また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2213506 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

出会いの丘〜雁坂小屋(黒岩コース)

日程 2020年02月08日(土) 〜 2020年02月09日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴。夜半から早朝に掛け若干の雪。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
出会いの丘駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.6〜1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間25分
休憩
0分
合計
8時間25分
Sであいの丘06:4406:54黒岩尾根登山道入口06:5408:53あせみ峠08:5413:05黒岩展望台分岐13:0514:54雁坂小屋14:5515:12ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

林道、土砂崩れ地点
2020年02月08日 07:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道、土砂崩れ地点
1
林道終端部。黒岩コース登山口。
2020年02月08日 07:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終端部。黒岩コース登山口。
積雪が無いところもありますが、ひたすら続く細く長い傾斜道に慄く。
2020年02月08日 07:59撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪が無いところもありますが、ひたすら続く細く長い傾斜道に慄く。
1
小屋番さんが設置してくれているのだろう。
こんな感じの看板が所々あり、ほのぼのして疲れが癒される。
2020年02月08日 08:21撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋番さんが設置してくれているのだろう。
こんな感じの看板が所々あり、ほのぼのして疲れが癒される。
あせみ峠を越えるとベンチ。バテ気味だったので非常に助かる。
2020年02月08日 08:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あせみ峠を越えるとベンチ。バテ気味だったので非常に助かる。
この辺りでは50m歩くと休む感じでフラフラ状態。
軽い脱水状況だったと思われる。
この時点ではとても黒岩展望台に登る気力は無かった。
2020年02月08日 13:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りでは50m歩くと休む感じでフラフラ状態。
軽い脱水状況だったと思われる。
この時点ではとても黒岩展望台に登る気力は無かった。
小屋まで残り400mの標柱から相棒が最初に通過したものの、テント場の合流までズブズブ状態。KO寸前で便所国道を通過する。
2020年02月08日 14:53撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋まで残り400mの標柱から相棒が最初に通過したものの、テント場の合流までズブズブ状態。KO寸前で便所国道を通過する。
小屋に到着。相棒の笑顔を見て安堵した。
そして計画を乱した申し訳なさで自嘲する。
2020年02月08日 15:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に到着。相棒の笑顔を見て安堵した。
そして計画を乱した申し訳なさで自嘲する。
1
小屋間の吹き溜りは積雪が多い
2020年02月08日 15:21撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋間の吹き溜りは積雪が多い
1
初日はバテバテで敬遠した黒岩展望台。ごっつ直登。
素晴らしい景観。
黒岩コースに来たからには絶対登るべし!
ただし下りは滑るので注意すべし!
2020年02月09日 08:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初日はバテバテで敬遠した黒岩展望台。ごっつ直登。
素晴らしい景観。
黒岩コースに来たからには絶対登るべし!
ただし下りは滑るので注意すべし!
1
黒岩展望台からの雁坂嶺。
登頂したかったが今回は断念。
2020年02月09日 08:49撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩展望台からの雁坂嶺。
登頂したかったが今回は断念。
1
雲取山の方向
2020年02月09日 08:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山の方向
1
雁坂小屋から0.4km標柱間にて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂小屋から0.4km標柱間にて
1
撮影機材:

感想/記録

豆焼橋からの林道から積雪あり。
当初は若干雪が残っているだけと鷹を括っていたが細いトラバースとあせみ峠を超えたあたりから積雪が20cm程度あり、先月末の降雪から誰も訪れていなかったらしく、ひたすら鹿🦌の足跡を辿るようなコースで当初の計画は破風山避難小屋としていたが数え切れない踏み抜きにバテてしまい相棒には迷惑を掛けたが雁坂小屋にお世話になった。
冬季開放してくれる雁坂小屋は非常に助かった。
ありがとうございました。
そんなこんなでバテバテのトラウマから抜け出せず翌日は雁坂嶺も攻めずに下山したが今回は計画の甘さからも正解だったと思う。
これを糧に今後の課題解決と教訓としたい。

それにしても携帯バッテリー切れと俺の体力切れまでとは色々重なるものだ…
訪問者数:122人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ