また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2210103 全員に公開 ハイキング丹沢

東丹沢 土山峠から仏果山、高取山

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
本厚木駅から宮ケ瀬行きバスで土山峠BS下車 帰りは半原BSから厚木バスセンター行きで本厚木駅下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間12分
休憩
16分
合計
3時間28分
S土山峠10:3310:38旧土山峠10:3811:09土山峠・半原越方面分岐11:1011:24革籠石山11:2511:44熊古谷山11:4411:50八州ヶ峰11:5111:56馬渡分岐11:5612:05衣浸山12:0512:16仏果山12:1812:36宮ヶ瀬越12:3612:46高取山12:5913:08小高取13:0913:50愛川ふれあいの村13:5113:57愛川ふれあいの村野外センター前バス停14:06半原バス停14:0614:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
革籠石山から仏果山まではヤセ尾根の連続 ロープ、鎖箇所複数あります

写真

土山峠BSから少し戻ったところに登山口
2020年02月08日 10:28撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土山峠BSから少し戻ったところに登山口
清川宝の山の石柱
2020年02月08日 10:29撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清川宝の山の石柱
しばらく冬枯れの明るい道
2020年02月08日 10:35撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく冬枯れの明るい道
この看板右側登ります
2020年02月08日 10:40撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板右側登ります
稜線出るまでなかなか急登
2020年02月08日 10:42撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線出るまでなかなか急登
植林帯抜けると再び明るい道
2020年02月08日 10:50撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯抜けると再び明るい道
独特の色の宮ヶ瀬湖も見えてきます
2020年02月08日 10:53撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独特の色の宮ヶ瀬湖も見えてきます
1
良い天気です
2020年02月08日 10:55撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い天気です
良い感じの道がしばらく続きます
2020年02月08日 11:00撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じの道がしばらく続きます
稜線出ました 経ヶ岳など右折して行く山も好きですが、今日は左のヤセ尾根連続ノック浴びに
2020年02月08日 11:10撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線出ました 経ヶ岳など右折して行く山も好きですが、今日は左のヤセ尾根連続ノック浴びに
革籠石山に到着 何人か休憩中
2020年02月08日 11:24撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
革籠石山に到着 何人か休憩中
1
次のピーク 尖ってます
2020年02月08日 11:24撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピーク 尖ってます
だんだん不安になってきます
2020年02月08日 11:26撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん不安になってきます
たまにはほっとできる幅の道も
2020年02月08日 11:44撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまにはほっとできる幅の道も
道自体に傾斜なく石がなければまずまず余裕
2020年02月08日 11:45撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道自体に傾斜なく石がなければまずまず余裕
ここもまだ余裕
2020年02月08日 11:46撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもまだ余裕
不安が募るポイント
2020年02月08日 11:47撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不安が募るポイント
先程見えたピーク上か
2020年02月08日 11:51撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程見えたピーク上か
結構やな感じです
2020年02月08日 12:02撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構やな感じです
最後の急登を這いつくばってこなします
2020年02月08日 12:12撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登を這いつくばってこなします
2
仏果山 混んでたので先を急ぎます
2020年02月08日 12:17撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏果山 混んでたので先を急ぎます
1
宮ヶ瀬越からも多少岩っぽいところもあります
2020年02月08日 12:44撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮ヶ瀬越からも多少岩っぽいところもあります
高取山の展望台から 甲斐駒ヶ岳がうっすらと見えます
2020年02月08日 12:55撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高取山の展望台から 甲斐駒ヶ岳がうっすらと見えます
展望台から
2020年02月08日 12:56撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から
高取山から見た仏果山
2020年02月08日 12:56撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高取山から見た仏果山
丹沢の主脈
2020年02月08日 12:56撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢の主脈
1
下りは穏やか
2020年02月08日 13:04撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは穏やか
台風の被害もありました
2020年02月08日 13:39撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の被害もありました

感想/記録

ドキドキするような苦手な高度感あるような道を時折通りたくなるときがあります。昨日がまさにそれで、仏果山周辺のヤセ尾根を選んで歩いてみました。2年ぶりくらいで少しは恐怖心克服できたかと思いましたが、その点は余り上達なくガッカリでした。革籠石山から仏果山までの区間がそれにあたります。それでも通るの二度目なので写真たくさん撮るくらいの余裕はありました。仏果山に到着して昼食取ろうとしましたが、結構混雑してましたので、高取山まで進みました。この区間くらいの尾根のヤセ方、高度感が私にはちょうど良く、アップダウン楽しみながら歩けました。高取山の展望台に登りましたが、山と山の間から甲斐駒ヶ岳をかすかに望むことできました。前回はさらに直進してダムの方におりましたが、今回はここから愛川ふれあいの村経由で半原までのコースを選択しました。緩い勾配の階段の整備されている拍子抜けするくらい歩きやすい道でした。ちょうどバスが待機してましたのでタイミング良く帰路につくことできました。
訪問者数:116人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 ヤセ尾根
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ