また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2170837 全員に公開 ハイキング 赤城・榛名・荒船

桐生アルプス (鳴神山〜吾妻山)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候午前: 薄晴れ 午後: 晴れ
・夕方まで小雪がハラハラ舞ってた。(積もる程ではない)
・西風強い。13時頃で気温0℃。
アクセス
利用交通機関
電車バス
■往路
JR常磐線/東武
 日暮里6:07→北千住/→足利市7:54
(徒歩 16分)
JR両毛線 足利8:22→桐生8:39
おりひめバス 川口線
 桐生駅北口9:00→吹上9:29
■復路
JR両毛線/宇都宮線
 桐生16:40→小山→赤羽18:48
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間38分
休憩
1時間15分
合計
6時間53分
S吹上バス停09:3409:51駒形登山口10:47肩の広場10:53鳴神山11:0811:10肩の広場11:50市畑三角点 /11:5312:08三峰山13:04大形山13:0514:22女山14:2514:37吾妻山15:3015:49トンビ岩15:55吾妻山登山口16:27桐生駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆積雪  鳴神山までの登路(谷地形)、および縦走路北部では、積雪1cmくらい。凍結はなく、軽アイゼン使うような所はなし。市畑三角点辺りまで下ると、大して気にならない程度になる。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

吹上バス停よりスタート。
2020年01月05日 09:33撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹上バス停よりスタート。
20分ほど歩いて鳴神山・駒形登山口。
2020年01月05日 09:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど歩いて鳴神山・駒形登山口。
最初の樹林帯を抜けると雪。
2020年01月05日 10:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の樹林帯を抜けると雪。
1
水場ありましたがフタしてました...
2020年01月05日 10:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場ありましたがフタしてました...
肩の広場
2020年01月05日 10:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の広場
鳴神山山頂(仁田山岳)。薄晴れだが、雪が舞ってる。
2020年01月05日 10:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴神山山頂(仁田山岳)。薄晴れだが、雪が舞ってる。
雷神岳神社
2020年01月05日 11:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷神岳神社
1
北の方角の眺め。雪が降ってるせいか少し霞んでる
2020年01月05日 10:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の方角の眺め。雪が降ってるせいか少し霞んでる
南へ縦走開始。標高850m位まで下ると、路面の残雪も避けて歩ける程度に減った
2020年01月05日 11:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南へ縦走開始。標高850m位まで下ると、路面の残雪も避けて歩ける程度に減った
市畑三角点
薄日はさしているのだが、風が木々を揺らすゴーゴーという音が不気味。
2020年01月05日 11:50撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市畑三角点
薄日はさしているのだが、風が木々を揺らすゴーゴーという音が不気味。
三峰山。広めの山頂だけど、風が通って寒い
2020年01月05日 12:10撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山。広めの山頂だけど、風が通って寒い
前にデカい山が立ちはだかる (大形山)
2020年01月05日 12:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前にデカい山が立ちはだかる (大形山)
大形山。この辺りから、木々越しながら、下の街が見えだす
2020年01月05日 13:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大形山。この辺りから、木々越しながら、下の街が見えだす
やっと木々越しでない開けた眺望にめぐり会う。
青空の下、なおも降雪中
2020年01月05日 13:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと木々越しでない開けた眺望にめぐり会う。
青空の下、なおも降雪中
左側 (南東)もちゃんと見えはじめた。
2020年01月05日 13:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側 (南東)もちゃんと見えはじめた。
1
山名不明なピーク (標高480m)。”関東ふれあいの道”の案内板や標石。
2020年01月05日 13:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名不明なピーク (標高480m)。”関東ふれあいの道”の案内板や標石。
1
吾妻山に到着。展望台みたいな山頂。途切れることなく次々と散歩やジョギングの人が登ってきてた。
2020年01月05日 14:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻山に到着。展望台みたいな山頂。途切れることなく次々と散歩やジョギングの人が登ってきてた。
1
関東平野を一望。ここでも雪がハラハラ舞ってました。
2020年01月05日 15:05撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関東平野を一望。ここでも雪がハラハラ舞ってました。
1
富士山、霞みながらも先端が見えた
2020年01月05日 15:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、霞みながらも先端が見えた
2
東京の高層ビル群。うまく撮れなかったけどスカイツリーも見えました
2020年01月05日 14:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京の高層ビル群。うまく撮れなかったけどスカイツリーも見えました
山頂は広め
2020年01月05日 14:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は広め
街に向かって下りていく。
(写真はトンビ岩)
2020年01月05日 15:50撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街に向かって下りていく。
(写真はトンビ岩)
1
暗くなるまでに踏破できた
2020年01月05日 16:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗くなるまでに踏破できた
1

感想/記録

・ヤマレコのマイマップで関東周辺を眺めてたら、栃木日光周辺の南側には、山塊があるのに全然足を踏み入れてないことに気付きました。赤線の空白地帯。東京から交通アクセスよさそうだし、標高低くて雪少なそう。ガイド本から見繕って、雪多そうな北斜面の登りがなく、南斜面をゆっくり縦走できそな桐生アルプスを選んでみました。

・青空も見えてて日差しもあるのに、ほぼ終日小雪がハラハラ降ってました。夕方吾妻山に至っても、まだ舞ってました。また、西風がずっと吹き付けてきて大変寒かったです。北西方向はどんより曇ってましたし、これが名物・赤城おろし?一方、関東平野側は気持ちよく晴れて東京都心のビル群やスカイツリー、さらには丹沢や富士山まで見えてました。

・鳴神山は、下調べ不足で双耳峰ということを知らず、桐生岳に行きそびれました。残念。コルで[桐生岳→]の行先表示は見たけど鳴神山と関係ない別の山だと思ってスルー。今にして思えば、途中で追い越した人達が誰も(仁田山岳に)登ってこないなぁと思ってたら、みんな桐生岳に行ってたんでしょうね...
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:426人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ