また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2174694 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

景信山ー高尾山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年01月09日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
萩山ー高尾ー大下--------高尾山口ー萩山
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
1時間27分
合計
8時間57分
S大下バス停08:2708:35木下沢梅林08:3709:33478m圏峰09:3410:18大久保山10:1910:26ザリクボ分岐10:2710:37小下沢分岐10:3811:04景信山11:1711:51小仏峠11:5612:23城山12:4412:46五十丁峠12:4813:22一丁平13:3613:51大垂水峠(学習の歩道)分岐13:5214:06もみじ台14:0714:46高尾山14:5415:51高尾山薬王院15:5816:14神変山16:1516:23霞台園地16:2416:32リフト山上駅16:45金比羅台園地16:5217:18高尾山・清滝駅17:23高尾山口駅17:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 筆記用具 ガイド地図 保険証 携帯(GPS山地図アプリ) 時計 タオル カメラOMD レンズ2本

写真

感想/記録

昨日(1/9)、1/3 とほぼ同じコースを歩いて来ました、概略コースは下記。
  大下―東尾根コースー景信山―城山―一丁平―紅葉台北まきみちー高尾山頂―5号路―富士見道―薬王院―1号路―清滝
東尾根コースは、4度目ですが、前回より軽めのレンズを持って行ったけどきつく、良いトレーニングになった。今日は足がパンパンである。
天気は良く、景信&城山山頂では、富士山が見えたが、人は平日だけに少なかった。城山までは、それ程ペースを落とさず歩いた。

城山山頂では、前回と同じ顔見知りに会い暫く話を聞いた。
1.北東尾根と言う話が出たので、よく聞くと城山の東尾根を最近は北東尾根と言うらしい。
調べて見ると、最近買った1/12,500地図には北東尾根と書かれているが、
昔買った高尾山ガイドブックには、東尾根と書かれている。今まで、東尾根コースと言えば誰にでも通じた。
景信山東尾根との混乱を避けるために変えているのかもしれないと思う。ちなみに相模湖側には西尾根が伸びている。
2.高尾山頂にオニシバリが咲いていると言う。
その後、大垂水分岐までの間に立木にテイカカズラの殻をいくつも見つけたが綿毛はなかった。
高尾山頂のオニシバリを目指して急いだ。見つけることは出来たが、これは教えて貰わないと探すのは無理だと思った。
あまり目立たない花をたくさんつけていて、6月位まで次々と咲くとのこと。
稲荷山コースと5号路付近で1/3に会ったKさんに会った。
一緒に歩くと新しい植物の情報が入るので、一緒に歩いた。結局中央線の電車も同じ電車で帰った。合流以降を纏めると下記となる。
1.(緑) カンアオイ
  緑色で綺麗である。普通の色のもある。
  又暖かいのかタツナミソウがもういくつも開花していた。
2.クモノスシダ&ノシラン
  四天王門の前でクモノスシダを教えて貰った。
  クモノスランも付近に自生するらしい。
  帰宅後調べて見ると下記の如き記述あり、
  少し分類が混乱しそうである。また自生でなく植栽かもしれない。
園芸栽培される常緑の多年草。長細い葉を多くもっしゃもっしゃに出し背丈は50cm前後と、ジャノヒゲにしては甚だ巨大なのがノシラン。
葉しかない時期であればヤブラン(藪蘭)と見間違えそうだが、全体のボリュームはノシランの方が明らかにでっかいのが普通。
3.(赤) コウヤボウキ
  1号路の左手の土手にコウヤボウキの綿毛がたくさん見えるが
  芯が赤いものが多く見れる。
  陽が弱くなっているが昼間はもっと赤く見えて綺麗であるとのこと。
4.(赤) ツルギキョウの花
  少し時期遅れに咲くツルギキョウの花に赤いものがあり、
  土手に見られることがあるとのこと。
  赤みがかった実が見れたが、暗くてうまく撮れなかった。  
5.オオカモメズル
  富士見道でもまだ見れた。権現茶屋でもまだ見れたが、
  もう最後のようで撮らなかった。
  女坂では、石段の上の土手に生えているので、
  撮り辛いので石段に登って見た。
  下からは、2組の緑色の鞘が見えたが、実際には4組であった。
  さらに下から見えた手前の一組の1つは裏からもう綿毛が見ていた。
                                 

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:363人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 自生
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ