ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 2214208
全員に公開
山滑走
白馬・鹿島槍・五竜

風吹岳

2020年02月08日(土) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
08:54
距離
13.8km
登り
1,313m
下り
1,309m
歩くペース
標準
1.01.1
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
8:22
休憩
0:31
合計
8:53
6:05
335
スタート地点
11:40
11:40
55
1627m付近
12:35
12:50
26
風吹山荘
13:16
13:32
86
風吹岳頂上
14:58
ゴール地点
天候
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
北野の除雪終了地点に駐車。
数台停めれる駐車スペースは除雪してある
(端に停めすぎてスタックしてしまい、、スコップでなんとか掘り脱出。30分タイムロス。駐車場敗退かと思った)
コース状況/
危険箇所等
地形図の林道はもう少し上まで伸びている
1250m過ぎまではいい感じで行けた、そしていい斜面
1300付近の平坦地がキモのよう ちょっと複雑
右手よりに進むも斜面の向きによるためか灌木が密

少しのミスがやがて軌道修正できなくなり断念
残雪期は多少複雑でもなんとかなりそう
雪の多い年の春なんかだと遊べそうな気はするので、またうろうろ歩いてみようかと思う
その他周辺情報 下山後の風呂はサンティンおたり 600円
初めての北野から
いきなり深い。思わず笑ってしまう
2020年02月08日 06:12撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2/8 6:12
初めての北野から
いきなり深い。思わず笑ってしまう
いつもの癖ですぐに林道を離れて行くが大失敗。
沢の水量もまあまあ多い
2020年02月08日 06:36撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
1
2/8 6:36
いつもの癖ですぐに林道を離れて行くが大失敗。
沢の水量もまあまあ多い
藪もビンビンだし
2020年02月08日 06:52撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2/8 6:52
藪もビンビンだし
結局林道に上がる。
おとなしく林道歩きで来るんだった
2020年02月08日 07:02撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
1
2/8 7:02
結局林道に上がる。
おとなしく林道歩きで来るんだった
林道を離れ斜面に取り付く
2020年02月08日 07:34撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2/8 7:34
林道を離れ斜面に取り付く
地形図の林道はまだ上まで伸びていた
2020年02月08日 08:47撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2/8 8:47
地形図の林道はまだ上まで伸びていた
灌木多い
2020年02月08日 09:39撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
1
2/8 9:39
灌木多い
滑りも楽しめない斜面
帰りは使えないだろう
もう帰りのルートの事は考えず、ひたすら登る
2020年02月08日 10:10撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2
2/8 10:10
滑りも楽しめない斜面
帰りは使えないだろう
もう帰りのルートの事は考えず、ひたすら登る
藪おおく登れる場所が限定される
おまけにスカスカの激ラッセル
一番辛いパターンのラッセル
2020年02月08日 10:23撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
1
2/8 10:23
藪おおく登れる場所が限定される
おまけにスカスカの激ラッセル
一番辛いパターンのラッセル
岩屋のようなとこで休憩。
アウターもびちゃびちゃ。インナーも汗だくでびちゃびちゃ
寒くてゆっくりできない
おうち帰りたい
2020年02月08日 10:26撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
4
2/8 10:26
岩屋のようなとこで休憩。
アウターもびちゃびちゃ。インナーも汗だくでびちゃびちゃ
寒くてゆっくりできない
おうち帰りたい
灌木多く、岩場もある
2020年02月08日 10:45撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
1
2/8 10:45
灌木多く、岩場もある
うーんマンダメ
これはダメだわ
とりあえず1627を目指そう
2020年02月08日 11:26撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 11:26
うーんマンダメ
これはダメだわ
とりあえず1627を目指そう
なんとか稜線に上がる
2020年02月08日 11:28撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2
2/8 11:28
なんとか稜線に上がる
いいじゃないの
2020年02月08日 11:37撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 11:37
いいじゃないの
1627台地はいい雰囲気で少し元気が出る
2020年02月08日 11:42撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
4
2/8 11:42
1627台地はいい雰囲気で少し元気が出る
やんわり南俣沢へ入る
2020年02月08日 11:56撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 11:56
やんわり南俣沢へ入る
振り返る
奥の台地が1627m
2020年02月08日 12:04撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 12:04
振り返る
奥の台地が1627m
もうすぐ小屋
2020年02月08日 12:32撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2
2/8 12:32
もうすぐ小屋
風吹山荘
2020年02月08日 12:35撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 12:35
風吹山荘
玄関先に潜り込んで休憩。
ゴーグル装着。グローブ交換
2020年02月08日 12:37撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 12:37
玄関先に潜り込んで休憩。
ゴーグル装着。グローブ交換
小屋を見下ろす
昨年の1月19日に来た時と同じくらいの積雪量のようにも見えるがどうなんだろ
2020年02月08日 12:57撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 12:57
小屋を見下ろす
昨年の1月19日に来た時と同じくらいの積雪量のようにも見えるがどうなんだろ
素敵な斜面だが、深すぎる
帰りは直滑降だろう
2020年02月08日 13:03撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 13:03
素敵な斜面だが、深すぎる
帰りは直滑降だろう
やっとで山頂着。
半分諦めていたので、嬉しい
先月横前倉からはっきり見えていた、あずまやもずいぶん埋まってしまっていた
2020年02月08日 13:20撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
4
2/8 13:20
やっとで山頂着。
半分諦めていたので、嬉しい
先月横前倉からはっきり見えていた、あずまやもずいぶん埋まってしまっていた
次の日は来馬から横前倉の予定だったので、斜面を観察する
大雪の峠は越えたと思っていたらまだだった
2020年02月08日 13:17撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
4
2/8 13:17
次の日は来馬から横前倉の予定だったので、斜面を観察する
大雪の峠は越えたと思っていたらまだだった
上部は最高だった
しかし、なんせ深すぎる
楽しむよりちゃんと帰ることに専念する
2020年02月08日 13:39撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 13:39
上部は最高だった
しかし、なんせ深すぎる
楽しむよりちゃんと帰ることに専念する
2020年02月08日 13:49撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2
2/8 13:49
ツアーコースなのね
2020年02月08日 13:55撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 13:55
ツアーコースなのね
たぶんここ辺りだな
あと少しが進めず、シールを張る
2020年02月08日 14:02撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 14:02
たぶんここ辺りだな
あと少しが進めず、シールを張る
なるほど〜と感心しながら進む
まさにここしかないのだなというライン
2020年02月08日 14:19撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 14:19
なるほど〜と感心しながら進む
まさにここしかないのだなというライン
わかりやすい杉もある
ここを越えると...
2020年02月08日 14:22撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2
2/8 14:22
わかりやすい杉もある
ここを越えると...
やっぱりね!シュプールがいっぱい
人気コースなので、カブらないように自分なりのコースを見つけられないか探索したが、無理でした…
2020年02月08日 14:23撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 14:23
やっぱりね!シュプールがいっぱい
人気コースなので、カブらないように自分なりのコースを見つけられないか探索したが、無理でした…
シールを剥がし、残りものの斜面をいただく
2020年02月08日 14:25撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 14:25
シールを剥がし、残りものの斜面をいただく
平坦地でラッセルどろぼう
2020年02月08日 14:35撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2
2/8 14:35
平坦地でラッセルどろぼう
小屋がみえた
2020年02月08日 14:46撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
2
2/8 14:46
小屋がみえた
ブナの木亭
ここを過ぎると10人くらいの団体さんを抜かす
ラッセルのお礼をされるが、とんでもないとこに跡をつけていたので、申し訳なかった
2020年02月08日 14:46撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 14:46
ブナの木亭
ここを過ぎると10人くらいの団体さんを抜かす
ラッセルのお礼をされるが、とんでもないとこに跡をつけていたので、申し訳なかった
楽々林道ボブスレーかと思っていたら、帰りもラッセルだった
2020年02月08日 14:50撮影 by  TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
3
2/8 14:50
楽々林道ボブスレーかと思っていたら、帰りもラッセルだった

感想

北野に来るのは初めて。人気の場所というイメージがあって今まで敬遠していた。

自分なりのコースを探ってみようと、来てみたが無理だった
こんなこと雪降りの激ラッセルの日にやるもんじゃないと思った
これは帰りもハマるかもしれないので、南俣沢から帰ろう

こうゆう事は雪の締まった時がいい
また来てみようかなと思う

こうゆうキツい日は効率のよいレジェンドルートがやはり一番なのだなと感じた
帰りに辿るとそれがよくわかった

地図読みのいい勉強になったかどうかはようわからんが、いい体力作りになったのは間違いないと思う。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:811人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら