また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2146287 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

南ア小河内岳・烏帽子岳 三伏冬季小屋泊 絶景と鍋を楽しんだ(^^♪

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年12月14日(土) 〜 2019年12月15日(日)
メンバー , その他メンバー5人
天候初日 晴れのち曇り風が強くなり小雪
二日目 快晴 風はほとんど無し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳥倉林道ゲート前駐車場
トイレは閉鎖されているようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間35分
休憩
1時間40分
合計
7時間15分
S鳥倉林道ゲート(駐車場)06:5507:37鳥倉林道登山口07:4408:49豊口山のコル08:5009:42ほとけの清水09:4810:20塩川・鳥倉ルート合流点10:3210:50三伏峠小屋11:4812:03三伏山12:0412:53本谷山13:0713:50三伏山13:5114:10三伏峠小屋
2日目
山行
7時間14分
休憩
2時間19分
合計
9時間33分
三伏峠小屋05:5006:37烏帽子岳06:4707:46前小河内岳07:5008:44小河内岳08:4808:52小河内岳避難小屋09:5109:54小河内岳10:47前小河内岳10:4811:34烏帽子岳11:5312:26三伏峠小屋13:0313:15塩川・鳥倉ルート合流点13:1613:34ほとけの清水14:07豊口山のコル14:39鳥倉林道登山口14:4315:23鳥倉林道ゲート(駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三伏峠への登山道;6合目くらいから圧雪・凍結が現れます。チェーンスパイクで問題ありませんでした。
三伏峠→本谷山:圧雪路。時折深く、踏み抜きすることがありました。チェーンスパイクで問題ありませんでした。
三伏峠→小河内岳:烏帽子岳から小河内岳までの稜線で雪が安定しておらず踏み抜きに苦労した箇所がありました。チェーンスパイクで問題ありませんでした。
これからは雪の量が増えてきますので、くれぐれも装備の選択に留意してください。 
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ テントマット シェラフ

写真

鳥倉登山口の駐車場を利用しました。
トイレは閉鎖されているようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥倉登山口の駐車場を利用しました。
トイレは閉鎖されているようです。
退屈な3kmの林道を行きます。
今回は7人のパーティです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
退屈な3kmの林道を行きます。
今回は7人のパーティです。
途中、目的地小河内岳が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、目的地小河内岳が見えます。
1
やがて林道の途中で登山口へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて林道の途中で登山口へ。
三伏峠までは1/10単位で標識があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠までは1/10単位で標識があります。
五合目で一休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目で一休み。
六合目付近から雪が現れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目付近から雪が現れます。
ほんの少ししか出ていません。
冬季は凍り付いてしまうでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんの少ししか出ていません。
冬季は凍り付いてしまうでしょう。
1
8合目付近は程よい圧雪状態でチェーンスパイクで歩きやすかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目付近は程よい圧雪状態でチェーンスパイクで歩きやすかったです。
あと200歩ですが、もっとかかってしまいました(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと200歩ですが、もっとかかってしまいました(笑)
三伏峠。
午後から天気が荒れてきそうなので、三伏冬季小屋に泊まることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠。
午後から天気が荒れてきそうなので、三伏冬季小屋に泊まることにしました。
塩見岳方面に行ってみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳方面に行ってみました。
三伏山はすぐそば。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏山はすぐそば。
2
塩見岳も雲に隠れてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳も雲に隠れてきます。
1
富士山の頭がほんのちょっと見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の頭がほんのちょっと見えます。
3
本谷山で引き返しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷山で引き返しました。
夕食は鍋を楽しみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は鍋を楽しみました。
2
二日目早朝、月明かりの中、小河内岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目早朝、月明かりの中、小河内岳へ。
日本で一番高い烏帽子岳
この日は寒すぎない晴天(^^♪
抜群の眺めを楽しめました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本で一番高い烏帽子岳
この日は寒すぎない晴天(^^♪
抜群の眺めを楽しめました。
4
富士山がきれいに見えます(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がきれいに見えます(^^♪
8
目指す小河内岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す小河内岳方面
4
乗鞍岳から北アルプス方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳から北アルプス方面
2
朝日が顔をのぞかせました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が顔をのぞかせました。
9
小河内岳を目指します!
基本圧雪路なのですが時折ハイ松の踏み抜きに煩わされます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳を目指します!
基本圧雪路なのですが時折ハイ松の踏み抜きに煩わされます。
2
小河内岳に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳に到着!
3
綺麗で素敵な小屋(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗で素敵な小屋(^^♪
3
冬季の出入り口も完璧
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季の出入り口も完璧
小屋の正面に富士山がきれいに見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の正面に富士山がきれいに見えます。
2
小屋で休んでピストンで帰ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋で休んでピストンで帰ります。
2
もうすぐ三伏小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ三伏小屋。
1
小屋で荷物を回収して下山開始。
積雪は増えておらず、昨日同様の路面コンディション。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋で荷物を回収して下山開始。
積雪は増えておらず、昨日同様の路面コンディション。
3kmの林道をこなして駐車場へ。
楽しい山行でした(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3kmの林道をこなして駐車場へ。
楽しい山行でした(^^♪

感想/記録

今回は7人のグループで避難小屋泊、小河内岳を目指します。
鳥倉登山口を出発。途中、小河内岳を拝むことができました。
林道途中から登山道へ。1/10刻みの表示板に励まされながら登っていきます。
六合目付近から登山道に雪が現れ、チェーンスパイクを装着。今回はずっとチェーンスパイクでいきましたが、特に問題はありませんでした。
水場はちょろちょろ流れる程度。1L汲むのにも時間がかかりそうでした。これからの季節は凍結しそうです。

三伏小屋に到着。午後から天気が崩れそうなので冬季小屋に宿泊することにして、荷物をデポして塩見岳方面へ。本谷山まで往復して夕食。鍋でぜいたくに楽しみました。夕方の外気温-5℃。小屋内は朝の気温で6℃。暖かく過ごせました。

二日目は小河内岳へ。まずは烏帽子岳。山頂からの絶景と日の出を楽しみます。
今の時期にしては寒くなく、じっとしていても大丈夫。
時折現れる踏み抜き地帯に苦労しながら小河内岳へ。さらに近づいた富士山を楽しんで避難小屋へ。比較的新しくきれいな小屋。ここでお湯を沸かしてコーヒーとパンで一休み。
ピストンで三伏小屋へ。荷物を回収して下山開始。ちょっと荷物が重い(笑)
退屈な林道を歩き切ると鳥倉登山口。無事に登山終了。
おおむね天候に恵まれて楽しい山行でした(^^♪
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:444人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ