また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2170705 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

高畑山〜倉岳山(浜沢から周回)

日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
 fuji3d(記録)
天候はれ
https://tenki.jp/past/2020/01/05/satellite/japan-near/
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道の上野原ICのゲートを出たら、「大月・秋山」方面へ左折して、県道35号を道なりに走ります。三つ目の隧道となる秋山隧道を抜けた先の変則三叉路を右へ。道なりに10km走ると「アオゲラの森キャンプ場入口」の看板があるので左折して、右に給食センターを見遣りつつ右折すると、運動場の手前に駐車場があります。少年野球をしていたので、入口脇に控えめに駐めました。左にwcがあります
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間57分
休憩
30分
合計
4時間27分
Sスタート地点09:0609:24無生野バス停09:2509:32穴路峠方面取付地点09:3410:23穴路峠10:26天神山10:50雛鶴分岐10:54高畑山11:16天神山11:19穴路峠11:40倉岳山11:5512:23立野峠12:3513:31浜沢バス停13:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●アオゲラの森キャンプ場入口〜穴路峠登山口
県道35号を車の邪魔にならぬよう端っこをとことこ歩きます(交通量は、少ない。)
「穴路峠・倉岳山→」の道標に従って、沢沿いに右に入り、猪柵を開閉して、登山開始、です

●穴路峠登山口〜穴路峠
杉の枝の散乱した簡易舗装路をしばし登ります。右に建屋を見遣って進むと、舗装が終了して、暗い植林帯を登ります。土壌が流されて岩岩で荒れてますが、基本、沢の左側を道型を追って登ります。まあ、ぎりぎり実線、という感じ。やがて、登山路の荒れが収まりますが、超絶地味な植林帯を登ることは同じ。被写体は、ありませんw
登山路を塞ぐ倒木は、三本、順に、‘麕椶隆屬鯣瓦韻襦↓∪る、8戮亜△把眠瓩靴泙

●穴路峠〜天神山〜高畑山
向きを西に変えて、歩き易い稜線を西へ向かうと、すぐに天神山です。北側の展望が得られます。ちょと下って、70m急登すると、雛鶴峠分岐です。その先、ほぼ水平移動で、すぐに高畑山にとうちゃこ。富士山が見られます(富士山しか見えません。自然に優しい伐採です^^)

●高畑山〜天神山〜穴路峠〜倉岳山
穴路峠まで戻ったら、尾根を急登、ちょと緩んで、再び急登、で倉岳山とうちゃこ。落葉の量が少なく、路面はしっかり見えます。

●倉岳山〜立野峠
始めは南に、やがて西に下りだします。方向、違うんじゃね?と些か不安になりますが、すぐに南東に向きが変わって、一安心。立野峠まで、若干の緩急ありますが、歩き易い道です。とは言え、数本の倒木が道を塞ぎます。立野峠で行動食のかりんとうをぼりぼり貪りながら、御姉さんハイカーと10minほど立ち話したのですが、「今朝は寺下峠から歩いたのよ。倒木凄かったわよー」だそうな

●立野峠〜740m圏「立野峠→」道標分岐〜浜沢BS
さて、落ち葉道を緩やかに下ります。右に740m圏「立野峠→」道標を見遣って直進すると、すぐに尾根先端に行き当たり、二股の支尾根に分かれます。二股の右にちょと下ると先にピンクテープが見えますが、足裏が、行っちゃダメ、と主張するので、尾根先端に登り返して、二股の左にちょと下ると、やはり先にピンクテープが見えます、が、やはり足裏が、これも違うよ、と主張するので、また尾根先端に登り返します。

こういうときは、と740m圏「立野峠→」道標に戻ります。すると、そこが分岐だったことに気付きます。さらに、左へ分かれていく道の足許が枯れ枝を積んだバリケード(ご丁寧に、ピンクテープまで巻かれてます)で中途半端に封じられてることを認識します。で、目を上げると、左へ分かれていく道をすぐ先で塞ぐ豪快な倒木に気付き、しばし、ほう、と眺めます。すると、このバリケード、倒木あるから通れませんよー、という親切な警告なんですかね?でもさ、ここを左に入らずに直進したら、二股の支尾根ですぐ行き詰まることは、たった今、体験済なんだよねw

ギリギリdocomoの電波が届いてるので、時間を使って先人の山行記録(ありがたや!)を拝読。私と逆に浜沢から登った記録でしたが、いずれも、眼前の倒木をこちらに越えて、この「立野峠→」道標分岐に到達してるとしか見えません。ということで、足許のバリケードは見なかったことにしてw、正面の倒木へ向かいます。右から潜ります。その先、倒木を何本か遣り過ごし、道型を追って、沢沿い(初めは涸沢、やがて、ちょろちょろ)を下ります。下りるに従い、土壌が流されてて路面が荒れだすのは、往路の穴路沢沿いの登山路と同じ。でも、難儀することなく、浜沢の集落に降り立ちます(やれやれ。)あとは、道路をちょと歩けば、アオゲラの森キャンプ場入口です^^

バリケードの趣旨は、謎です。山にはたくさん謎があります。。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 日焼け止め 保険証 携帯 タオル ストック ナイフ カメラ

写真

おはよーございます。穴路峠の手前で漸く植林帯を抜けて、明るい落葉樹林帯に出ました^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはよーございます。穴路峠の手前で漸く植林帯を抜けて、明るい落葉樹林帯に出ました^^
9
穴路峠から西に向かうと、すぐに天神山。北側に、小金沢連嶺の好展望が得られます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴路峠から西に向かうと、すぐに天神山。北側に、小金沢連嶺の好展望が得られます
19
百蔵山〜扇山の奥に権現尾根。最奥には、笠取〜飛龍〜雲取の奥秩父主稜線が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百蔵山〜扇山の奥に権現尾根。最奥には、笠取〜飛龍〜雲取の奥秩父主稜線が見えました
10
高畑山まで、歩き易い尾根道を行きます♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山まで、歩き易い尾根道を行きます♪
3
と思ったら、最後に急登が待ってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、最後に急登が待ってました
2
ふう、高畑山登頂。日本一がにっこりと迎えてくれます^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふう、高畑山登頂。日本一がにっこりと迎えてくれます^^
34
さて、倉岳山に向かいますか。左奥のイケメンくん、前道志一の人気者です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、倉岳山に向かいますか。左奥のイケメンくん、前道志一の人気者です
1
のんびり歩けるプロムナードもあるんですが。。
こちらを「代表写真」にします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびり歩けるプロムナードもあるんですが。。
こちらを「代表写真」にします
18
やっぱりね、の急登に喘ぎます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりね、の急登に喘ぎます
2
ふう、倉岳山登頂。ここでも、鹿留を従えて、日本一がにっこり^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふう、倉岳山登頂。ここでも、鹿留を従えて、日本一がにっこり^^
37
左に秀峰今倉山も添えて、パチリ
風がなくて何より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に秀峰今倉山も添えて、パチリ
風がなくて何より
6
ここは、北側の展望も得られます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは、北側の展望も得られます
8
つんつんした滝子山。浜立尾根の左に、端正なお坊東峰。間に僅かに覗く白嶺は、甲斐駒〜アサヨかしら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つんつんした滝子山。浜立尾根の左に、端正なお坊東峰。間に僅かに覗く白嶺は、甲斐駒〜アサヨかしら
8
のんびりした百蔵山の奥に、泣坂・大峰の急峻タッグ。最奥の木賊〜破風〜雁坂嶺は、そこそこ積雪ありそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびりした百蔵山の奥に、泣坂・大峰の急峻タッグ。最奥の木賊〜破風〜雁坂嶺は、そこそこ積雪ありそう
9
ちょと引きます。泣坂・大峰の左に伸びる楢ノ木尾根は、雁ヶ腹摺に繋がります。最奥は、奥秩父主稜の木賊〜三ッ山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょと引きます。泣坂・大峰の左に伸びる楢ノ木尾根は、雁ヶ腹摺に繋がります。最奥は、奥秩父主稜の木賊〜三ッ山
12
立野峠に下りる途中、落葉樹林越しに、高畑山と天神山を望むことができました。ありがとねっ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立野峠に下りる途中、落葉樹林越しに、高畑山と天神山を望むことができました。ありがとねっ
5

感想/記録
by fuji3d

明けましておめでとうございます

am7に目覚めたら、あれ、晴れてる、富士山ばっちり、で、急遽、山行することに。完全に出遅れたので、近場で土地勘あるところ、ということで中央道を上野原に向かいます。とは言え、この山域を歩いたのは、ひと昔前の話。道迷いしながら、のんびり歩きましたが、それでも、今日は渋滞のない特異日ですwので、3pmに家に帰り着きました。大きな富士山を見て、いつも中央道で素通りしてる権現一派に挨拶して、というのが目的でしたので、それを果たして、めでたし、めでたし^^

皆様、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

fuji3d
訪問者数:350人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ