また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2177911 全員に公開 ハイキング丹沢

シダンゴ山

日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候くもりときどきはれ
アクセス
利用交通機関
電車バス
新松田駅から「寄」行きバス520円(片道)で終点寄のバス停まで。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間15分
休憩
2時間44分
合計
4時間59分
Sスタート地点09:3309:46トイレ09:4709:52猪防護柵10:0210:16水場10:54シダンゴ山13:0013:19高圧送電線鉄塔13:2513:40タコチバ山13:4313:53宮地山14:0614:17猪防護柵14:1814:21茶畑14:28寄バス停14:3214:32みやま運動広場駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
とくになし
その他周辺情報寄ロウバイまつり 入場料300円
帰りは三駅先の東海大学前駅徒歩5分「秦野天然温泉 さざんかの湯」土日850円へ。

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 地図(地形図) ロールペーパー 携帯 時計 タオル カメラ

写真

バス停にわかりやすい案内発見♪出発〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停にわかりやすい案内発見♪出発〜!
2
民家の間をいくときも、標識があるから安心です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の間をいくときも、標識があるから安心です。
1
たわわに実るみかん(*´ω`*)旬ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たわわに実るみかん(*´ω`*)旬ですね。
4
鹿柵?と思いきや、猪柵らしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵?と思いきや、猪柵らしいです。
1
あっというまにシダンゴ山到着(^-^)v
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっというまにシダンゴ山到着(^-^)v
5
お社とシダンゴの語源を記した石碑がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お社とシダンゴの語源を記した石碑がありました。
2
新年会はじまり♪わたしはお雑煮担当〜(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新年会はじまり♪わたしはお雑煮担当〜(^^)
3
ミツバを入れて完成!暖まる〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバを入れて完成!暖まる〜!
6
北海道に帰省した仲間からの差し入れはぷりぷりししゃも!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海道に帰省した仲間からの差し入れはぷりぷりししゃも!
5
さらにサッポロクラシック( ☆∀☆)♪おいしくてかわいいサラダも♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにサッポロクラシック( ☆∀☆)♪おいしくてかわいいサラダも♪
2
ガーリックステーキもジュウジュウおいしそう(///ω///)♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガーリックステーキもジュウジュウおいしそう(///ω///)♪
5
肉巻き野菜が味が染み込んでいましたー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肉巻き野菜が味が染み込んでいましたー。
2
ビールの次は白ワインでかんぱーいっ(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビールの次は白ワインでかんぱーいっ(^^)
3
ワインといえばチーズ!おいしいカマンベールo(^o^)o
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワインといえばチーズ!おいしいカマンベールo(^o^)o
2
ラム肉の串焼き!何本でも食べられそう♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラム肉の串焼き!何本でも食べられそう♪
2
そしてデザートはきなこ餅〜!おいしくてペロリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてデザートはきなこ餅〜!おいしくてペロリ。
3
下山途中に鉄塔。お約束ショット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中に鉄塔。お約束ショット。
タコチバ山山頂!タコってオクトパス?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タコチバ山山頂!タコってオクトパス?
1
宮地山山頂到着♪♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮地山山頂到着♪♪
1
下山後、ロウバイまつりに寄り道しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、ロウバイまつりに寄り道しました。
立ち上る甘い香り♪きれいに咲いてます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち上る甘い香り♪きれいに咲いてます!
7
まだ三分咲きらしく、つぼみも多かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ三分咲きらしく、つぼみも多かったです。
3
青空に黄色が映えます。かわいい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に黄色が映えます。かわいい!
2
ロウバイを眺めてほっこり(///ω///)♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロウバイを眺めてほっこり(///ω///)♪
7
ロウバイまつりにも来られてよかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロウバイまつりにも来られてよかったです。
8

感想/記録

新年会山行はたのしくおいしく、出掛けてきました。
地元から食材を担いで向かいます!
新松田駅からバスに揺られること20分ほどで、終点の寄バス停へ。
今日からロウバイまつりがスタートするとのことで、案内係の方もいそがしく準備をしていました。
「シダンゴ山こちら」の看板をたよりに、まずは橋を渡り民家の間を縫う道へと進みます。
所々標識があり、わかりやすく導いてくれます。
しばらくは舗装道ですが、なかなかの傾斜があるようで早くも息が切れ切れに。
早く山頂についても仕方ないので、ゆっくりを心がけて進みました。
行き止まりに柵が見えたと思うと、この柵は猪柵。頑丈な造りが、猪の強さを物語っているようでした。
その柵から先へいくと、いよいよ登山道へ入ります。
今までの急坂に比べると、緩やかな道です。
おしゃべりをしながら楽しく登り、午後から晴れ予報だからゆっくり歩こうと声を掛け合いました。
樹林帯を進むこと一時間で、シダンゴ山山頂へ到着しました!
あいにくの曇り空で富士山は見えません。
山頂には標識とお社、そして「シダンゴ」の山の由来が書かれた石碑が立っていました。
一通り確認して眺めたら、いよいよ新年会のはじまりです!
端の方にシートを引いて荷物をのせたら、さっそく山ごはんスタート。
本日わたしはお雑煮担当なので、下ごしらえ済みの鶏肉、なるとと調味料をいれて煮はじめます。
沸騰したところで、仲間の実家から持ってきたという丸餅を入れてさらに煮ました。
最後に塩と醤油で味を整えたら、大事にもってきたけどやや萎れ気味のミツバを入れて完成!
なかなかの出来映え♪温かいうちにいただきます。
丸餅にまぶされていた小麦粉が適度にとろみをつけたようで、こっくりした味わいになりました。
そして北海道に帰省した仲間からの差し入れはサッポロクラシック( ☆∀☆)♪
乾杯していただいたら、おいしいこと!!
同じく北海道からやって来たししゃもも頬張ります。肉厚でおいしいししゃもに舌鼓♪北海道の恵みとはまさにこのことですね。
その間に、鉄板で焼いたガーリックステーキを焼いていただきペロリ。ビールとも合います♪
小さな入れ物に彩りよく入れられたカップサラダも美味で、見た目がかわいいだけじゃありません。
次はフルボトルをデキャンタージュして仲間が担いできてくれた白ワイン(///ω///)♪
カマンベールチーズとの相性は言うまでもないですよね(σ≧▽≦)σ
そして串焼きはラム肉で、炭火でふっくらおいしい焼き上がり!
どれを食べてもおいしくて、お酒も止まりませんでした。
〆はお餅を多目の水でふやかして、きな粉をまぶしたデザートに早変わり。
絶妙な甘さが口いっぱいに広がります。
しっかり食べて、かなり満腹になりました。
いつのまにか、見上げた空に青が混じり天気も回復してきた様子です。
下山は縦走コースで、道はばの広い道をくだり一つ目の山タコチバ山へ。
588メートルの標高、タコの足の数にちなんでタコチバなのかな?なんて想像してしまいました。
そしてさらに下って、宮地山へ向かいます。
山頂には小さな標識がひっそり立っていました。
標識の奥のフェンスが壊されていたので、ショートカットできるかも!と少し進んでみましたが、反対側にもフェンスが見えたので戻ってもとの道へ。
そして再び猪柵を出ると、茶畑が広がり山村が見えてきました。
このあたりから山頂パーティーで飲みすぎたのか、トイレに行きたくなったので急いで下山しました。
ロウバイ祭りの駐車場の奥にあるトイレを借りてホッと一息。
バスの時刻を調べるとちょうど1時間後なので、ロウバイまつりを見てまわるにもちょうどいい時間でした。
民家の間を抜けて、登っていくと入口の手前からロウバイが咲いています!
とてもいい香りでみんなでうっとり(*´ω`*)♪
さらに入場料を払いロウバイ園に入ると、斜面にはたくさんのロウバイが黄色い可憐なお花を咲かせていました。
事前情報で三分咲きと聞いていましたが、見応えは充分でした!
園内にはしっかりと順路があり、登り進めていくと展望台がありました。
シダンゴ山はどれだろうと連なる山々を眺めたり、ロウバイ園を見下ろしたり、広がる山村に原風景を感じたり、ステキな景色でした。
ロウバイ園に戻るとウッドチップの道を歩き、入口まで戻ります。
ちょうど入口で、バス停までの無料送迎バスを待っている人たちがいました。
もちろん、わたしたちは歩いて戻ります。
バス停に着くと、思いもよらずバス待ちの列ができていました。
やってきたバスは二、三人立っていましたが、わたしたちはなんとか座ることができました。
温泉までは新松田駅から電車で移動します。
それなりに体が冷えていたのか、温泉につかると温かさがしみました♪
最後は温泉に併設の食事処で二次会!
計画通り、新年会にふさわしい一日を過ごすことができた締めの乾杯となりました!

訪問者数:180人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

山行 山ごはん 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ