また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2111459 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

丹沢【ヤビツ峠-表尾根-塔ノ岳-大倉】

日程 2019年11月17日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(薄曇り)
アクセス
利用交通機関
電車バス
秦野駅発ヤビツ峠行 臨時バス 7:20ごろ
大倉発渋沢駅行   定時バス 12:40
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間1分
休憩
26分
合計
4時間27分
Sヤビツ峠07:5308:52二ノ塔08:5309:02三ノ塔09:0309:07三ノ塔地蔵菩薩09:21烏尾山荘09:33行者ヶ岳09:3509:46政次郎ノ頭09:51書策新道分岐09:5210:00新大日茶屋10:05新大日10:0610:13木ノ又小屋10:35塔ノ岳10:5211:01金冷シ11:09花立山荘11:19天神尾根分岐11:28堀山の家11:3011:35堀山11:41駒止茶屋11:48一本松11:55見晴茶屋11:5612:05観音茶屋12:15丹沢クリステル12:20大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし

写真

ヤビツ峠
臨時のバスを降りて、しばらくは車道歩きです。
2010年01月01日 00:00撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠
臨時のバスを降りて、しばらくは車道歩きです。
1
登山口
ここから山道に入ります。
2019年11月17日 08:11撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
ここから山道に入ります。
二ノ塔
一気に標高を上げてきました。
2019年11月17日 08:49撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔
一気に標高を上げてきました。
1
三ノ塔
富士山がきれいに見えています。
2019年11月17日 09:03撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔
富士山がきれいに見えています。
3
三ノ塔
富士山にフォーカス。
2019年11月17日 09:03撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔
富士山にフォーカス。
3
三ノ塔
アップ。
2019年11月17日 09:03撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔
アップ。
1
三ノ塔
南アルプスの南部も見えています。
聖岳、赤石岳、荒川岳と。
2019年11月17日 09:03撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔
南アルプスの南部も見えています。
聖岳、赤石岳、荒川岳と。
1
三ノ塔
今日の縦走路です。
右端には丹沢山(竜ヶ馬場くらいですかね。)も。
2019年11月17日 09:05撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔
今日の縦走路です。
右端には丹沢山(竜ヶ馬場くらいですかね。)も。
2
鳥尾山
三ノ塔から標高をかなり下げて、ここからまた登り直しです。
2019年11月17日 09:20撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥尾山
三ノ塔から標高をかなり下げて、ここからまた登り直しです。
3
行者ヶ岳
1,209mです。三ノ塔とほぼ同じ。
やっと標高を取り返したところです。
2019年11月17日 09:34撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ヶ岳
1,209mです。三ノ塔とほぼ同じ。
やっと標高を取り返したところです。
1
表尾根で一番の岩場
ここは、表尾根で一番危険なところです。慎重に下ります。
2019年11月17日 09:40撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根で一番の岩場
ここは、表尾根で一番危険なところです。慎重に下ります。
1
政次郎尾根の頭に向けて、急登を登ります。
2019年11月17日 09:44撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根の頭に向けて、急登を登ります。
1
振り返ると大山が、ほぼ同じ高さになってきました。
2019年11月17日 09:55撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると大山が、ほぼ同じ高さになってきました。
1
新大日
ここでいったん休憩をいれます。
2019年11月17日 10:00撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日
ここでいったん休憩をいれます。
木ノ又大日
目指す塔ノ岳はもうすぐです。
2019年11月17日 10:14撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又大日
目指す塔ノ岳はもうすぐです。
塔ノ岳 頂上
到着しました。すごい人です。
2019年11月17日 10:30撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
到着しました。すごい人です。
5
塔ノ岳 頂上
残念ながら、薄曇りです。
2019年11月17日 10:30撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
残念ながら、薄曇りです。
塔ノ岳 頂上
南アルプスの南部です。
左から、上河内岳、聖岳、赤石岳、荒川岳ですね。
2019年11月17日 10:30撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
南アルプスの南部です。
左から、上河内岳、聖岳、赤石岳、荒川岳ですね。
1
塔ノ岳 頂上
そして、南アルプスの北部です。
左から、塩見岳(見切れてる)、農鳥岳、間ノ岳、北岳、仙丈ヶ岳、鳳凰三山です。
2019年11月17日 10:30撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
そして、南アルプスの北部です。
左から、塩見岳(見切れてる)、農鳥岳、間ノ岳、北岳、仙丈ヶ岳、鳳凰三山です。
3
塔ノ岳 頂上
八ヶ岳も見えています。
2019年11月17日 10:31撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
八ヶ岳も見えています。
1
塔ノ岳 頂上
蛭ヶ岳です。
2019年11月17日 10:31撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
蛭ヶ岳です。
1
塔ノ岳 頂上
蛭ヶ岳のアップ。
2019年11月17日 10:31撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
蛭ヶ岳のアップ。
塔ノ岳 頂上
奥に、金峰山。
2019年11月17日 10:31撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
奥に、金峰山。
塔ノ岳 頂上
甲武信岳。
2019年11月17日 10:31撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
甲武信岳。
1
塔ノ岳 頂上
写真ではわかりにくいですが、房総半島まで見えています。
2019年11月17日 10:32撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
写真ではわかりにくいですが、房総半島まで見えています。
塔ノ岳 頂上
横浜方面。
2019年11月17日 10:32撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
横浜方面。
塔ノ岳 頂上
東京方面。
2019年11月17日 10:50撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
東京方面。
塔ノ岳 頂上
箱根。大涌谷の水蒸気は活発です。
2019年11月17日 10:53撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
箱根。大涌谷の水蒸気は活発です。
塔ノ岳 頂上
相模湾です。大島まで見えています。
2019年11月17日 10:53撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 頂上
相模湾です。大島まで見えています。
1
大倉尾根
ペースを上げていたので、バテてしまいました。
丹沢山はパスして、下山します。
2019年11月17日 10:54撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根
ペースを上げていたので、バテてしまいました。
丹沢山はパスして、下山します。
大倉尾根
花立小屋に到着。
2019年11月17日 11:09撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根
花立小屋に到着。
大倉尾根
大倉尾根を登るのはかなり厳しい。
2019年11月17日 11:11撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根
大倉尾根を登るのはかなり厳しい。
1
大倉尾根
紅葉がきれいです。
2019年11月17日 11:24撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根
紅葉がきれいです。
2
大倉尾根
歩きやすい道です。
2019年11月17日 11:37撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根
歩きやすい道です。
1
大倉
バス停に到着です。
2019年11月17日 12:19撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉
バス停に到着です。
2

感想/記録
by tomtan

天気がよかったので、急遽、丹沢に歩きに行きました。

秦野駅からヤビツ峠にバスで向かう、お決まりの丹沢表尾根ルートです。
臨時バスがあったので、定時より20分くらい早めに歩き始めることができました。

登山口からは、勾配もきつく、二ノ塔まで一気に標高を上げていきます。
自家用車やタクシーで来た方も多く歩いていました。

二ノ塔を越え、三ノ塔の頂上まで登ると、目の前に富士山がどーんと、きれいな姿を現します。
そして、塔ノ岳までの稜線を目で追うことができる、この眺望は、表尾根で一番の景色です。

三ノ塔からは高度を下げ、鳥尾山、行者ヶ岳と登り返し、新大日でいったん休憩をいれました。
そこから少し登れば塔ノ岳なので、ゆっくりできました。

塔ノ岳は相変わらずの人気で、表尾根を歩いて来ると、その頂上で一気に喧騒に巻き込まれる感じがします。
大きな頂上標柱で写真を撮る人、そして、ほぼ360度の展望の写真を撮る人、食事をする人。
そんな大勢の一部になって、写真を撮り、富士山や南アルプスを眺めながら、簡単な昼食をとりました。
南アルプスの甲斐駒ヶ岳から、上河内岳までの峰々を眺めながらの食事は、本当に贅沢なひと時でした。

喧騒の塔ノ岳山頂を後にして、大倉尾根を下ります。
当初は、丹沢山にまで足を延ばそうと思っていましたが、かなりのペースで登ってきたので、スタミナ切れを起こしていたのと、天気が薄曇りになってきていたので、これ以上の展望は望めないと判断したからです。

多くの人が登ってくる大倉尾根を、どんどん下り、花立小屋、堀山の家など、歩きやすい間隔に気持ちよく配置された山小屋を足早に通り過ぎ、無事に大倉まで下山することができました。

これから冬季になると、丹沢に出かける機会が増えそうですが、今回もとても気持ちの良い山行になりました。
訪問者数:163人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 紅葉 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ