また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2206167 全員に公開 山滑走尾瀬・奥利根

会津駒ヶ岳 ツリーラン日和

日程 2020年02月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候風雪
→時間1cm程度の降雪続く、山麓はほとんど風はないが、標高上げるにつれ風が出てきて山頂で5〜8m/s(瞬間的には10m/s以上)、午後になると山麓では次第に晴れてきた。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
滝沢登山口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間27分
休憩
1時間0分
合計
8時間27分
S会津駒ヶ岳登山口05:5906:29会津駒ヶ岳滝沢登山口06:4007:43ヘリポート跡07:4508:40水場08:4810:41駒の小屋11:09会津駒ヶ岳11:3712:01駒の小屋13:23水場13:40ヘリポート跡13:4514:03会津駒ヶ岳滝沢登山口14:09会津駒ヶ岳登山口14:1514:17駒ヶ岳登山口バス停14:22村営グラウンド14:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・融解凍結層に雪あられを含む多量降雪、基本的に雪崩危険度が高い
→JANの谷川武尊エリアの危険度はレベル3(considerable)。https://nadare.jp/avalanche_informations/536
標高1600m樹林帯で一連の降雪約70cm、積雪200cm以上
→地形を選んで滑走することを心がけた。

写真

日の出前にスタート
2020年02月02日 05:53撮影 by SH-L02, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前にスタート
1
前日のトレース薄くあり
2020年02月02日 06:24撮影 by SH-L02, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日のトレース薄くあり
視界悪め
2020年02月02日 10:11撮影 by SH-L02, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界悪め
駒の小屋
2020年02月02日 10:34撮影 by SH-L02, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒の小屋
1
山頂付近はプチモンスター
2020年02月02日 11:59撮影 by SH-L02, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近はプチモンスター
ツリーラン快適♪
2020年02月02日 12:27撮影 by SH-L02, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリーラン快適♪
ランチ
腹が減っては力が出ぬ
2020年02月02日 12:57撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチ
腹が減っては力が出ぬ
1
午後 晴れてきた
2020年02月02日 13:14撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後 晴れてきた
1
東面は標高下げても日射の影響を受けにくく、いい雪保たれます
2020年02月02日 13:25撮影 by SH-L02, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東面は標高下げても日射の影響を受けにくく、いい雪保たれます
1
徐々に藪スキーとなる
2020年02月02日 13:32撮影 by SH-L02, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に藪スキーとなる
今日もGEZAN!
2020年02月02日 14:09撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もGEZAN!
3

感想/記録
by MLMO51

・奥会津3日目、冬型が弱まる今日を狙って今季2度目の会津駒ヶ岳に入山。前日なスキー場内での積雪断面観測(標高1250m)では新雪30〜40cmが融解凍結層に乗るものの、結合は悪くなく顕著な不安定性を感じなかった。しかし森林限界より上部は分からないし、霰雪も降っていたので地形を選んだ滑走に徹するべきだろう 。

・4時30分起き、バスの横をすり抜け駐車場着。一番乗り。6時前スタート。いつも通り準備に時間がかかる。駐車場からシール付けて行けた。前日のトレースあり。

・冬尾根のとりつきが核心だった、試しに前日の一番トレース追って早い段階で尾根へ上がるルートを辿ってみたが危険だった。斜度あるところはすぐ下に凍結層があり、スリップしやすい。なるべく谷を詰める正規(?)ルートがベターなのだろう。これも勉強。

・尾根にあがればひたすらラッセル、が、ペース上がらずhjswさんにお先に行ってもらい、あとはそのトレースをひたすら辿るのみ。先行ラッセルありがとうございました。
やはり1ヶ月入山のブランクがあるのが原因か、ペースを維持できない、疲れやすい。

・森林限界越えてくると視界が悪くなる、冬型弱まっているとはいえ、やはり山は冬。ただし風がそこまで強くないのが幸い。寒さにやられる心配はなさそうだったので、一応山頂を目指す。hjswさんは1990ピークを起点に何度か滑りを楽しまれた様子。

・山頂は風避けはなく、気温マイナス10度で体感風速5〜8m/s程度、標高高いスキー場の厳冬期レベルで何とかしのげる寒さ。もうワンランク風が強くや気温が低かったら自分には無理だろう。写真をとり滑走準備にとりかかる。
オープンバーンを滑りたく、少し落とせば視界もよくなる期待も込めて源六郎沢へ滑り込んだがあえなく断念。トラバースして駒の小屋へ戻った。

・こんな日はツリーラン日和。先月に比べたら藪も埋まって快適な斜面が増えた。東面を開拓したい気持ちを抑えつつ、安全第一で地形を選んで滑走した。
訪問者数:509人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ