また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2114484 全員に公開 アルパインクライミング 赤城・榛名・荒船

荒船山塊の大ローソク岩アルパインクライムと県境尾根バリルート

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月17日(日) [日帰り]
メンバー
 Sue-chan(CL)
 Ay3
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
荒船山塊にある大ローソク岩にロープを使ってアルパインクライミング、下降は懸垂下降で。その後は県境尾根をルーファイしながら登山口の立岩の麓に戻ってきました。

コース状況/
危険箇所等
藪岩のバリエーションルートなので、基本的にどこを歩こうが自由ですが、北側は一般ルートが巻いているので、P1〜P3(大ローソク岩)の通過では絶対に落石をしないこと。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

兜岩山分岐から見たP3(大ローソク)
2019年04月19日 18:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岩山分岐から見たP3(大ローソク)
3
Falcon:登山口からすぐ、綺麗な渓相
2019年11月17日 07:51撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Falcon:登山口からすぐ、綺麗な渓相
イヌムキ不動へ
2019年11月17日 09:46撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イヌムキ不動へ
1
沢を渡る所はほぼ全て崩壊しています
2019年11月17日 10:27撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡る所はほぼ全て崩壊しています
3
目指すろうそく岩が見えてきました
2019年11月17日 10:33撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指すろうそく岩が見えてきました
3
青空と唐松の黄金色がゴージャス
2019年11月17日 10:44撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と唐松の黄金色がゴージャス
3
Sue: 高岩の基部を巻いて北西に進む。
この高岩も脆そうなロックタワーだが、登れるのか試登したくなるのが藪岩クライマーの本能か?
2019年11月17日 09:15撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sue: 高岩の基部を巻いて北西に進む。
この高岩も脆そうなロックタワーだが、登れるのか試登したくなるのが藪岩クライマーの本能か?
鍋を叩いて熊に存在を知らせているつもり

Sue:こんな所に鍋! うけたわ〜 ヾ(o≧∀≦o)ノ゛♪♪♪
2019年11月17日 10:08撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋を叩いて熊に存在を知らせているつもり

Sue:こんな所に鍋! うけたわ〜 ヾ(o≧∀≦o)ノ゛♪♪♪
1
右奥に両神山
2019年11月17日 12:13撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥に両神山
3
荒船の艫岩
2019年11月17日 12:14撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒船の艫岩
2
御嶽山の万呂
2019年11月17日 12:22撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山の万呂
2
P2は巻いてP3へ
2019年11月17日 13:18撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2は巻いてP3へ
3
P3は岩が脆くて危険、ベテランクライマーのMINI2561
さんに慎重にルート工作していただきます
2019年11月17日 13:31撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3は岩が脆くて危険、ベテランクライマーのMINI2561
さんに慎重にルート工作していただきます
6
ビレイはAY3
2019年11月17日 13:32撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビレイはAY3
4
頂上からは素晴らしい展望
2019年11月17日 14:00撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からは素晴らしい展望
5
Sue: 北側には荒船山が丸見え。
右の三角山が経塚山で、左が艫岩の絶壁。
テーブルマウンテンがこんなに近くで、全容がくっきりと見える場所はそうそうないだろう。
ちなみに、この日は艫岩で滑落事故があったようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sue: 北側には荒船山が丸見え。
右の三角山が経塚山で、左が艫岩の絶壁。
テーブルマウンテンがこんなに近くで、全容がくっきりと見える場所はそうそうないだろう。
ちなみに、この日は艫岩で滑落事故があったようだ。
2
Sue: 大ローソク岩は意外にも南北に長く、360度の大展望。
2019年11月17日 14:00撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sue: 大ローソク岩は意外にも南北に長く、360度の大展望。
5
懸垂下降後は県境尾根をルーファイしながら下ります
2019年11月17日 15:07撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降後は県境尾根をルーファイしながら下ります
2
さっきまでいたろうそく岩
2019年11月17日 15:19撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまでいたろうそく岩
3
一条の美しい滝、線ヶ滝
2019年11月17日 15:43撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一条の美しい滝、線ヶ滝
2

感想/記録

貴重な体験をさせて頂きました。
10月上旬、miniさんから西上州の入門ハイキングはいかがか?とお誘い!
どんなメンバーなのかとヤマレコ覗いてみるとちょっとびっくり。
こんな機会は逃してはダメだと参加させて頂きました。
クライミングからはなれて30数年、忘れかけてた緊張感が懐かしく、普通の登山とは違う景色をまたみたくなり、簡単で良いからプチアルパイン的な山登りを少しずつ始めて来たところだったので願ったり敵ったりでした。
綺麗な紅葉と岩山、荒れた沢と痩せ尾根、石積みの岩山!綺麗な林の素敵な尾根、未知の道、それに素晴らしいメンバー、いやあ楽しい楽しい。
8km程度の行程で目一杯楽しませてもらいました。
ありがとうございました。また誘ってクダサイ。

感想/記録

西上州(下仁田町) 荒船山の星尾峠から大ローソク岩を登る 
https://hikingbird.exblog.jp/30914802/

群馬県と長野県の県境にある荒船山の南西方向にあるP1〜P3(大ローソク)の岩峰。
西上州独特の脆い、積み木を重ねたようなセンシィティブな岩質で、とても登る対象では無い。
でも、登ってみれば360度の大展望。 
その展望に満足してしまって、荒船山も兜岩山もパス。(笑)

下山もあえて一般トレイルを避けて、藪尾根にGO!
落葉の乗った急斜面は滑り出せば止まらないので、意外と Pay Attention しなければならないので疲れる。

長野側から吹く風は冷たく、いよいよ西上州にも冬が近づいていることを肌で感じた。
雪が降る前の枯れ山は淋しいくらいのセピア色になるが、その分、見通しが聞いてルートが探しやすいので藪岩バリエーションには最適な季節だ。
西上州大好きクライマー、ハイカーの皆さん、一緒に行きませんか?

感想/記録
by Ay3

ロウソク岩、脆かった〜(´д`|||)
降りる時にまともな支点を構築できるのか心配でしたが、藪岩は灌木でなんとかなるんですね〜。ルート図がない岩をどこを登り、どこを降りるかかが面白い。
コンパクトであるが、総合力が試される西上州の藪岩の魅力を感じられる山行になりました。
大ロウソク岩からの壮大な西上州の景色、イヌムキ不動からのイモリの滝。パラパラ光に反射して、透明なドロップが紅葉にあいまってキレイだった。そして、締めくくりの線ヶ滝と盛りだくさんな1日でした。皆さんありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:802人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/10/16
投稿数: 27
2019/11/19 21:35
 黄金色と脆い岩
いやぁ〜天気も良くて
素晴らしい眺望のローソク岩でしたね。
日程が合えば私達も行って見たかったです。
またいつか、宜しくお願いします。
登録日: 2015/11/23
投稿数: 149
2019/11/21 14:45
 Re: 黄金色と脆い岩
ローソク岩はピナクル岩塔ですから展望はピカイチでした。
展望だけではなく、イヌムキ不動や高岩などの滝や岩壁を見ながらの変化のあるルートです。
あまり歩かれていない県境尾根の下降も、未知なるエリアへの探検心をくすぐられました。
私にとって、西上州は小さなオモチャ箱のようなエリアです。
機会があれば奥様も一緒にまた行きましょう!
登録日: 2014/11/23
投稿数: 18
2019/11/21 19:35
 みなさん おつかれさまでした
ローソク岩 石を落としたらロープダメになりそうだし 浮き石だらけで緊張しました

登りながら太い木が見当たらないので、下降支点なかったらどうしようとはわたしも思ってました
登録日: 2015/11/23
投稿数: 149
2019/11/22 1:18
 Re: みなさん おつかれさまでした
mini2561さん、浮石だらけの脆い岩場のリード、お疲れ様でした。

沢登りで、クマ笹を束ねてインクノットで絞めてラペルしたことがあります。
ローソク岩を遠目で見た時に、灌木の生え具合から全く問題ないと思っていました。
細い灌木でも数カ所から連結して下降支点を作ればラペル可能ですよ。
その為にも、西上州のような藪岩では捨て縄用のスリング類は必携です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ