また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2175143 全員に公開 ハイキング 箱根・湯河原

湯河原 南郷山から幕山 鎌倉幕府開運街道

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年01月10日(金) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車
湯河原駅スタート・ゴール
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間53分
休憩
50分
合計
4時間43分
S湯河原駅09:2109:56鍛冶屋バス停10:0211:18南郷山11:3511:56自鑑水12:1112:16自鑑水分岐12:27幕山12:3713:04湯河原幕岩 桃源郷エリア13:0613:12幕山登山口13:34鍛冶屋バス停14:04湯河原駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に無し。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

湯河原駅からスタート
2020年01月10日 09:09撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯河原駅からスタート
1
五郎神社
2020年01月10日 09:57撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五郎神社
2m以上の笹の中を進みます。
2020年01月10日 10:46撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2m以上の笹の中を進みます。
ようやく眺望が!
2020年01月10日 11:20撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく眺望が!
2
南郷山山頂
2020年01月10日 11:21撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南郷山山頂
1
山頂の眺望はいまいち
2020年01月10日 11:22撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の眺望はいまいち
1
自鑑水へのルート。青いペンキの間を行きます。
ここは非常にわかりにくく、2度通り過ぎてしまいました。
2020年01月10日 12:06撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自鑑水へのルート。青いペンキの間を行きます。
ここは非常にわかりにくく、2度通り過ぎてしまいました。
源頼朝が石橋山の合戦に敗れ落ち延びる途中の由来が記されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源頼朝が石橋山の合戦に敗れ落ち延びる途中の由来が記されています。
幕山山頂
2020年01月10日 12:27撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕山山頂
2
ここもあまり眺望はありません。
下に見えるのは真鶴半島
2020年01月10日 12:29撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもあまり眺望はありません。
下に見えるのは真鶴半島
2
湯河原梅林まで降りてきました。
2020年01月10日 13:03撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯河原梅林まで降りてきました。
ロッククライミングを楽しむ人たちが結構いました。
2020年01月10日 13:05撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッククライミングを楽しむ人たちが結構いました。
1
湯河原市内に戻り遅い昼食
2020年01月10日 14:10撮影 by F1, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯河原市内に戻り遅い昼食
1

感想/記録

青春18キップが1つ余り、期限最後の日に湯河原に伺いました。
天気も良く、道も整備されており、歩くには問題ありませんでした。
が、行程のほとんどが眺望がなく、特に南郷山はほとんどがが笹(篠竹)に覆われていました。
ルートの多くは鎌倉幕府開運街道と銘打たれており、いにしえ、頼朝がここを通って落ち延びたという、感慨深いものがありましたが、史跡としては自鑑水くらいしかないのが残念です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:242人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ