また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2214352 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白神山地・岩木山

白神岳登山口から避難小屋まで

日程 2020年02月08日(土) 〜 2020年02月09日(日)
メンバー
 noguchik(SL)
, その他メンバー1人
天候8日雪 9日雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間50分
休憩
0分
合計
6時間50分
S旧登山口08:4009:10蟶山の尾根取付11:10蟶山14:50大峰分岐15:30白神岳避難小屋
2日目
山行
5時間20分
休憩
0分
合計
5時間20分
白神岳避難小屋07:1007:50大峰分岐09:40蟶山分岐10:30夏道合流11:30二股コース分岐12:30旧登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白神岳稜線の笹内川側に雪庇が発達
風下側の踏み抜き注意

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ 着替え 予備靴ひも ザック アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ シェラフ ヘルメット スキー クトー ワカン
共同装備 ガスカートリッジ コンロ GPS

写真

蟶山へ直接上がる稜線を行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟶山へ直接上がる稜線を行く
1
白神岳の稜線へ上がる最後の急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白神岳の稜線へ上がる最後の急登
5
屋根の高さぐらいまで積もってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根の高さぐらいまで積もってました
4

感想/記録

標高360m~650mまでワカン
650m〜1050mまで山スキー
1050〜避難小屋までワカン
を利用した。
下山で、主稜線はワカン、マテ山コースは山スキーを利用した。最後の水場辺りから登山口まで永遠とトラバースが続いて、水流有りの渡渉点も2箇所程あり、トレースの無い刈り払いされた夏道が不明瞭であった。
主稜線上は暴風雪で視界5〜10m程度であった。9日に向白神岳へ行こうとしたが断念。白神岳山頂は行ってない。

山スキーの限界とワカンのポテンシャルを知る良い山行となった。ワカン:着脱をもっと早くしたい。紐の先端尖らせて、アロンαで固めるか、火であぶる。黒く塗ると穴に通しやすいとMからアドバイスをもらう。山スキー:厳冬期の深雪・緩斜面では夏道並みの早さで登れて、利用しない手がない。スキーアイゼンを履いて雪に埋まった枝の上を通ると引っ掛って頭から倒れるので、深雪や藪が出ている積雪時はスキーアイゼンを履いてはならない。深雪、クラストした雪など様々な雪質の滑走は、特に重装備だとバランスが取りづらく難しい。沢の渡渉の際など、シールを濡らしてしまうと雪団子が急成長して、足かせとなる。板が滑らなくなるので、体力を消耗する。渡渉の際は脱ぎたい。食:ウィスキーとミルクティーを混ぜると、カルアミルク似のおいしいホットアルコールができる。ビーフジャーキーは脂ののった物を炙るとおいしい。

大きな反省点としては、ソフトシェルではなく、ゴアテックスのハードシェルを持参すべきだったことである。汗で濡れて、酷く固まってしまい、体温が余計に奪われていたと思われる
訪問者数:143人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ