また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2172522 全員に公開 雪山ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

静寂と感動の浅間劇場!と高峰山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月06日(月) [日帰り]
メンバー
天候山行中 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
この日のチェリーパークラインは滑り止めタイヤなら問題なく上がれました。
高峰高原ホテルに停めさせてもらいました。
ビジターセンター駐車場は5時くらいには除雪が入ってます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
2時間32分
合計
7時間11分
S車坂峠04:2704:49車坂山04:5005:14コマクサ展望台05:52槍ヶ鞘06:1706:31トーミの頭07:1707:35黒斑山07:4208:02トーミの頭08:0308:12槍ヶ鞘08:1608:37コマクサ展望台08:3808:52車坂山09:03車坂峠09:4410:08尾根の休憩地10:0910:21粒ケ平10:2210:34高峰山10:36高峯山10:4410:47高峰山10:4810:57粒ケ平10:5811:11尾根の休憩地11:2511:34高峰高原ビジターセンター11:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪道の一般登山道
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

ぎりぎりオリオン座が沈む前に間に合いました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぎりぎりオリオン座が沈む前に間に合いました
13
小諸市の夜景と八ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小諸市の夜景と八ヶ岳
23
風が強いですが良い空です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強いですが良い空です
11
右に小諸市、左に佐久市の夜景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に小諸市、左に佐久市の夜景
11
まさかのノートレース
覚悟を決めてつぼ足で歩き始めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさかのノートレース
覚悟を決めてつぼ足で歩き始めます
7
浅間劇場開幕に間に合いました
途中ラッセルやら何やらでやっとこ到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間劇場開幕に間に合いました
途中ラッセルやら何やらでやっとこ到着
4
毎度のこと言葉が出ません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度のこと言葉が出ません
36
手前にヒサシゴーロ尾根と奥に富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前にヒサシゴーロ尾根と奥に富士山
17
一幕が一段落したので歩き出します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一幕が一段落したので歩き出します
18
八ヶ岳もよく見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳もよく見えます
16
ここでも言葉なく感動
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも言葉なく感動
17
一日の始まりです
素晴らしい日の出です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一日の始まりです
素晴らしい日の出です
25
お天道様がでると一気に暖かくなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お天道様がでると一気に暖かくなる
22
よく見ると浅間の主の足跡が沢山あります
まさかgrowmonoさんじゃないだろな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると浅間の主の足跡が沢山あります
まさかgrowmonoさんじゃないだろな〜
12
思ったほど染まらないかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったほど染まらないかも
9
色が落ち着いたので黒斑山に歩きだします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色が落ち着いたので黒斑山に歩きだします
6
毎回感動をもらうトーミ劇場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎回感動をもらうトーミ劇場
11
短いのですがこの登りがキツイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短いのですがこの登りがキツイ
7
えっちらおっちら歩いていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっちらおっちら歩いていきます
5
ヒーフ〜ヒーフ〜で休みながら登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒーフ〜ヒーフ〜で休みながら登ります
11
黒斑山に着きました
蛇骨まで行こうと歩きだしましたが膝下まで
埋まるので辞めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒斑山に着きました
蛇骨まで行こうと歩きだしましたが膝下まで
埋まるので辞めます
15
自分のトレースを踏み返します
意外とガニ股?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースを踏み返します
意外とガニ股?
6
浅間劇場閉幕です
今シーズンもう一度見たいな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間劇場閉幕です
今シーズンもう一度見たいな
11
北アルプスもばっちりです
白馬から鹿島槍まで見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスもばっちりです
白馬から鹿島槍まで見えます
21
クリスマスツリーが沢山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリスマスツリーが沢山
16
穂高もよく見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高もよく見えます
11
四阿山にはずっとこんな感じで雲がかかってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿山にはずっとこんな感じで雲がかかってました
6
やったー!
最高の天気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったー!
最高の天気
13
時間が早いのでスノーシュー装着で
高峰山を目指します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間が早いのでスノーシュー装着で
高峰山を目指します
7
ここは以外に急登
でも久しぶりのスノーシューの感覚にワクワク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは以外に急登
でも久しぶりのスノーシューの感覚にワクワク
6
これから進む極上の稜線が見渡せます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む極上の稜線が見渡せます
3
高峰山山頂から剣と富士山と八ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高峰山山頂から剣と富士山と八ヶ岳
6
ここから見る黒斑山は新鮮です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見る黒斑山は新鮮です
5
雲が良い感じで流れていきます
と言うか上空は風が強いです
今頃赤城を満喫してるだろうkazumさん親子に
東の空を向いて手を振ります!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が良い感じで流れていきます
と言うか上空は風が強いです
今頃赤城を満喫してるだろうkazumさん親子に
東の空を向いて手を振ります!
25
ボトルのお湯ではチーズが解けませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボトルのお湯ではチーズが解けませんでした
8
綺麗な雪面に思わず吸い込まれてしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な雪面に思わず吸い込まれてしまいました
7

感想/記録

 冬になるとに見たいと思う景色が幾つかあります。その中でも浅間山は特別です。

 前日に降雪があったのを確認して出かけました。何だかこの日は寝つきが悪く、眠りも浅く早々に目が覚めてしまいました。
 劇場開幕に合わせると少し早いのですが居ても立っても居られないので車を走らせます。チェリーパークラインも順調で以前ここでフクロウが目の前に飛び出てきたのを思い出しました。この日は動物をほとんど見ないまま高峰高原に到着です。

 高峰高原に着くと丁度先程月が沈んだので星がよく見えます。下の方を見ると小諸の夜景に雲海がかかりそうですがなかなか思うようにいきません。それでも星の写真を撮ったりしていると時間があっという間に過ぎていきます。結局忙しく支度をして歩きだします。

 車道の雪がそれほどでもないので軽く考えていましたが、最初からノートレースです。あの笹原まで降りればどんなに雪があっても問題ないのですが、あそこを降りるまで苦労します。大体が膝下ラッセルで吹き溜まりでは腰まで埋まります。スノーシューを車に置いてきたのを悔やみますが、今更引き返すのも大変なので頑張って進みます。開幕には少しだけ余裕を持って出てきましたが、ここでその分を使い果たしてしまいます。

 いつもの歩幅が合わない階段も雪で埋まり快調です。途中で目を凝らして浅間を見つけます。暗闇の中でもその存在感は半端でありません。
 槍ケ鞘で風が当たらない指定席を探しどっぷり腰を下ろします。蒼い空に少しだけオレンジになった一筋がこれからの感動を完全に予告してくれます。
 
 ただこの日の劇場は風が強く感動と寒さが交互に押し寄せてくるようでした。寒さを忘れて感動したと言いたいところですが、稜線で待機するという事は相当の寒さで、途中から体が変な震え方をしてました。

 今回も最高の景色を見ることができ、下山してからも高揚感でいっぱいです。
 そんな時growmonoさんから高峰山が良いという事を教えてもらって、ここで頭を冷やそうと思い向かいました、この山は小粒ですが素晴らしい稜線歩きにまたまた興奮です。これからは冬の時期の高峰山はセットで歩こうと思います。

 今回も色々情報を頂いた山の仲間。すべてに感謝です。

 
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:931人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ