また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 21358 全員に公開 沢登り 日高山脈

トヨニ岳・ヌピナイ→豊似川

情報量の目安: B
-拍手
日程 1985年09月06日(金) ~ 1985年09月09日(月)
メンバー , その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

9月6日ヌピナイ川左俣→二股C1
9月7日停滞C1=C2
9月8日停滞C2=C3
9月9日C3→トヨニ北面直登沢→トヨニ岳→トヨニ川左又→大庭牧場
コース状況/
危険箇所等
この夏の僕らのパーティーの本来の計画は2分割された。その後半がヌピナイ左俣からのトヨニ岳北面直登沢だ。1回目の後、みんなは東北の沢登りにでかけたり、僕は彼女とドライブ中、車をぶつけて壊したりでいろいろあって、一段落した9月の半ば、4人そろって再び十勝の大樹へ。この頃はまだ国鉄広尾線がのどかに走っていた。二股の天場まで1日。小高い岩の上にテントを張ったが翌日はひどい雨で沢は増水。その翌日も水が減らず、結局2日間ここで寝て過ごした。

さて気を取り直して出発。トヨニ北面は滝ばかり、うわさの7段の滝までは良かったが、これでもかこれでもかと底なしに滝がでてきていいかげんににもう飽きた。やっとピークについたが、やはりいつものようにガス。このパーティーは準備山行を通してついに一度もピークでの眺望無しという記録を貫徹した。

トヨニ川をかけ下り、ルームお馴染みの大庭さんの農場で一晩世話になった。大庭さんの牧場は最終人家のある集落で、この川を下る部員は皆挨拶をした。ご飯を食べさせてくれて、何日か畑仕事を手伝って来る者もいた。おばさんは豪快な気質の上、きさくで、働き者だ。自分のやりたい農業を知っていた。学生の僕らに、私のやりたい農業はこんな農業だ、という話をしてくれた。それは誰が作ったのか分からないたくさんの作物を大量に作るのではなくて、顔の知れた人に味わってもらいたいという夢だった。ドンブリに山盛りのご飯、その上に山盛りのカレーをかけた晩ご飯をごちそうしてくれた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1407人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント ガス 左俣 テン 直登 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ