また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 212219 全員に公開 ハイキング 八幡平・岩手山・秋田駒

秋田駒ケ岳 と乳頭温泉鶴の湯(僕はガス男♪)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2012年07月26日(木) 〜 2012年07月28日(土)
メンバー
天候下界は曇りのち晴れ。山の上はガス。
アクセス
利用交通機関
バス
7月28日
田沢湖温泉に前泊
○往路:羽後交通バス アルパこまくさ(6:01)〜八合目(6:26) 600円
○復路:羽後交通バス 八合目(10:00)〜田沢湖(10:59) 1,000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間53分
休憩
45分
合計
2時間38分
S駒ヶ岳八合目小屋06:4607:20焼森分岐07:2907:31焼森07:3407:45横岳07:5407:56横岳分岐07:5908:02阿弥陀池避難小屋08:0808:12阿弥陀池08:2008:22男岳鞍部08:2808:32阿弥陀池08:56片倉岳09:18旧日窒硫黄鉱山跡09:1909:24駒ヶ岳八合目小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2012年07月の天気図 [pdf]

写真

田沢湖温泉の宿で停滞していた7月27日、鶴の湯温泉に行くことにした。
9:40の送迎バスをアルパこまくさの前で待つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田沢湖温泉の宿で停滞していた7月27日、鶴の湯温泉に行くことにした。
9:40の送迎バスをアルパこまくさの前で待つ。
マイクロバスに乗って30分で到着。
最初は路線バスを使い、バス停から歩こうかと思っていたのだが、バス停から温泉までの林道は大変な距離だった。
門の左にはイ・ビョンホンのでっかい写真。ロケに来たそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイクロバスに乗って30分で到着。
最初は路線バスを使い、バス停から歩こうかと思っていたのだが、バス停から温泉までの林道は大変な距離だった。
門の左にはイ・ビョンホンのでっかい写真。ロケに来たそうだ。
立ち寄り湯が始まるのは10:00。
入浴料は500円。ロッカー(200円)にザックを預ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち寄り湯が始まるのは10:00。
入浴料は500円。ロッカー(200円)にザックを預ける。
客はまだ少なかった。
内湯は狭くて団体が来たら混むだろうな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
客はまだ少なかった。
内湯は狭くて団体が来たら混むだろうな。
混浴の露天風呂へ。乳白色の湯はぬるめで、いくらでも浸かっていられる。底は見えないけれど玉じゃりが敷いてあるようだ。
あぶが多く飛んでいて、巨大蠅たたきが備え付け。僕は鼻の下まで浸かって避けていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混浴の露天風呂へ。乳白色の湯はぬるめで、いくらでも浸かっていられる。底は見えないけれど玉じゃりが敷いてあるようだ。
あぶが多く飛んでいて、巨大蠅たたきが備え付け。僕は鼻の下まで浸かって避けていた。
これが客室。昼になると立ち寄り客で騒々しそうで、あんまり泊まりたいとは思わなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが客室。昼になると立ち寄り客で騒々しそうで、あんまり泊まりたいとは思わなかった。
11:10の送迎バスでアルパこまくさに戻る。
明日は晴れてほしいけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:10の送迎バスでアルパこまくさに戻る。
明日は晴れてほしいけど。
翌7月28日。八合目小屋に到着したら真っ白だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌7月28日。八合目小屋に到着したら真っ白だった。
小屋内部。パンや水、山バッジを購入可能。
2012年07月26日 12:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内部。パンや水、山バッジを購入可能。
手書きの地図をみながら、小屋のおじさんとルートを相談。焼森へ向かうことにした。
2012年07月26日 15:16撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手書きの地図をみながら、小屋のおじさんとルートを相談。焼森へ向かうことにした。
焼森への分岐
2012年07月30日 23:02撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼森への分岐
視界がなく、どのくらい群生してるのかは分からなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界がなく、どのくらい群生してるのかは分からなかった。
焼森山頂。
2012年07月28日 07:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼森山頂。
遠くは見えない。GPSを見ながら登山道を探す
2012年07月28日 07:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くは見えない。GPSを見ながら登山道を探す
横岳に到着
2012年07月28日 07:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳に到着
阿弥陀池が正面にあるはずだが。。。
2012年07月28日 08:01撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀池が正面にあるはずだが。。。
阿弥陀池避難小屋のトイレ
2012年07月28日 08:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀池避難小屋のトイレ
強風で、ピントを合わせるのは、ほぼ、不可能
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風で、ピントを合わせるのは、ほぼ、不可能
晴れてれば綺麗だろうな
2012年07月30日 23:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてれば綺麗だろうな
八合目に無事到着。まだ9:20だった
2012年07月26日 12:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目に無事到着。まだ9:20だった

感想/記録
by hk10

田沢湖温泉に二泊、盛岡に一泊して秋田駒ケ岳、早池峰山へ。

7月26日(木)
はJR田沢湖駅から秋田駒ケ岳八合目に直行したが、ガスに巻かれて遭難するかと思った。

7月27日(金)
ガスで山頂は見えない。登山はやめて鶴の湯温泉へ。あとは宿でまったり。

7月28日(土)
今日は意地でも登る。前泊した宿を6時前にチェックアウト。バス乗り場のある「アルパこまくさ」へ向かう。
駒ケ岳の上は雲にすっぽり覆われている。
天気予報は曇りのち晴れ。晴れてくれよ〜、と念じてみた。

6:10発のシャトルバスに乗り込んだのは7、8人だった。

八合目に着いてみると横殴りの風とともにガスと水滴が叩きつけてくる。
視界はほぼ、無し。
八合目小屋に飛び込み、小屋番のおじさんにひどい天候ですねえと言うと、
「うんにゃ、いつもこんなもんだ〜」と、秋田弁でのんびり返された。

コマクサを見たいとおじさんに相談したら、焼砂走まで行くのは
この天候では危ないので、焼森が良いだろうとのことだった。
今日は焼森から時計周りに歩く事にした。

焼森のコマクサは天候のせいか、峠を過ぎているように感じた。

先週の蓼科山に続いてガスの中を歩く。
横岳経由で阿弥陀池に向かったが何にも見えない。

最高峰の男女岳へ登るのは止めにした。
阿弥陀池を周回する木道を歩くが、池の反対側すら見えなかった。
ムーミン谷に行くのも諦めて八合目小屋へ帰ることにした。

帰路、団体さんが次々を登ってくるのとすれ違うと「もう降りるのですか?」
まだ9時過ぎだった。
10時のJR田沢湖駅バスに乗車。乗ったのは二人だった。

JR田沢湖駅に到着。下界は晴れ。
この後、角館を観光した後、明日の早池峰山登山に備えて盛岡へ移動した。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2220人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ