また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 21212 全員に公開 沢登り日高山脈

神威岳、ソエマツ岳・中ノ川→ヌピナイ川

日程 1990年08月01日(水) 〜 1990年08月03日(金)
メンバー , その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8月1日大樹→中の川→二股C1
8月2日二股C1→神威岳→二股C1=C2
8月3日二股C2→ソエマツ岳→ヌピナイ川→大樹
コース状況/
危険箇所等
ディックの車で大樹のあたりまで。寝場所を探してたまたま見つけた「茅」という民宿の看板を頼りに夜遅くにたどり着いた。ただの北海道の田舎の飯場風の民家だったが、ビールと焼き肉持ち込みで、満足して寝た。

翌日は早起き。中の川林道をどこまでも飛ばし、終点から足を水に浸す。一日目は日高らしい広大な川原を進む。程なく釜と直瀑。右を巻いて沢に下り立ち、後は泳ぎとへつりの夏の沢が始まった。プールを抱えた深い淵を泳いで突破すると、現役2年班のヤンケたちのパーティーが現われた。あいさつを交わし、車をヌピナイ沢に移動しておく様に頼む。

ソエマツ直登との二股に夏テンをはって焚火。現場調達ポールの夏テント、ストーブ無し焚き火だけの食事など、北大式沢登りで鮎沢さんを接待する。部歌の「山の四季」を憶えたいというので歌った。

天気はいまひとつだが、神威の山頂には桔梗の青紫も咲き、日高主稜線上で最後の登り残しピークを押さえた。ここまでは8ミリビデオカメラで記録したのだが、遂にガスと水しぶきとで、いかれてしまった。二股の天場で、焚火にあぶっても復活しなかった。

神威を往復した後、左俣からソエマツをのっこしてヌピナイ川へ抜ける。あまりさえている天気ではなかったが、長いガレ沢をえっちら登ってソエマツの源頭へ薮コギ30分ほどでピークについた。ヌピナイは相変らず多量の水を花崗岩の雨どいの上に滑らせていた。下山してまた大樹の「茅」に泊まる。夏だというのに薪ストーブを炊いてくれた。

感想/記録

ディックの車で大樹のあたりまで。寝場所を探してたまたま見つけた「茅」という民宿の看板を頼りに夜遅くにたどり着いた。北海道の田舎の飯場風の民家だったが、ビールと焼き肉持ち込みで、満足して寝た。

翌日は早起き。中の川林道をどこまでも飛ばし、終点から足を水に浸す。一日目は日高らしい広大な川原を進む。程なく釜と直瀑。右を巻いて沢に下り立ち、後は泳ぎとへつりの夏の沢が始まった。プールを抱えた深い淵を泳いで突破すると、現役2年班のヤンケたちのパーティーが現われた。あいさつを交わし、ちょうどいいや、と車をヌピナイ沢に移動しておく様に頼む。

ソエマツ直登との二股に夏テンを張って焚火。現場調達ポールの夏テント、ストーブ無し焚き火だけの食事など、北大式沢登りで鮎沢さん(一橋大山岳部・オバケに仮宿中)をおもてなし。部歌の「山の四季」を憶えたいというので歌った。

天気はいまひとつだが、神威の山頂には桔梗の青紫も咲き、日高主稜線上で最後の登り残しピークを押さえた。ここまでは8ミリビデオカメラで記録したのだが、遂にガスと水しぶきとで、いかれてしまった。二股の天場で、焚火にあぶっても復活しなかった。

神威を往復した後、左俣からソエマツをのっこしてヌピナイ川へ抜ける。あまり冴えた天気ではなかったが、長いガレ沢をえっちら登ってソエマツの源頭へ薮コギ30分ほどでピークについた。ヌピナイは相変らず多量の水を花崗岩の雨どいの上に滑らせていた。下山してまた大樹の「茅」に泊まる。夏だというのに薪ストーブを炊いてくれた。
訪問者数:1674人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ