また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2176840 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

焼森山・鶏足山(久保登山口から裏登山口へ周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間34分
休憩
21分
合計
4時間55分
S上赤沢の駐車場09:3610:58焼森山11:0411:42ミツマタ群生地12:42鶏石12:4413:16鶏足山13:2713:34鶏足山13:3614:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

上赤沢駐車場に車を停め,駐車場から車道を100mほど南に進んだところを右に入る。この馬頭観音(?)があった。さらに先の神社の脇を右折し300mほどで久保登山口だ
2020年01月11日 09:38撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上赤沢駐車場に車を停め,駐車場から車道を100mほど南に進んだところを右に入る。この馬頭観音(?)があった。さらに先の神社の脇を右折し300mほどで久保登山口だ
1
久保登山口。このコースの記録はヤマレコ を検索しても見つからなかったが,整備された道だ
2020年01月11日 09:43撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久保登山口。このコースの記録はヤマレコ を検索しても見つからなかったが,整備された道だ
1
焼森山に向け,快適な登山道を進む
2020年01月11日 10:17撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼森山に向け,快適な登山道を進む
1
途中の見晴場からの景色。遠く霞んでいる山は,右が筑波山,左に見えるのが吾国山方面
2020年01月11日 10:29撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の見晴場からの景色。遠く霞んでいる山は,右が筑波山,左に見えるのが吾国山方面
1
分岐。左手に進む
2020年01月11日 10:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。左手に進む
1
焼森山(423m)到着
2020年01月11日 10:57撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼森山(423m)到着
1
焼森山から北西方面をのぞむ
2020年01月11日 11:00撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼森山から北西方面をのぞむ
1
焼森山からミツマタ群生地の谷に向け,急斜面を下る。落ち葉がいっぱい在り,滑りそうでちょっと緊張。傾斜が緩くなりホッとした
2020年01月11日 11:23撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼森山からミツマタ群生地の谷に向け,急斜面を下る。落ち葉がいっぱい在り,滑りそうでちょっと緊張。傾斜が緩くなりホッとした
1
3月を待つミツマタたち
2020年01月11日 11:28撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3月を待つミツマタたち
2
ミツマタ群生地入り口。あと2ヶ月ほどすると,この辺りは人でいっぱいになる。昨年もらった「鶏足山登山ガイドマップ」に,この先120mほど下った右に,鶏足山頂に向かう登山道があったので,その道を進むことにする(ヤマレコ ではみんなの足跡無し)
2020年01月11日 11:39撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタ群生地入り口。あと2ヶ月ほどすると,この辺りは人でいっぱいになる。昨年もらった「鶏足山登山ガイドマップ」に,この先120mほど下った右に,鶏足山頂に向かう登山道があったので,その道を進むことにする(ヤマレコ ではみんなの足跡無し)
1
ガイドマップの登山道と思われる道は,踏み跡程度だった。しばらく強引に進むと少し歩きやすくなった。並柳?からの登山道に出てからは再び快適な道となった
2020年01月11日 12:41撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガイドマップの登山道と思われる道は,踏み跡程度だった。しばらく強引に進むと少し歩きやすくなった。並柳?からの登山道に出てからは再び快適な道となった
1
分岐の左80mに鶏石。今回は鶏石には向かわず,右折
2020年01月11日 12:42撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の左80mに鶏石。今回は鶏石には向かわず,右折
1
鶏足山の北峰に到着。少々遅い昼食にする。おにぎり,味噌汁,サラダ,漬物。食後に甘酒
2020年01月11日 12:49撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏足山の北峰に到着。少々遅い昼食にする。おにぎり,味噌汁,サラダ,漬物。食後に甘酒
1
北峰からの景色。昼食後,鶏足山の南峰へ
2020年01月11日 12:50撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰からの景色。昼食後,鶏足山の南峰へ
1
鶏足山の南峰。こっちは何か味気ない
2020年01月11日 13:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏足山の南峰。こっちは何か味気ない
1
下山に向け出発。ぐしヶ峰に回ってから降りるので,ここは左に進む
2020年01月11日 13:35撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山に向け出発。ぐしヶ峰に回ってから降りるので,ここは左に進む
1
ぐしヶ峰の手前350mほどのところにちょっとした岩場がある
2020年01月11日 13:51撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐしヶ峰の手前350mほどのところにちょっとした岩場がある
1
ぐしヶ峰の分岐を右に進む
2020年01月11日 14:04撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐしヶ峰の分岐を右に進む
1
裏登山道(林道)に出て振り返る。降りてきたのはピンクリボンの道向かいの右手から。何年か前「ぐしヶ峰コース」を登った時は,この分岐に気づかず(その時はテープはなかった?),先に進んでから右手の山に取り付いたため,登山道に出るのが大変だった。道標はないので,「ぐしヶ峰コース」登る人は分岐に注意
2020年01月11日 14:22撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏登山道(林道)に出て振り返る。降りてきたのはピンクリボンの道向かいの右手から。何年か前「ぐしヶ峰コース」を登った時は,この分岐に気づかず(その時はテープはなかった?),先に進んでから右手の山に取り付いたため,登山道に出るのが大変だった。道標はないので,「ぐしヶ峰コース」登る人は分岐に注意
1
手入れされた植林の中を進む
2020年01月11日 14:24撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手入れされた植林の中を進む
1
裏登山道口に到着。ここから車道を150mほど南に進むと駐車場だ。まだ何台か残っていた
2020年01月11日 14:27撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏登山道口に到着。ここから車道を150mほど南に進むと駐車場だ。まだ何台か残っていた
1
撮影機材:

感想/記録

雪山には行かないので,この時期の私はもっぱら低山ハイク。2020年最初は焼森山・鶏足山にした(奥久慈男体山・鷹取岩とも思っていたのだが,起きるのが少々遅かった)。

なるたけ大きく時計回りに周回しようと,赤沢駐車場から登りは「久保コース」で焼森山へ。そこからミツマタ群生地に急下降し,群生地北側の登山道(ヤマレコ には登った記録なし。昨年手に入れた城里町の「鶏足山登山ガイドマップ」だけに記された道)を登り,鶏石北側の尾根に出て鶏足山山頂へ。帰りは,おそらく唯一鎖場のある「ぐしヶ峰コース」で赤沢駐車場に戻る。

以上のコースをとることにした。気がかりは,ミツマタ群生地北側の登山道だ。ヤマレコ地図には登山道の記述もないし,歩いたことを示すオレンジの斑点もない。登った記録もない。昨年手に入れた城里町の「鶏足山登山ガイドマップ」だけに記された登山道だからだ。
微かな踏み跡を見つけつつ,かつ登りやすそうな尾根を登った。地図と照合する限りでは「鶏足山登山ガイドマップ」に記載されている道とはややずれたところを進んだようだ。この道が少し大変だった。
あとは,焼森山からの急下降の道に落ち葉葉が積もっていて,注意する必要があった。
上記以外は,快適でよく整備された道だった。

土曜日だったせいか,駐車場は満車だった。ミツマタの季節以外はさほど人はいないだろうと考えていたので,意外な人気に驚いた。
3月中旬〜下旬のミツマタの咲く季節にはまた訪れることになるだろうな。

曇だったが無風状態で,ゆったりペースのハイキングを楽しむことができた。

この山域は,植林のためと思われる道(踏み跡)が結構あり,また上に行くほど傾斜が急になるので,マイナールート(バリエーションルート?)を進む場合は,低山だと軽く考えない方が良いと思う。立て坑もあったりする。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:583人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 林道 馬頭観音 道標 クリ 時計回り
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ