、当然バリエーションルートには行けないし、ちょっと物足りなかったので、そのモヤモヤ感を解消するのも目的だったりします(笑)

これであと歩いていないのは、(峠ではなく)山頂から北西・南西にそれぞれ伸びる尾根だけだと思う。たぶん。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:177人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ