また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2112060 全員に公開 ハイキング葛城高原・二上山

樹レコ。  樹木観察、紅葉狩り、オマケは道迷い 〜大和葛城山〜

日程 2019年11月16日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車
道迷いで下山が遅くなりタクシー利用 上河内→富田林 運賃3170円

〖道迷いの顛末は感想欄へ書きました〗
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間19分
休憩
1時間21分
合計
9時間40分
S近鉄御所駅07:3608:51葛城登山口駅08:5509:03北尾根道入口10:58ダイトレ・北尾根分岐12:03葛城高原キャンプ場12:4412:58大和葛城山13:0013:05高原ロッジ、コーヒータイム13:2513:41ダイトレ弘川道合流点14:13四ツ辻14:2717:16上河内(河南町)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
北尾根道 道標あり
弘川寺道 道標ほとんどなし

自然研究路 下半分は通行止めです。

写真

尺土駅を発車する近鉄特急大阪行き。御所線ローカルが信号待ちしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尺土駅を発車する近鉄特急大阪行き。御所線ローカルが信号待ちしています。
3
たぬき電車の近影です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぬき電車の近影です。
5
正面に大和葛城山を見ながら行きます。このお山は基本植林の山ですが、主稜直下の東側は自然林です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に大和葛城山を見ながら行きます。このお山は基本植林の山ですが、主稜直下の東側は自然林です。
5
不動寺から多武峰方面が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動寺から多武峰方面が見えました。
3
北尾根コースを登るつもりです。(この略図の右側の朱線です)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根コースを登るつもりです。(この略図の右側の朱線です)
1
ヤマコウバシです。
秋の山の渋い脇役。この木はまだ青いですがやがて褐色の葉になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマコウバシです。
秋の山の渋い脇役。この木はまだ青いですがやがて褐色の葉になります。
3
ヤマコウバシ。(樹皮)
樹皮はなめらかです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマコウバシ。(樹皮)
樹皮はなめらかです。
1
クマイチゴ。
枝が赤いです。トゲが大きい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマイチゴ。
枝が赤いです。トゲが大きい。
3
クマイチゴ。
キイチゴの仲間では大型の木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマイチゴ。
キイチゴの仲間では大型の木。
2
北尾根のほぼ中間です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根のほぼ中間です。
1
5センチ方眼の台紙を持参しました。落ち葉を乗せてみました。ウリハダカエデの落ち葉です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5センチ方眼の台紙を持参しました。落ち葉を乗せてみました。ウリハダカエデの落ち葉です。
8
シラキです。(葉と実)
実の直径は約1.8センチです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラキです。(葉と実)
実の直径は約1.8センチです。
3
ウリハダカエデ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウリハダカエデ。
3
コハウチワカエデ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コハウチワカエデ。
4
コハウチワカエデ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コハウチワカエデ。
3
ダンコウバイ。(不分裂葉と実)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンコウバイ。(不分裂葉と実)
4
コハウチワカエデ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コハウチワカエデ。
2
コハウチワカエデ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コハウチワカエデ。
6
ダイトレに乗っかりました。大阪側は植林帯です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレに乗っかりました。大阪側は植林帯です。
4
自然研究路に入りましょう(左)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然研究路に入りましょう(左)。
1
ヤマツツジ。
大きな葉(春葉)は落葉し、小型の葉(夏葉)だけを残して越冬の準備をしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ。
大きな葉(春葉)は落葉し、小型の葉(夏葉)だけを残して越冬の準備をしています。
3
ミヤマクロモジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマクロモジ。
2
イヌブナ。
根元から幼幹がたくさん出ています。(このようなケースはブナにはみられません)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イヌブナ。
根元から幼幹がたくさん出ています。(このようなケースはブナにはみられません)
4
落ち葉散り敷く・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉散り敷く・・
2
ヤグルマカエデ。
エンコウカエデに似ていますが、ヤグルマカエデの葉の裂片には欠刻(粗い凹凸)があります。遠くから見るとカジカエデにも見えますが、ヤグルマカエデの葉はカジカエデの葉のように大きくはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤグルマカエデ。
エンコウカエデに似ていますが、ヤグルマカエデの葉の裂片には欠刻(粗い凹凸)があります。遠くから見るとカジカエデにも見えますが、ヤグルマカエデの葉はカジカエデの葉のように大きくはありません。
3
(草本) カシワバハグマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(草本) カシワバハグマ。
3
(葛城山自然研究路)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(葛城山自然研究路)
5
フカギレオオモミジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フカギレオオモミジ。
3
フカギレオオモミジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フカギレオオモミジ。
1
イヌブナ。(葉の下面)
長く白い絹のような毛があります。元サイズでご覧ください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イヌブナ。(葉の下面)
長く白い絹のような毛があります。元サイズでご覧ください。
3
葛城山自然研究路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城山自然研究路。
2
立入禁止の表示。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立入禁止の表示。
1
落ち葉のペイブメント。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉のペイブメント。
3
(5センチ方眼の台紙使用)
「左」はコナラですね。ミズナラの葉は、葉柄があるにはあるが無いに等しいほどです。「右」は葉柄が認められますがミズナラとしても差し支えないかもしれません。では「中」は?・・・ちょっと考えてしまいますね。
この辺りにはコナラとミズナラが混生していました。コナラ・ミズナラ両種の分布が重なり合うところには両種の雑種があると図鑑に記述がありました。「中」はその両種間の雑種かもしれませんね。(?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(5センチ方眼の台紙使用)
「左」はコナラですね。ミズナラの葉は、葉柄があるにはあるが無いに等しいほどです。「右」は葉柄が認められますがミズナラとしても差し支えないかもしれません。では「中」は?・・・ちょっと考えてしまいますね。
この辺りにはコナラとミズナラが混生していました。コナラ・ミズナラ両種の分布が重なり合うところには両種の雑種があると図鑑に記述がありました。「中」はその両種間の雑種かもしれませんね。(?)
8
ロープウェイ道に出たところで見たアカシデ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ道に出たところで見たアカシデ。
4
アカシデ。(樹皮)
アカシデの幹には凹みがあります。成木にはかなり大きく長い凹みを持つものがあるようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカシデ。(樹皮)
アカシデの幹には凹みがあります。成木にはかなり大きく長い凹みを持つものがあるようです。
2
小真弓ちゃん。
秋の小真弓ちゃんはほんとに綺麗カワイイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小真弓ちゃん。
秋の小真弓ちゃんはほんとに綺麗カワイイ。
5
モミジでお腹いっぱいですが、お昼ご飯は食べます。
今回もまた賞味期限切れの尾西です。(葛城高原キャンプ場にて)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジでお腹いっぱいですが、お昼ご飯は食べます。
今回もまた賞味期限切れの尾西です。(葛城高原キャンプ場にて)
1
熱いポタージュ付き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熱いポタージュ付き。
6
葛城山山頂付近で。
岩湧山みたいやなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城山山頂付近で。
岩湧山みたいやなあ。
6
今日の金剛山、いつか見たのより大きく見える・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の金剛山、いつか見たのより大きく見える・・
2
大阪府側の弘川寺コースで下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪府側の弘川寺コースで下山します。
1
ムクノキ。(葉の下面、小枝)
ムクノキの小枝は葉の出るところで少し折れて、ジグザグになっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムクノキ。(葉の下面、小枝)
ムクノキの小枝は葉の出るところで少し折れて、ジグザグになっています。
1
(草本) ハダカホオズキ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(草本) ハダカホオズキ。
1
ずっと植林帯です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと植林帯です。
3
古い看板がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い看板がありました。
ウリハダカエデの若木の樹皮です。青くて何だか生々しいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウリハダカエデの若木の樹皮です。青くて何だか生々しいです。
1
道を間違えたことにようやく気付く。気付くの遅すぎた。戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道を間違えたことにようやく気付く。気付くの遅すぎた。戻ります。
1
これはどちらに行けばよいのか・・?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはどちらに行けばよいのか・・?
(道迷い)ここを下ってみよう・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(道迷い)ここを下ってみよう・・
乱雑な谷です。この後、谷が深くなり道もなく、余裕がなくなり写真がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乱雑な谷です。この後、谷が深くなり道もなく、余裕がなくなり写真がありません。
1
まもなく日没・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく日没・・
1
イノシシ除けの柵に行く手を阻まれた。しかし、この15分後、なんとか道に出た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシ除けの柵に行く手を阻まれた。しかし、この15分後、なんとか道に出た。
ここは何処? 富田林か?河内長野か?(↑注)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは何処? 富田林か?河内長野か?(↑注)
1
ぐゎ、上高地か、えらいとこへ来たもんだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐゎ、上高地か、えらいとこへ来たもんだ。
1
タクシーに来てもらうことにしました。
空は冴えわたり、山の端に残照。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシーに来てもらうことにしました。
空は冴えわたり、山の端に残照。
1
富田林駅です。阿部野橋へ戻れば上がりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富田林駅です。阿部野橋へ戻れば上がりです。
4

感想/記録

【大阪側の中腹以下の場所で道迷い】

もう50分も下れば里に着くはずでした。
ところが歩いていた林道がまさかの終点行き止まり。
その先はひどいブッシュでもう引き返すしかありませんでした。

分岐点まで登り、別の林道をおりました。ここはどれもダート林道です。
ところがこの林道も行き止まりです。

さらに別林道、あっさり行き止まり。
ゲームオーバーじゃ。

どうやら小規模な林道が交錯する植林地帯にはいってしまったようです。
確かな所まで引き返せは登山の鉄則です。(原則だったかな?)
そだらば、あの国定公園の表示の地点まで戻りましょう(いやいやですけど)。

右に下りた分岐は左に登ればよい。
左に下りた分岐は右に登ればよい。

右、右、左、右、
いやあ、けっこうたくさん分岐点あった・・

右か左かついに分からなくなってゲームオーバーじゃ。
迷路ゲームしに来たんじゃないですよ。健全な山歩きをしにきたんです。

国定公園の表示に戻れる保証まで失ってしまいました。。
こんな小規模で盲腸みたいな林道とマジメに付き合っていたら日が暮れてしまいます。
林道と決別して谷に下ることにしました。

谷には古くからの山仕事の道があるでしょうよ。
ところが行けども行けども道は無くて、、
あるの倒木と間伐材の放置とズルズルの斜面。
歩きにくいたらしょうがありません。

危ないからと急斜面を避けたら、高い所に追いやられ、
また谷底を目指すが、体力を使うし神経もすり減ります。

とにかく慎重な脚運びこそが肝要です。
しかしついに転倒。慌てちゃいけないとペットボトルを取り出して
お茶を飲みますが、慌ててむせます。慌てているようです。

このあと左手で握った木の枝と、右手で握った木の枝が同時に折れて、
一瞬体の支えを失ってヒヤリとしました。

谷に堰堤があることを忘れていました。
当たり前のことを忘れるから、馬鹿ですねえ。
堰堤怖い、怖い。

堰堤は一つでないことも分かってきて、
ここで谷をあきらめ、尾根に這い上がります。
尾根に小道か踏み跡はあるでしょうか。ないでしょうね。
(やっぱりあらしません) 京都弁やっている場合ではありません。

慎重に下ります、なにしろ急ですから。
時間が過ぎます。暗くなります。
太陽が沈みます。沈む速度は速いです。けっこう重量がありますから。

下に車道が見え、車が走っているではないですか。
助かった。
ところがイノシシ防除柵に行き当たってしまい、
これを突破することができません。トホホ。(解るわ、イノシシの気持ち)

左へ左へと避けて、逃げて、
小沢を渡り、また登り活路を探します。山がなかなか許してくれません。

下に林道が見えました。こんどはコンクリ舗装の林道のようです。
どこか下れるところはないかいな、と、窪んだところがありました。
窪みに足を入れ、木の根と木の枝をつかんでモンキークライムダウンです。

よくぞ御無事ででしたが、よく見れば右足首の上を打ちつけていて、
抑えると痛いです。
何が起こるか分からないのが山登りですね。
最後まで気を抜くことができないのが山登りです。
正規の下山口より南へ1.6キロのところに下りてしまっていたでした。








訪問者数:218人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/4
投稿数: 230
2019/11/19 14:33
 里山は侮れないですね。
Happa64 さん こんにちは
大和葛城山での道迷いの顛末詳しく書いて下さり参考になりました。
里山(?)こそ侮れないですよね。
(高い山々は割合、道(踏み跡)や案内がしっかりしおり道迷いは少ないですね。体力やいろんな装備は必要になって来ますが…)
標高が低いので簡単に登山できると考えがちですが、里山こそ、獣道・作業道・林道・道迷い道等が複雑に入り組んでおり、挙句の果て私は11/17には
沢山のピンクリボン(樹木の伐採の印なのでしょうか)と途中でリボンが無くなってしまうハプニングに遭遇しました。
一応どの方向の稜線を目指せば登山道が走っているか見当をつけて進んでて最悪は免れています。
以前、同じ山界隈で新緑の頃(登山道は藪で無いに等しく申し訳程度にリボン)帰りの道を見失ってしまい靄ってて右も左も分からず動顚してしまったことを今でも鮮やかに思い出します、最後は磁石を頼りに谷に降りない事を心掛け上手く登山道に戻れたことがありました。
今思えば、その山界隈の全体像を知っていれば慌てることは無かったのですが私にとっての良い教訓でした。
私のレコでは「里山は侮れない」と事あるごとに書いています。

9時間余りの彷徨お疲れ様でした。そして無事の下山何よりでした。
登録日: 2013/12/8
投稿数: 91
2019/11/19 17:49
 Re: 里山は侮れないですね。
yamanamieさん こんにちは

コメントありがとうございました。
yamanamieさんは遭難事故が起こるたびに、ヤマレコ日記により
その遭難を検証しまた警鐘を鳴らすなど数々述べてこられましたが、
私もそれを逐一読ませていただき、その都度山登りの安全というものを
再確認してきたつもりでありましたが、
今回、記録報告に書きましたような事態を起こしてしまい、まことに
お恥ずかしい限りです。
里山には里山特有の危険がありますね。私の場合もっとなんとかならなかったかと
反省するのですが、やはり谷に下りたのが軽率でした。
yamanamieさんのおっしゃるとおり、
どの方向の稜線を目指せば登山道が走っているかを判断することがよく、それが
登山の基本に忠実であることの一つですね。
山の全体像を頭に叩き込んでから行くというのも大事ですね。
私の場合、局所しか見てなくて、まさに木を見て山を見ず、さらに
行き当たりばったりなことを連続してやったので、
ついに登山道に復帰することがなかったです。
いい薬になりました。
登録日: 2012/5/17
投稿数: 3377
2019/11/19 19:42
 上高地^_^
葉っぱさん、こんばんは!ナイトハイク、上高地とは偉いところに着いちゃいましたね。山は紅葉見本園、いろんな色があるって歩き甲斐がありそうですね。食事も旨そうです(^^)
登録日: 2013/12/8
投稿数: 91
2019/11/19 21:10
 Re: 上高地^_^
yamaonseさん こんばんは

コメントありがとうございました。
いったいどこに下りたのだろうという疑問・・??・すると「上河内」だったです
余談ですが、上高地で、穂高とかからの下山が遅れる不測の事態が発生し、最終バスに乗り遅れると、
バス前売り券は損、バス乗車整理券もただの紙切れ、タクシー松本まで17000円、沢渡までなら??円 かな? とんでもないことですね。辺りは真っ暗でしょうし・・
ともあれ下山の時刻は要注意です。
葛城山の頂部の東面は、小規模ですが見本園のようでした。東日本のように樺の仲間があればいいのですが、西にはありません。
登録日: 2012/5/17
投稿数: 3377
2019/11/19 21:37
 Re[2]: 上高地^_^
里山、特に下界に近い方が地形的にいやらしかったりすることってありますね。スマホの地図も便利そうで繋がらず地形図が出てこないこともあるし、踏んだ跡があっても悪路だったりもするから始末が悪いです。蛇足ですが、最近流行のココヘリ、っていうのに、遅ればせながら自分も入会しました。持ってたからといって正規道に戻れる訳ではないですが、気持ちにゆとりが持てるような気がします。
登録日: 2013/12/8
投稿数: 91
2019/11/19 22:55
 Re[3]: 上高地^_^
yamaonseさん レスありがとうございます。
私は今も地図はペーパーで旧式登山者です。
何もなければよいが、最悪の事態も考えなければならないというのが
登山という行為に内在している重要な一要素であるならば、
現在の私は丸ゴシの状態で問題アリかも。
yamaonseさんがココヘリに言及してくださいましたので、
これを機に(私がすぐさま最新機器を持つことはありませんが)
現在の私の無防備状態の見直しを始めたい、そう思いましたよ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ