また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2178259 全員に公開 ハイキング 金剛山・岩湧山

金剛山&葛城山(↑馬の背〜太尾道↓〜↑天狗谷道〜くじらの滝コース↓)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:河内長野駅から南海バスで金剛山ロープウェイ前BS
復路:葛城ロープウェイ前BSから奈良交通バスで近鉄御所駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
バスに乗ってから記録を止めたため、最後はバス乗車部分が含まれますm(__)m
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。積雪もありません。
葛城山について、天狗谷道は台風で荒れているところが多く、登山道がわかりにくいところがあります。踏み跡やピンクテープをよく確認してください。くじらの滝コースは、マクロ的に大きく崩れているところがあり、迂回路ができています。またミクロ的にも流水によると思われる登山道のえぐれが生じていて、歩きにくくなっています。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

金剛山ロープウェイ前BSで下車して、百ヶ辻(もまつじ?もがつじ?)からスタートです。
2020年01月11日 08:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山ロープウェイ前BSで下車して、百ヶ辻(もまつじ?もがつじ?)からスタートです。
この水場はいつも笹の葉の樋がオシャレだと思います。
2020年01月11日 08:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この水場はいつも笹の葉の樋がオシャレだと思います。
1
15分ほど林道を歩いて細尾谷から登山道へ入ります。
2020年01月11日 08:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほど林道を歩いて細尾谷から登山道へ入ります。
さらに5分歩くと分岐点に到着。右の橋を渡ると前回下山で使った細尾谷(シルバーコース)。今回はここを左折して馬の背ルートへ。
2020年01月11日 08:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに5分歩くと分岐点に到着。右の橋を渡ると前回下山で使った細尾谷(シルバーコース)。今回はここを左折して馬の背ルートへ。
植林ですが明るくていい雰囲気。斜度も適度で軽快に歩けます。下山に使うのもありか。
2020年01月11日 09:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林ですが明るくていい雰囲気。斜度も適度で軽快に歩けます。下山に使うのもありか。
1
山頂週回の遊歩道に接続。登山開始からここまで50分。奥様は「ええ!?もうう着いたん!?」と、不満なご様子。いえ、今日は先が長いですから・・・
2020年01月11日 09:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂週回の遊歩道に接続。登山開始からここまで50分。奥様は「ええ!?もうう着いたん!?」と、不満なご様子。いえ、今日は先が長いですから・・・
個人的に大好きな霜柱発見。踏み踏み。
2020年01月11日 09:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
個人的に大好きな霜柱発見。踏み踏み。
樹氷があれば完璧でしたが、今日は敢えて樹氷の見れる山は避けたのでご勘弁を。
2020年01月11日 09:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷があれば完璧でしたが、今日は敢えて樹氷の見れる山は避けたのでご勘弁を。
山頂へ行く前に岩屋文殊に立ち寄って、次男の高校受験合格を祈願( ̄人 ̄)
2020年01月11日 09:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ行く前に岩屋文殊に立ち寄って、次男の高校受験合格を祈願( ̄人 ̄)
2
さらに葛木神社で( ̄人 ̄)
2020年01月11日 09:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに葛木神社で( ̄人 ̄)
葛木神社から裏手のブナ林へ。これから向かう葛城山。
2020年01月11日 09:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛木神社から裏手のブナ林へ。これから向かう葛城山。
そして野鳥の餌場へ。
2020年01月11日 09:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして野鳥の餌場へ。
2
女性陣に喜んでいただきました。
2020年01月11日 09:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女性陣に喜んでいただきました。
2
さらにさらに転法輪寺にて( ̄人 ̄)
2020年01月11日 09:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにさらに転法輪寺にて( ̄人 ̄)
1
マイ・ルーティーン
2020年01月11日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイ・ルーティーン
1
かまくらの残骸。年末に降った雪で作られたのかな。
2020年01月11日 10:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かまくらの残骸。年末に降った雪で作られたのかな。
そしてようやく山頂広場に到着。ちょうど10時の撮影が終わった直後でした。登山開始から遊歩道接続まで50分なのに、遊歩道から山頂広場まで40分もかかっているという・・・
2020年01月11日 10:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてようやく山頂広場に到着。ちょうど10時の撮影が終わった直後でした。登山開始から遊歩道接続まで50分なのに、遊歩道から山頂広場まで40分もかかっているという・・・
1
若干水蒸気があるものの、淡路島までよく見えました。
2020年01月11日 10:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若干水蒸気があるものの、淡路島までよく見えました。
下山は太尾道で。「大日岳」って、日本にどんくらいあるねん!ていうくらいメジャーな山名だと思う。
2020年01月11日 10:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は太尾道で。「大日岳」って、日本にどんくらいあるねん!ていうくらいメジャーな山名だと思う。
青崩に下山してランチタイム。St_mがゴボウを持ってきてくれました(@[email protected])
2020年01月11日 11:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青崩に下山してランチタイム。St_mがゴボウを持ってきてくれました(@[email protected])
2
そして、本日の第2弾(山)、葛城山へレッツらゴーゴー!
2020年01月11日 12:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、本日の第2弾(山)、葛城山へレッツらゴーゴー!
しかし、天狗谷道は酷く荒れていました。
これは抉れた部分に掛けられた橋がさらに壊れてしまったのかな?橋がなくても通れます。
2020年01月11日 12:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、天狗谷道は酷く荒れていました。
これは抉れた部分に掛けられた橋がさらに壊れてしまったのかな?橋がなくても通れます。
1
谷はこんなん。
2020年01月11日 12:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷はこんなん。
1
ここは写真右を巻いてきたところ。倒木の向こうからこんにちわ!
2020年01月11日 12:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは写真右を巻いてきたところ。倒木の向こうからこんにちわ!
谷から離れてようやく普通の登山道に。ここはショウジョウバカマが群生していたところかなぁ〜
2020年01月11日 13:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷から離れてようやく普通の登山道に。ここはショウジョウバカマが群生していたところかなぁ〜
山頂に到着!
2020年01月11日 13:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着!
1
大阪府側。さっきより水蒸気が増えたようで、淡路島の姿が確認しにくい。
2020年01月11日 13:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪府側。さっきより水蒸気が増えたようで、淡路島の姿が確認しにくい。
さっきいた金剛山。
2020年01月11日 13:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきいた金剛山。
1
遠くに大峰山脈。山頂付近だけ白いです。
2020年01月11日 13:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに大峰山脈。山頂付近だけ白いです。
天空のハッピーベルで記念撮影。
2020年01月11日 13:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空のハッピーベルで記念撮影。
2
下山はくじらの滝コースで。こっちのルートは大きな崩壊地点があり、迂回路もできています。
2020年01月11日 14:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はくじらの滝コースで。こっちのルートは大きな崩壊地点があり、迂回路もできています。
崩れ始めると、大がかりな砂防工事をしないと止まらないように思います。
2020年01月11日 14:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れ始めると、大がかりな砂防工事をしないと止まらないように思います。
1
ロープウェイの下を通過。この直前でロープウェイが下っていきました。バスの時刻が気になります・・・
2020年01月11日 14:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイの下を通過。この直前でロープウェイが下っていきました。バスの時刻が気になります・・・
ちょこっとルートを外れて櫛羅の滝に立ち寄り。弘法大師が天竺で見たクジラの滝に似ていたことから名付けられらそうな。
2020年01月11日 14:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょこっとルートを外れて櫛羅の滝に立ち寄り。弘法大師が天竺で見たクジラの滝に似ていたことから名付けられらそうな。
1
白龍大神?
なお、この後バス停に着いた時にバスがちょうど発車するところで飛び乗ったため、写真はここまで。
コンカツお疲れ様でした!
2020年01月11日 14:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白龍大神?
なお、この後バス停に着いた時にバスがちょうど発車するところで飛び乗ったため、写真はここまで。
コンカツお疲れ様でした!

感想/記録

3連休初日、天気が良さそうということで、金剛山&葛城山の二山登頂を目指す通称「コンカツ」に挑戦。今回も奥様とSt_mが同行(他人からは親子連れに見えるらしいトリオ:通称TOM)で行ってきました。自分はまだ「コンカツ」という言葉を知らない頃に深く考えず葛城山→金剛山をやったことがあるので、特に挑戦という感じではありませんが、昨春、新しい靴で行こうとして靴擦れで敢えなく断念した経緯があるので、一応、再挑戦です。

登りが得意ではない奥様のため(?)少しでも標高を稼ぐべく、金剛山はロープウェイ前の百ヶ辻(もまつじ?もがつじ?)から出発。金剛山には数多くのルートがありますが、できるだけ未踏のルートを通りたいので、今回は細尾谷からすぐ分岐する馬の背コースで登りました。このルート、傾斜が急なところが少なく、植林とはいえ比較的明るくて歩きやすく、奥様の評価もかなり高かったです。ヤマレコでも快適なルートとして紹介している方が多いように思います。

水越峠からダイトレで葛城山に登るのがイヤなので、下りは太尾道〜太尾の分岐で左折して青崩方面へ。登りと違って下りは長く、どういうわけか最近、また膝痛が出やすくなった自分には辛いルートでした。水越峠を通る方が累積標高差が小さくなるので楽だったかも、と、後悔しても後の祭りですね。なお、下りの得意な奥様と若くて軽量級のSt_mにとっては快適なルートのようでした。

青崩でまったりランチタイムの後、天狗谷道で葛城山に登り返し。天狗谷道は数年前に奥様と一緒に登ったことがありますが、要所要所しか覚えていませんでした。が、その後の台風の影響で登山道がかなり崩れていました。特に序盤の谷道の崩壊が酷く、ぼーっと登っているとロストしそうな所も。踏み跡があってテープも充実しているので、注意して登れば問題ありません。なお、倒木の下を潜るところも多く、屈んだりするのがおじさんには億劫でした(~_~;)

葛城山の山頂は見晴らしがいいし、ゆっくりお茶でもしたかったのですが、風が吹くと寒いので下界の景色を堪能してすぐに下山。下山路もお初のくじらの滝コースで。なお、このルートも崩壊が進んでいて大きく巻く道ができていました。登山道もえぐれているところが多く歩きにくいので、快適ではないと思います。傾斜がきついところや階段も多く、しかも段差が大きかったり階段も崩れていたりと、膝に優しくないルートでした(-.-)

奥様的には二山登頂で「なんだか得した気分」のようでした。一旦下山したらもう一回登るのは面倒くさいのですが、金剛山だけ、葛城山だけ、というような山行では満足しなくなりつつあるので、春以降は大峰や台高のロングルートを考えないと・・・
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:171人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/11
投稿数: 3708
2020/1/13 10:49
 ここにも登り返しが癖になりつつある方々が・・
野鳥の餌場 凄いですね〜、僕も行ってみたい〜
高峰温泉だったか、野鳥の餌場が談話室の裏にあって
時折飛んでくるいろんな野鳥を飽きずに見てました
登録日: 2015/7/16
投稿数: 497
2020/1/13 18:32
 Re: ここにも登り返しが癖になりつつある方々が・・
cyberdocさん、まいど。

餌が減ってくるこの時期、野鳥も集まりやすいかもですね。今日登った六甲山の某所でも、木の枝に刺したミカンにメジロが寄ってきていました。
さて登り返しについては・・・やりたくはないですが、里山だとしょうがないですね(^_^;) 次のステップは西穂への登り返しの繰り返しですかね!
登録日: 2013/9/22
投稿数: 2428
2020/1/14 7:51
 TOMの皆さま
おはようございます🎵
へぇ。金剛山と葛城山の合わせ技を「コンカツ」って言うんですねぇ ( ̄∇ ̄)
2座登頂で得した気分になる奥様は、本当に山に目覚めてしまいましたね (≧∇≦)b
うちの奥様なんか「ひとつ登ったからもう登らなくていいよ💢」となりますよ (T_T)
お疲れさまでした〜 (´▽`)ノ
登録日: 2015/7/16
投稿数: 497
2020/1/15 18:04
 Re: TOMの皆さま
kazu5000さん、まいど!
2座ゆうてもラベルがしれてますから、気持ちですよ気持ち。
山登り+焼肉の組合せと同じ様なもんちゃうかと思います(^_^;)
違う?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ