また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2158404 全員に公開 ハイキング近畿

鶏冠山、竜王山

日程 2019年12月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上桐生の近江湖南アルプス自然休養林駐車場を利用しました。
冬は(12月〜3月)無料です。
因みに春から秋(4月〜7月中旬は土日祝のみ、7月下旬〜11月は全日)は有料です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間51分
休憩
13分
合計
3時間4分
S上桐生駐車場08:1408:28北谷線への分岐08:33分岐(K1)08:3408:53鶏冠山08:5509:05分岐(K6)09:31天狗岩09:3309:44耳岩09:4609:51白石峰10:02竜王山10:0410:15白石峰10:22国見岩10:2410:30狛坂磨崖仏10:3110:40出合11:05逆さ観音11:0611:11オランダえん堤11:18上桐生駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
上桐生駐車場8:14→北谷線への分岐8:28→分岐(K1)8:33→鶏冠山8:53(水分補給)→分岐(K6)9:05→天狗岩9:31→耳岩9:44→白石峰9:51→茶沸観音→竜王山10:02(水分補給)→茶沸観音→白石峰10:15→重ね岩→国見岩10:22→狛坂磨崖仏10:30→南谷林道出合10:40→逆さ観音11:05→上桐生駐車場11:18着でした。
コース状況/
危険箇所等
落ヶ滝線と北谷線への道(上桐生〜北谷線への分岐〜K1)、一部渡渉有り、北谷線への分岐からは沢に近い道で荒れ気味です。
北峰縦走線(K1〜鶏冠山)、急坂有り、ザレ気味。
北峰縦走線(鶏冠山〜K6)、急坂有り、足元注意。
北峰縦走線(K6〜天狗岩〜耳岩〜白石峰)、ザレ地多い。
北峰縦走線(白石峰〜竜王山)、ザレ地多い、一部コンクリ階段が崩れ気味。
狛坂線(白石峰〜出合分岐)、岩場と階段多し、中盤僅かに倒木有り、終盤は沢に近い道で足元注意。
南谷林道(出合分岐〜上桐生)、未舗装林道と舗装林道で歩き易い。
その他周辺情報トイレは上桐生の駐車場、キャンプ場(各所)に有ります。
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック 1個 ジュラ28
予備電池 2本 単三
ヘッドランプ 1個
コンパス 1個
GPS 1個
カメラ 2個
雨具 1枚
飲料 1.0L 炭酸水、お茶
個人装備品
数量
備考
ロールペーパー 適量
タオル 2枚
携帯電話 1個
サバイバルシート 1個 半身用
適量
折り畳み傘 1本
手袋 1式

写真

今朝は寒くて葉っぱに霜が降りています。
2019年12月29日 08:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝は寒くて葉っぱに霜が降りています。
4
北谷線への短絡道には倒木あり。
2019年12月29日 08:31撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北谷線への短絡道には倒木あり。
1
急坂の途中で振り返れば好展望が望める。
2019年12月29日 08:43撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂の途中で振り返れば好展望が望める。
4
鶏冠山北側ピークより栗東トレセンと三上山方面を望む。
2019年12月29日 08:48撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山北側ピークより栗東トレセンと三上山方面を望む。
4
朝陽が心地好い。
2019年12月29日 08:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽が心地好い。
2
鶏冠山到着。
2019年12月29日 08:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山到着。
3
北峰縦走線より鶏冠山を振り返る。
2019年12月29日 09:12撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰縦走線より鶏冠山を振り返る。
3
北峰縦走線より鶏冠山と瀬田方面を望む。
2019年12月29日 09:19撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰縦走線より鶏冠山と瀬田方面を望む。
3
北峰縦走線より天狗岩を望む。
2019年12月29日 09:20撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰縦走線より天狗岩を望む。
3
北峰縦走線より瀬田方面を望む。
2019年12月29日 09:25撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰縦走線より瀬田方面を望む。
5
天狗岩より三上山、十二坊方面を望む。
2019年12月29日 09:32撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩より三上山、十二坊方面を望む。
5
天狗岩より鶏冠山、三上山方面を望む。
2019年12月29日 09:32撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩より鶏冠山、三上山方面を望む。
4
天狗岩より新名神、田上方面を望む。
2019年12月29日 09:33撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩より新名神、田上方面を望む。
7
北峰縦走線より天狗岩を振り返る。
2019年12月29日 09:38撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰縦走線より天狗岩を振り返る。
6
耳岩近くより天狗岩、鶏冠山、三上山を望む。
2019年12月29日 09:41撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
耳岩近くより天狗岩、鶏冠山、三上山を望む。
2
耳岩より新名神、田上方面を望む。
やたらとパトカーの音が響いていたのは新名神で事故でもあったのかな?
2019年12月29日 09:44撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
耳岩より新名神、田上方面を望む。
やたらとパトカーの音が響いていたのは新名神で事故でもあったのかな?
3
耳岩を仰ぎ見る。
2019年12月29日 09:46撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
耳岩を仰ぎ見る。
4
穏やかな茶沸観音。
2019年12月29日 09:53撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな茶沸観音。
5
竜王山に到着。
2019年12月29日 10:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜王山に到着。
3
竜王山より栗東市街、三上山方面を望む。
よく晴れて比良山系の山々も見えています。
2019年12月29日 10:04撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜王山より栗東市街、三上山方面を望む。
よく晴れて比良山系の山々も見えています。
5
国見岩より天狗岩、鶏冠山、三上山を望む。
2019年12月29日 10:22撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岩より天狗岩、鶏冠山、三上山を望む。
1
国見岩より新名神、田上方面を望む。
2019年12月29日 10:23撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岩より新名神、田上方面を望む。
2
歴史ある狛坂磨崖仏。
2019年12月29日 10:31撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歴史ある狛坂磨崖仏。
4
南谷林道に出ます。
2019年12月29日 10:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南谷林道に出ます。
1
赤い実が残る。
2019年12月29日 10:51撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い実が残る。
4
倒木注意。
2019年12月29日 10:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木注意。
1
逆さ観音にご挨拶して帰路に就きます。
2019年12月29日 11:05撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆さ観音にご挨拶して帰路に就きます。
5

感想/記録

年末は慌ただしくやる事が多く、おまけに仕事も忙しくてなかなか山へ行けず。

家の大掃除もなんとか済ませ、山納めで鶏冠山、竜王山と歩く事にします。

休日で道路も空いており、上桐生の一丈野駐車場に8:05着、ここに車を停めます。
ちなみに冬季(12月〜3月)は無料です。

ルートは北谷線短絡道より北峰縦走線と歩きますが谷沿いでは霜が降りて冬を感じます。
急坂になれば一気に体も熱くなり止まらず進みます。

稜線に出れば坂が緩み楽になり少し登れば鶏冠山に着きます。
軽く水分補給をして出発、下りは足元注意です。

分岐(K6)からは緩やかなアップダウンを繰り返し展望を愉しみつつ歩きます。
天狗岩でも青空の下で草津市街は勿論のこと、三上山から十二坊の山々、遠くには比良山系の山々も良く見えました。

次は耳岩でも展望を愉しみ、白石峰経て竜王山へ向かいます。
途中で茶沸観音にご挨拶して軽いアップダウンをこなし竜王山到着です。

木々の隙間から展望を愉しみ、軽く水分補給を済ませば下山します。
白石峰に戻り南谷林道方面へ下ります。

国見岩でも展望を愉しみ、狛坂磨崖仏にご挨拶をして南谷林道に出ます。
ここからは林道歩きですが僅かに倒木が残るので御用心です。

そして逆さ観音にもご挨拶をして上桐生へと至りました。

今年の山登りを振り返ると仕事の影響もあって回数が減ってしまった。
また体重増加が進行中で何とかせねばと思うも性格的にだらだらと流されそうな?

まあ私自身は怪我なく過ごせたので前向きに考え来年も愉しく山登りをしたいですね。
訪問者数:156人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 ザレ 渡渉 倒木 出合 クリ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ