また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2170841 全員に公開 トレイルラン 九州・沖縄

茶臼山-新城-牛斬山-香春岳 城址縦走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
小倉までの往復はよかよか切符(3,150円)
往路は呼野、復路は採銅所から乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
31分
合計
4時間38分
S呼野駅08:4609:21茶臼山09:3609:49新城09:5210:18金満山11:07牛斬山11:1012:04香春岳(三ノ岳)12:0812:28香春岳 二ノ岳12:3413:24JR採銅所駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 防寒着 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

呼野駅。トイレがなかった。
2020年01月05日 08:53撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
呼野駅。トイレがなかった。
島村志津摩の碑
2020年01月05日 09:14撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島村志津摩の碑
茶臼山山頂
2020年01月05日 09:33撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山山頂
新城山頂手前の堀切
2020年01月05日 09:57撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新城山頂手前の堀切
新城山頂
2020年01月05日 09:58撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新城山頂
金満山。余りピーク感がなかった。
2020年01月05日 10:26撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金満山。余りピーク感がなかった。
牛斬山。
2020年01月05日 11:17撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛斬山。
五徳峠。
2020年01月05日 11:49撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五徳峠。
香春岳三ノ岳。17年以上振り。
2020年01月05日 12:13撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
香春岳三ノ岳。17年以上振り。
香春岳二ノ岳。
2020年01月05日 12:37撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
香春岳二ノ岳。
撮影機材:

感想/記録
by hansu

呼野駅で下車したのは私だけ。金辺峠まで走る。間違って閉鎖されている旧トンネルに進み引き返す。登山者1人に会ったが、この後、主稜線まで誰にも会わず仕舞だった。登山口からしばらく急傾斜の登りが続き、きつい。そのうち、城址の跡らしい雰囲気になったかと思うとあっという間に山頂。南東尾根にも遺構があるので、一旦引き返し、別尾根に入る。赤テープがあったので歩いている人もいるようだ。
 山頂に引き返し、新城へ。急激なアップダウンもなく、こもれび別れとの分岐から少し行くと新城。山頂手前の堀切は素晴らしい。すぐに引き返し、ひたすら尾根道をアップダウン。ガーミンでナビゲートしているとはいえ、香春道草の会の黄色い標識が頻繁にあるお陰で安心して歩ける。牛斬山ー福智山の主稜線に出る手前で、名前の割りに地味な金満山に到着。
後は高度をひたすら上げると主稜線に出た。人の気配はない。寒い中、おにぎりを1つ食べ下りだすと、ソロの登山者とすれ違った。ここからは下りは走り、登りも頑張れるだけ頑張る。
岩屋分れに着くと、堀切が残っていた。いったん、牛斬山へ。ここも手前に堀切が残っていた。山頂手前と山頂で登山者と遭遇。山頂から香春岳を始めに英彦山など綺麗に見渡せた。周防灘も近い。
岩屋分れに戻ったところで牛斬山頂から計測忘れに気付く。牛斬峠へ向かうとすぐに遺構があった。こちらは薄っすら。五徳峠へしばらく行くと、堀切が綺麗に残っていた。五徳峠へ向かい出し、そのまま下らずに香春岳に久々に登ろうと計画変更。
 岩登りコースで直登。石灰岩を含んだ岩なので滑りにくく登りやすいが、岩登りが長いので、ファミリーコースが無難だろう。最後は手に力が入らなくなった。下りはファミリーコースで、そのまま二ノ岳へ向かう。人枡の遺構も藪で確認できず、二ノ岳付近の石塁も時代がよく分からなかった。惜しむらくは、消滅した、一ノ岳山頂と二ノ岳の間にあった遺構群である。
五徳峠で採銅所の発車時刻を見たら24分後で、間に合うか見当も付かないがとりあえず走ってみることにした。旧街道に出るまでは下りで一気に下れ、後は気合で走り切り、7分前に到着。無事に乗れて早く帰宅できた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:145人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ