また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2177276 全員に公開 雪山ハイキング 谷川・武尊

【谷川岳】雲上に待っていた白銀の絶景(^▽^)(天神平〜谷川岳 ピストン)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り→晴れ
天神平は曇り。肩の小屋手前で晴れ。
帰りは雲が取れてきて次第にいい天気に。
風もなく、気温も適度で歩きやすい日。行きの天神平で-4℃表示。
アンダーにブレスサーモ、その上に厚手保温シャツ、ハードシェルで終始行動して寒さを感じないレベル。ただし、私は寒さには強いクチ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
■行き
関越道水上ICから10kmちょっと。
この日のコンディションでは道はドライで雪もなし(降雪があると一変するかと思われます)。
ロープウェイはこの時期、平日休日問わず08:30運行開始。
08:20頃にチケット販売で並んで、天神平に着いたのが09:00前。

■帰り
ロープウェイはまだガラガラの時間帯。
行きを反対方向に水上ICに出て、関越道で帰宅。三連休初日で渋滞もなし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登りの熊穴沢避難小屋までは渋滞。
熊穴沢避難小屋あたりから下が固くなり、跳ね返りがきつくなったため、またおそらく靴紐の締め付けが緩かったため、足指が痛くなりペースを緩めています。
コース状況/
危険箇所等
天神平で12本爪アイゼン装着。肩の小屋まではストック、肩の小屋でピッケルに持ち替えましたが、終始、ストックでもよかったかも。下りは持ち替えが面倒だったので、ピッケルのまま。
行きの途中までは朝一組が集中していて人多し。たぶん、みなさん自分のペースでは歩けず。あくまで感覚的にですが、200〜300人くらいはいたのでやむなし。
天神平と熊穴沢避難小屋の間にロープあり。夏にロープがあった記憶はなく、冬道だけ?行きはここが渋滞ポイント。帰りはばらけていたのですんなりと。アイスバーンになっているようなところはなく、比較的歩きやすいコンディションだったかと。踏み抜いてもひざ下くらいまで。
行きは踏み後も少ない感じでしたが、帰りは大勢の登山者によく踏まれていて、だいぶ締まっていました。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(40L) 昼ご飯 非常食 サーモス フリース ライトダウン ハードシェル 帽子 手袋 ストック ピッケル ヘッドランプ ライター サングラス 地図 スマホ カメラ ロールペーパー 救急用品 サバイバルシート 予備靴ひも 携帯簡易トイレ 保険証 タオル

写真

ロープウェイを降りて天神平から出発!ですが・・・晴れ予報はどこに行ったんじゃい!!!
2020年01月11日 09:09撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイを降りて天神平から出発!ですが・・・晴れ予報はどこに行ったんじゃい!!!
2
それでも登ってくる人はいっぱい。ロープウェイ乗り場にも多数の人。
2020年01月11日 09:35撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも登ってくる人はいっぱい。ロープウェイ乗り場にも多数の人。
1
向かう谷川岳方面のはずですが、山頂方面はガスの中・・・
2020年01月11日 09:53撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう谷川岳方面のはずですが、山頂方面はガスの中・・・
熊穴沢避難小屋。半分くらい埋まっている感じ。
帰りにはここにテントひと張り。
2020年01月11日 10:11撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋。半分くらい埋まっている感じ。
帰りにはここにテントひと張り。
しばらく歩くと完全にガスの中。さっさと登ってさっさと帰ろうと、黙々と登ります。
2020年01月11日 10:29撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと完全にガスの中。さっさと登ってさっさと帰ろうと、黙々と登ります。
と、肩の小屋手前の急斜面で、急に雲が取れてきた!
2020年01月11日 11:01撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、肩の小屋手前の急斜面で、急に雲が取れてきた!
2
雪面の奥に広がる深い青い空のお出迎え。
2020年01月11日 11:06撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面の奥に広がる深い青い空のお出迎え。
1
肩の小屋に到着。
2020年01月11日 11:15撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋に到着。
苗場方面。群馬側はガスでしたが、新潟側はいい天気だった模様。
2020年01月11日 11:17撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場方面。群馬側はガスでしたが、新潟側はいい天気だった模様。
4
一ノ倉岳から茂倉岳は真っ白け。これまでのガスが?のような素晴らしい天気!
2020年01月11日 11:17撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳から茂倉岳は真っ白け。これまでのガスが?のような素晴らしい天気!
2
人が少ないうちにトマの耳へ。
2020年01月11日 11:21撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が少ないうちにトマの耳へ。
2
トマの耳登頂!
360度の・・・とはいきませんが、素晴らしい白銀の景色が広がっていました。
2020年01月11日 11:30撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳登頂!
360度の・・・とはいきませんが、素晴らしい白銀の景色が広がっていました。
8
上州武尊岳と奥の方には日光白根山。
2020年01月11日 11:29撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上州武尊岳と奥の方には日光白根山。
3
尾瀬方面、燧ヶ岳に至仏山。
2020年01月11日 11:29撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬方面、燧ヶ岳に至仏山。
3
谷川主脈の稜線と奥に苗場山。
2020年01月11日 11:29撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川主脈の稜線と奥に苗場山。
3
オキの耳越しに越後駒ヶ岳、巻機山方面。ガスもあってどれがどれだかわかりません(笑
2020年01月11日 11:30撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳越しに越後駒ヶ岳、巻機山方面。ガスもあってどれがどれだかわかりません(笑
1
天神平方面は雲の中。
2020年01月11日 11:31撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平方面は雲の中。
1
雪庇が発達しつつあるオキの耳方面に向かいます。
2020年01月11日 11:34撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇が発達しつつあるオキの耳方面に向かいます。
3
オキの耳。まだ、かろうじて山頂標識が頭を出していました。もう一回、降ったら完全に雪の下でしょう。
2020年01月11日 11:47撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳。まだ、かろうじて山頂標識が頭を出していました。もう一回、降ったら完全に雪の下でしょう。
2
振り返ってトマの耳。
2020年01月11日 11:47撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってトマの耳。
2
何度見ても美しい谷川主脈の稜線方面。
2020年01月11日 11:47撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見ても美しい谷川主脈の稜線方面。
1
苗場アップで。今日はスキーでも最高のコンディションだったでしょう。
2020年01月11日 11:53撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場アップで。今日はスキーでも最高のコンディションだったでしょう。
2
群馬側から主脈稜線に押し寄せる雲。
2020年01月11日 11:48撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群馬側から主脈稜線に押し寄せる雲。
3
トマの耳は人がいっぱい。ちょっとのタイミングの差ですが、人が少ないうちに登れてよかった。
2020年01月11日 11:53撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳は人がいっぱい。ちょっとのタイミングの差ですが、人が少ないうちに登れてよかった。
1
ずっと見ていたい気になりますが、後から登ってくる人も多くなってきたので、混雑しないうちに下山します。
2020年01月11日 11:53撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと見ていたい気になりますが、後から登ってくる人も多くなってきたので、混雑しないうちに下山します。
2
ちょっと進むうちに、主脈方面は多少、雲が取れてきた感じ。
2020年01月11日 12:03撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと進むうちに、主脈方面は多少、雲が取れてきた感じ。
1
肩の小屋から天神平に下山。行きに比べるとだいぶ雲が降りてきた感じではあります。
2020年01月11日 12:11撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋から天神平に下山。行きに比べるとだいぶ雲が降りてきた感じではあります。
1
降りてくるうちにだいぶ雲が取れてきて、西黒尾根はすっかりいい天気。
2020年01月11日 12:47撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてくるうちにだいぶ雲が取れてきて、西黒尾根はすっかりいい天気。
ロープのかかった急な箇所。一人ずつになるため、行きはここで渋滞。帰りは誰もおらずすんなりと。
2020年01月11日 12:53撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープのかかった急な箇所。一人ずつになるため、行きはここで渋滞。帰りは誰もおらずすんなりと。
1
いつの間にやらいい天気。
2020年01月11日 12:55撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にやらいい天気。
1
天神平まで戻ってきました〜
2020年01月11日 13:12撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平まで戻ってきました〜
帰りのロープウェイの中から。すっかりいい天気。
2020年01月11日 13:36撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りのロープウェイの中から。すっかりいい天気。
3
撮影機材:

感想/記録
by dai_t

めったにない厳冬期の谷川岳の週末晴れ予報。
これは行くっきゃないでしょう!

って、着いてみると曇り、天神平でも思いっきり曇っとるやん・・・
登れど雲は取れず、しまいにゃガスの中。このままUターンしようかというのも頭をよぎりました。
ま、せっかくここまで時間かけて来たんだし、とりあえず山頂まで行くだけ行こう、トマだけでオキはいいやあ、と割り切って登っていました。

肩の小屋手前の急登を登っていると、急に目の前に青空が広がります。
まさかまさかの雲の上。
雲に入ってからそれほど登ったわけではなかったのですが、意外と雲が薄かったということのよう。

肩の小屋から上は雲上の絶景が広がっていました♪
今年は雪が少ないとは言われていますが、それでも見事な白銀の世界。特に森林限界より上は見渡す限り真っ白。
トマの耳、オキの耳ともに山頂では5名程度。人が少ない中での景色を堪能できました。
後ろを見るとだいぶ多くの方が登られていたので、早めの登頂組だった模様。
あまり寒さも感じなかったので、腰を下ろしてノンビリしたい気持ちもありましたが、後からの混雑も予想されたため、混まないうちに下山。

この時期に登り始めには期待していなかった青空の下の景色を拝むことができ、非常に楽しい雪山山行と相成りました。
下っているうちにさらに天気がよくなってきて、結果的にはもう少し遅め登頂が正解だったような気がしなくもありませんが(笑
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:316人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ