ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 黒斑山

黒斑山(くろふやま)

基本情報
標高 2404m
場所 北緯36度24分18秒, 東経138度29分18秒
山頂

黒斑山の日の出・日の入り時刻

03/26(日) 03/27(月) 03/28(火) 03/29(水) 03/30(木) 03/31(金) 04/01(土)
日の出 5時33分 5時32分 5時30分 5時29分 5時27分 5時26分 5時24分
日の入り 18時12分 18時13分 18時14分 18時15分 18時15分 18時16分 18時17分

黒斑山 (標高2404m)付近の気温

3月の気温(推定値)
最高気温
-3.1
平均気温
-7.9
最低気温
-13
Loading...

周辺の平年の気象状況

3月の気象
日照時間 6 時間/日
降水量 2.5 mm/日
最深積雪 32 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

黒斑山(くろふやま)は、群馬県嬬恋村と長野県小諸市にある浅間山の第一外輪山の最高峰である標高2,404 mの山。
2万4300年前に山体が東へ大きく崩壊し、馬蹄形カルデラを形成して、黒斑山の尾根ができた。この山体崩壊による岩屑なだれは、北に向かったものは吾妻川に流入し、さらに下流の利根川に流入して、前橋まで達し、前橋台地を形成した。この北へ向かったものを塚原土石なだれと呼ぶ
西山腹には「チェリーパークライン」の道路が通り、山頂から西に1.7 kmには車坂峠がある。車坂峠を挟んだ西隣の高峰高原にはアサマ2000パークのスキー場がある。千曲川の支流である蛇掘川及び吾妻川の支流である大沢川と小武沢の源流の山である。群馬県側から見ると横長の三尾根を備えた山に見えるため、上州側(嬬恋村)では「三ツ尾根=みつおね」とも呼ばれている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「黒斑山」 に関連する記録(最新10件)

関東
  17    17 
2017年03月25日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  60    21 
2017年03月25日(日帰り)
甲信越
  27   11 
teppentozan, その他4人
2017年03月21日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  44    24 
2017年03月20日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  20    7 
okada_gtx, その他1人
2017年03月20日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  53    28  1 
2017年03月20日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  1    3 
2017年03月19日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  20    11 
2017年03月19日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  25    16 
2017年03月19日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  23    10 
2017年03月19日(日帰り)
ページの先頭へ