また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2127437 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

峠ノ尾根から酉谷山避難小屋へ(往復)

日程 2019年11月28日(木) 〜 2019年11月29日(金)
メンバー
天候1日目 曇り
2日目 晴れ(気温マイナス10℃)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浦山大日堂の「ぬくもり号」待機所脇スペース利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間0分
休憩
53分
合計
5時間53分
S浦山大日堂BS09:0009:04天目山林道入口09:26地蔵峠09:3609:54新秩父線61号鉄塔10:0411:37大ドッケ12:0512:11独標1315m13:16大平山13:1713:23大クビレ13:52七跳山13:5514:32坊主山(割谷ノ峰)14:3314:53酉谷山避難小屋
2日目
山行
4時間25分
休憩
45分
合計
5時間10分
酉谷山避難小屋08:3308:34酉谷峠08:3609:05坊主山(割谷ノ峰)09:40七跳山10:09大クビレ10:2110:31大平山10:3311:29独標1315m11:34大ドッケ11:5513:04新秩父線61号鉄塔13:1213:23地蔵峠13:39天目山林道入口13:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険か所なし。
下山時、大ドッケから下がって鹿柵を右手に見る場所での進路確認が必要(道間違い注意)。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

1日目:峠ノ尾根〜七跳山〜酉谷山避難小屋を一直線。
つらかったので、この1枚のみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目:峠ノ尾根〜七跳山〜酉谷山避難小屋を一直線。
つらかったので、この1枚のみ。
2
2日目:酉谷山避難小屋
朝の外気温 マイナス10℃
小屋内室温 プラス 1℃
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目:酉谷山避難小屋
朝の外気温 マイナス10℃
小屋内室温 プラス 1℃
1
小屋の窓からのタワ尾根&富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の窓からのタワ尾根&富士山
3
小屋内は汚れ、板の間には新しい傷が複数。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内は汚れ、板の間には新しい傷が複数。
きれいにしておきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいにしておきました。
5
到着時:ゴムシートが外れており、水は採れません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着時:ゴムシートが外れており、水は採れません。
1
翌朝:取り敢えず、応急措置をしたので当面はOKか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝:取り敢えず、応急措置をしたので当面はOKか。
5
ゴムシート部分を「しっかり」と塞がないとだめです。
(と言っても、分かってもらえない人も・・・。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴムシート部分を「しっかり」と塞がないとだめです。
(と言っても、分かってもらえない人も・・・。)
1
なぜ、こうしないといけないか、想像を巡らせましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜ、こうしないといけないか、想像を巡らせましょう。
昨晩、2cmほどの降雪を見ました。毛布があるので、緊急避難する方にはありがたいことでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨晩、2cmほどの降雪を見ました。毛布があるので、緊急避難する方にはありがたいことでしょう。
4
かゑるさんがツイッターで「一杯水避難小屋」「酉谷山避難小屋」について、何やら意味深なことを書いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かゑるさんがツイッターで「一杯水避難小屋」「酉谷山避難小屋」について、何やら意味深なことを書いていました。
毛布を目の敵にする人がいるようですが、特に厳冬期はなにかと使い勝手がよろしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛布を目の敵にする人がいるようですが、特に厳冬期はなにかと使い勝手がよろしいです。
1
長沢背稜に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢背稜に出ます。
1
愛らしい小屋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛らしい小屋です。
2
コース全体を通じてアイゼン等は、今回は、必要なしでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース全体を通じてアイゼン等は、今回は、必要なしでした。
1
ただし、落ち葉に隠れた木の根に注意が必要です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただし、落ち葉に隠れた木の根に注意が必要です。
4
大平山への登り口です。ずるして、右手の林間にある林道を巻く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山への登り口です。ずるして、右手の林間にある林道を巻く。
3
林道の取り付きにはロープが張られています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の取り付きにはロープが張られています。
1
七跳山〜大平山〜大ドッケ間の踏み跡は不明瞭、標識・テープ類はないとの認識が「良」。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七跳山〜大平山〜大ドッケ間の踏み跡は不明瞭、標識・テープ類はないとの認識が「良」。
大ドッケからしばらく下りたところで単独の男性
とスライド。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ドッケからしばらく下りたところで単独の男性
とスライド。
いい雰囲気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい雰囲気です。
2
前回、ツキノワグマ3頭に出会ったところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回、ツキノワグマ3頭に出会ったところ
鉄塔に出れば地蔵峠はすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔に出れば地蔵峠はすぐ。
秘密の花園に続く道に出て一安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秘密の花園に続く道に出て一安心
上の画像の場所から秘密の花園方向を見る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の画像の場所から秘密の花園方向を見る。
1

感想/記録

前回(10/30)の峠ノ尾根〜酉谷山避難小屋に続き、同じコースで往復。前回と比べ、登りでは30分短縮、下りでは休憩時間を多く取って25分の超過というタイムでした。

到着時、水はがコップででも採れない状態だったので応急修理しました。
毎年冬場は水が涸れる傾向にあるほか、ゴムシートの状態が悪くなって水が採れなくなることがままありますので、保険として水の担げが必要です。

なぜグレーチングで水場をしっかり塞がないとだめなのかという簡単なことが分からない人がいる以上、水の確保は保証されません。


訪問者数:406人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ