また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2171491 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

相馬山・東尾根/伊香保温泉より

日程 2019年12月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
ヤセオネ峠に自転車をデポしてから、伊香保温泉・河鹿橋駐車場に車を停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
2時間1分
合計
7時間25分
S伊香保温泉・もみじ橋 二ツ岳登山口05:3007:15雄岳07:3008:09東尾根取付“登山禁止の看板”08:1210:27相馬山12:0512:31相馬山の鳥居12:3612:52黒髪山神社の鳥居12:55ヤセオネ峠バス停(駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回の目的は東尾根を経ての相馬山登山ということで、主に東尾根〜相馬山山頂にかけて多く撮影時間を掛けています。山頂では晴れ待ちのために滞在時間が伸びました。
コース状況/
危険箇所等
相馬山・東尾根は取付きに“登山禁止”の標識があり、事実上のバリエーションルート状態?
ただし踏み跡明瞭、マーキング豊富。鎖もしっかりしていました。
注意点は別尾根へのルート誤り、急峻な尾根や岩場での転滑落でしょうか。

上記、相馬山・東尾根以外は他の榛名山の山々同様に整備の行き届いた一般登山道です。
その他周辺情報伊香保温泉・露天風呂が待っています!!
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 三脚 ハイドレーションシステム 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 スパッツ グローブ 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図・山と高原地図) コンパス ガーミンGPS ラジオ 計画書 ヘッドランプ 予備電池 アマチュア無線機 ファーストエイドキット 補修キット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 登山保険証 健康保険証 スマホ 財布 サングラス タオル 一眼レフカメラ 広角ズームレンズ 望遠ズームレンズ ねんどろいど(あおい・ひなた) 6本爪アイゼン

写真

榛名山・二ツ岳登山口(800m)

2年連続で年末に伊香保にやってきました。
今日はここからスタート!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛名山・二ツ岳登山口(800m)

2年連続で年末に伊香保にやってきました。
今日はここからスタート!
二ツ岳中腹(1,000m)

二ツ岳北麓で水平道を余分に巻いてしまって遠回りしました。
二ツ岳と表示されていない指導標があったり、遊歩道が錯綜しているので注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ岳中腹(1,000m)

二ツ岳北麓で水平道を余分に巻いてしまって遠回りしました。
二ツ岳と表示されていない指導標があったり、遊歩道が錯綜しているので注意。
二ツ岳北山腹はなかなかの急坂で一汗かきます。
それと夜中から星空が見えなかったので分かっていましたが、今日の空模様はまた曇り。
最近天気の巡り合わせの当たり外れが大きい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ岳北山腹はなかなかの急坂で一汗かきます。
それと夜中から星空が見えなかったので分かっていましたが、今日の空模様はまた曇り。
最近天気の巡り合わせの当たり外れが大きい。
二ツ岳・雄岳、雌岳間のコル(1,220m)

風が通ってめちゃくちゃ寒いコルでした。
今日の主目的は相馬山ですが、二ツ岳も越えて行きたい。
期待薄だけど一応、雄岳山頂に寄っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ岳・雄岳、雌岳間のコル(1,220m)

風が通ってめちゃくちゃ寒いコルでした。
今日の主目的は相馬山ですが、二ツ岳も越えて行きたい。
期待薄だけど一応、雄岳山頂に寄っていきます。
二ツ岳・雄岳山頂(1,343m)

やっぱり雲は突き抜けませんでした。眺望無しのうえにめちゃくちゃ寒い!
出来るだけ早く退散します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ岳・雄岳山頂(1,343m)

やっぱり雲は突き抜けませんでした。眺望無しのうえにめちゃくちゃ寒い!
出来るだけ早く退散します。
また近いうちに再訪します!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また近いうちに再訪します!
雄岳では残念でしたが、雨は大丈夫そうなので予定どおりに相馬山へ向かいます。

雄岳から下りに下って、オンマ谷の東側入り口までやってきました。
眼前に見えているのがこのあと歩く相馬山東尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄岳では残念でしたが、雨は大丈夫そうなので予定どおりに相馬山へ向かいます。

雄岳から下りに下って、オンマ谷の東側入り口までやってきました。
眼前に見えているのがこのあと歩く相馬山東尾根。
相馬山東尾根入り口(1,160m)

前から気になって仕方がなかった相馬山東尾根。
調べてみると自分は登れると判断したので踏み込みます。

※ 登山全般においていえることですが自己責任です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬山東尾根入り口(1,160m)

前から気になって仕方がなかった相馬山東尾根。
調べてみると自分は登れると判断したので踏み込みます。

※ 登山全般においていえることですが自己責任です。
1
空模様だけは残念だけど冬枯れの時期なので見通しは利くし、
ヤブもクモの巣も無いのですごく歩きやすいです。

またルートを通して踏み跡明瞭でマーキングもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空模様だけは残念だけど冬枯れの時期なので見通しは利くし、
ヤブもクモの巣も無いのですごく歩きやすいです。

またルートを通して踏み跡明瞭でマーキングもあります。
1
ちょっとした岩のミニピークを通過。右奥に見えているのが相馬山。
雲が無ければ天を衝く姿が見えているはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした岩のミニピークを通過。右奥に見えているのが相馬山。
雲が無ければ天を衝く姿が見えているはず。
1
巻き道との分岐(1,160m)

比較的大きなピーク(1,220m)を迂回するための巻き道が分岐します。
巻き道はオンマ谷側の急斜面にあるし、1,220mピークを越えても大した標高差ではありません。
ということで引き続いて尾根直上を辿っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道との分岐(1,160m)

比較的大きなピーク(1,220m)を迂回するための巻き道が分岐します。
巻き道はオンマ谷側の急斜面にあるし、1,220mピークを越えても大した標高差ではありません。
ということで引き続いて尾根直上を辿っていきます。
1
1,220mピーク北端の三叉路(1,210m)

1,220mピークは南側に大きな尾根を派生させ、地形は南北に細長いです。
目的の相馬山へは目立たない踏み跡のほうを進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,220mピーク北端の三叉路(1,210m)

1,220mピークは南側に大きな尾根を派生させ、地形は南北に細長いです。
目的の相馬山へは目立たない踏み跡のほうを進みます。
1
少し下りていくとすぐに明瞭な尾根となります。
今回は曇天ということもあって、余計に緑鮮やかな時期にも歩いてみたいなと思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下りていくとすぐに明瞭な尾根となります。
今回は曇天ということもあって、余計に緑鮮やかな時期にも歩いてみたいなと思いました。
1
不動明王(1,160m)

前述の巻き道が合流してくるとまもなく不動明王に出会います。
かつては相馬山へ向けて人の行き来があったことを示しています。
雲が無ければ後方には二ツ岳が見えているはずですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動明王(1,160m)

前述の巻き道が合流してくるとまもなく不動明王に出会います。
かつては相馬山へ向けて人の行き来があったことを示しています。
雲が無ければ後方には二ツ岳が見えているはずですが。
1
不動明王を過ぎればいよいよ相馬山へ向けて急登開始!
山頂までの標高差は200mほどだけど、等高線の詰まり具合がすごいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動明王を過ぎればいよいよ相馬山へ向けて急登開始!
山頂までの標高差は200mほどだけど、等高線の詰まり具合がすごいです。
1
イルカの背びれに例えられる相馬山なので急坂です。
落ち葉でスリップしないよう注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イルカの背びれに例えられる相馬山なので急坂です。
落ち葉でスリップしないよう注意。
1
雲の中に入って深山幽谷の様相になってきました。
尾根も痩せた箇所が出てきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の中に入って深山幽谷の様相になってきました。
尾根も痩せた箇所が出てきます。
1
クサリ場1(1,320m)

滑らかで足場に乏しい岩肌に垂れ下がったクサリ。
でも右側の岩溝が登りやすいと気づきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場1(1,320m)

滑らかで足場に乏しい岩肌に垂れ下がったクサリ。
でも右側の岩溝が登りやすいと気づきました。
1
クサリ場2(1,340m)

相馬山での最長のクサリ場です!
見た目はすごいけど、足場がしっかりあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場2(1,340m)

相馬山での最長のクサリ場です!
見た目はすごいけど、足場がしっかりあります。
1
2本掛かっているクサリ。いずれもしっかりしていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本掛かっているクサリ。いずれもしっかりしていました。
1
まだまだ続く痩せ尾根。白く見えているのは霧氷の欠片ですが、
これも滑りやすいので注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ続く痩せ尾根。白く見えているのは霧氷の欠片ですが、
これも滑りやすいので注意。
古い標識を見て右寄りから登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い標識を見て右寄りから登っていきます。
クサリ場3(1,380m)

急坂だけどここはもうクサリに頼らなくてもいけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場3(1,380m)

急坂だけどここはもうクサリに頼らなくてもいけました。
もう山頂に飛び出しそう。最後に少し尾根を巻きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう山頂に飛び出しそう。最後に少し尾根を巻きました。
相馬山山頂(1,411m)に2回目の登頂!

ようやく山頂!と思ったらバリケードのロープに阻まれるのでくぐって登頂。
下り口にも下山禁止の看板がありますが、この尾根は登り推奨なのは間違いないでしょう。
相馬山東尾根、楽しかった!また歩いてみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬山山頂(1,411m)に2回目の登頂!

ようやく山頂!と思ったらバリケードのロープに阻まれるのでくぐって登頂。
下り口にも下山禁止の看板がありますが、この尾根は登り推奨なのは間違いないでしょう。
相馬山東尾根、楽しかった!また歩いてみたいです。
相馬山山頂に到着するもまだ曇天のまま。
でも天候回復の兆しがあったので、山コーヒーで温まりながら待ちました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬山山頂に到着するもまだ曇天のまま。
でも天候回復の兆しがあったので、山コーヒーで温まりながら待ちました。
晴れました!
陽光のおかげで気分も晴れ晴れします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れました!
陽光のおかげで気分も晴れ晴れします。
1
周囲はまだ雲が掛かっていて眺望はありませんが晴れて良かったです。
実はまだ相馬山で眺望を楽しんだことがないので次回の楽しみにとっておきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲はまだ雲が掛かっていて眺望はありませんが晴れて良かったです。
実はまだ相馬山で眺望を楽しんだことがないので次回の楽しみにとっておきます。
1
天候回復した相馬山山頂にて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候回復した相馬山山頂にて
滞在約1時間半。再訪を期して相馬山を出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滞在約1時間半。再訪を期して相馬山を出発します。
1
相馬山から下っていると更に天候回復し、榛名山の山々が望めました。
半日早ければもっと良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬山から下っていると更に天候回復し、榛名山の山々が望めました。
半日早ければもっと良かった。
1
相馬山から下りてきました。
もうちょっとゆっくりしていれば眺望を楽しめたかなと思いましたが、
下山後の予定もあるので仕方がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬山から下りてきました。
もうちょっとゆっくりしていれば眺望を楽しめたかなと思いましたが、
下山後の予定もあるので仕方がありません。
1
天候回復した相馬山を見やりつつヤセオネ峠へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候回復した相馬山を見やりつつヤセオネ峠へ。
1
ヤセオネ峠・相馬山登山口(1,170m)到着

朝から冷え込みで地面が固まってましたが、天候回復で一気に泥濘へ。
相馬山への登り口からの短い距離で登山靴が一気にドロドロに・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤセオネ峠・相馬山登山口(1,170m)到着

朝から冷え込みで地面が固まってましたが、天候回復で一気に泥濘へ。
相馬山への登り口からの短い距離で登山靴が一気にドロドロに・・・。
1
ヤセオネ峠バス停(1,170m)

今日の行程はここまで。デポしている自転車で伊香保まで下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤセオネ峠バス停(1,170m)

今日の行程はここまで。デポしている自転車で伊香保まで下ります。
1
高根展望台(1,020m)

途中に一休みした展望台。赤城、谷川をはじめ、どこの山も雲が掛かっています。

それと自転車で下りるのは夏がお薦めです。今は風を切ると寒かった…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高根展望台(1,020m)

途中に一休みした展望台。赤城、谷川をはじめ、どこの山も雲が掛かっています。

それと自転車で下りるのは夏がお薦めです。今は風を切ると寒かった…。
伊香保温泉(710m)

やってきました伊香保温泉。自転車は邪魔にならないところにデポして露天風呂へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊香保温泉(710m)

やってきました伊香保温泉。自転車は邪魔にならないところにデポして露天風呂へ向かいます。
1
露天風呂への標高差は約100m。有名な石段街を登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露天風呂への標高差は約100m。有名な石段街を登っていきます。
1
天候回復したと思ったら、もう雲が増えてきました。
結果的にはピンポイントのタイミングで相馬山山頂で晴れたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候回復したと思ったら、もう雲が増えてきました。
結果的にはピンポイントのタイミングで相馬山山頂で晴れたようです。
1
伊香保温泉 露天風呂(820m)

やっぱり伊香保の湯はいいです!30分超長湯しました。
でも露天風呂なので入る前後が寒くてちょっと気合が要ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊香保温泉 露天風呂(820m)

やっぱり伊香保の湯はいいです!30分超長湯しました。
でも露天風呂なので入る前後が寒くてちょっと気合が要ります。
1
伊香保をあとにして榛名神社へやってきました。
お目当ては初めての焼きまんじゅう。ヤマノススメを観て食べたくなりました。
これは美味しいです。関西人の自分の口にも合います。

神社のすぐ前にあるお店ですが、16時の営業終了間際に間に合いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊香保をあとにして榛名神社へやってきました。
お目当ては初めての焼きまんじゅう。ヤマノススメを観て食べたくなりました。
これは美味しいです。関西人の自分の口にも合います。

神社のすぐ前にあるお店ですが、16時の営業終了間際に間に合いました。
1
寒いし時間も遅いので榛名神社へは入りませんでした。
またの機会とします。

持ち帰り分で買った焼きまんじゅうの香ばしい匂いと、榛名での山行の余韻に包まれて帰途に就きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いし時間も遅いので榛名神社へは入りませんでした。
またの機会とします。

持ち帰り分で買った焼きまんじゅうの香ばしい匂いと、榛名での山行の余韻に包まれて帰途に就きました。

感想/記録

相馬山東尾根の現状を調べ尽くしてから挑みました。
なんで登山禁止なのかと訝るほど、相馬山東尾根は楽しく踏破出来ました。
どれだけ整備されて安全とされている山でも全く危険を伴わないことはないはず。
自分は常に真剣勝負で山と向き合っています。
それはともかく、東尾根は放置するには惜しい充実したルートと感じました。
訪問者数:86人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/29
投稿数: 236
2020/1/7 10:05
 摩耶山さん歩です。おはようございます。
hinoさんが もう 拍手されてました!(⌒∇⌒)
やっと雲が切れ 冬枯れの枝越しに 榛名の山々が見える
お写真がステキですね。
戻られ OR 下られ 三脚回収を 何度もされたんだな、、と
感じます。
シェアーをありがとうございます。
ますまず お写真がお上手で 臨場感に溢れます。
伊香保の 景色もなるほどです。

娘が学生の時 群馬の知り合いの家に伺い、
伊香保温泉に連れていって いただきましたっけ。
懐かしく拝見しました。

立ち入り禁止の表示がある山のようですね。
自己責任でということでしょうか。
整備はされているようで、整備を続けていただきたいですね。
鎖の岩山は 迫力ありますね。
登山道に変化がありますね。
前半の雲が展望を阻んだのは 残念でしたね。
楽しいレポを、ありがとうございました。
登録日: 2013/7/15
投稿数: 133
2020/1/7 23:07
 Re: 摩耶山さん歩です。おはようございます。
こんばんは、mayasanpoさん。
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
また、hinoさんにもいつも拍手いただいていて、恐縮ですけど有難いです。

相馬山は正規ルートだけではピストンするしかないのが現状で、
今回の東尾根は過去に事故があったから禁止になったと聞いています。
事故があったからと禁止にしていると、ほとんどの山が登れなくなってしまいます。
実際、踏み込んでみると明瞭な踏み跡とマーキングがあって、ある程度の登山者が
入っていることが分かります。
不動明王や貫禄ある鎖があることから、歴史の長いルートと見受けられます。
このまま廃道扱いにするのは惜しいと思いました。

今回は曇りがちだったため、また近い将来に訪れるつもりです。

伊香保温泉はmayasanpoさんにとっても思い出の場所だったのですね。
昨年秋に自分も母を連れていったんですよ。
残念ながら登山のついでではなかったのでレポ作成はしませんでしたが。
ヤマノススメの聖地巡礼もありますが、伊香保温泉は自分もお気に入りスポットです。
榛名山も好きな山なので今後も何度となく訪れることになるでしょう。

今回もありがとうございました!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ