また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2214836 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

青空を尋ねて八十八里・エピソード 赤城山〜日の出観賞

日程 2020年02月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候ガス 極寒と爆風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・姫百合駐車場
・赤城県道は、ほぼ積雪凍結なし。
・赤城大胡線は氷結道。スタッドレス二輪駆動車は厳しい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間40分
休憩
17分
合計
1時間57分
S姫百合駐車場05:5006:21荒山高原06:36火起山06:4506:47竃山06:5506:58火起山07:16荒山高原07:46姫百合駐車場07:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ガスと極寒風の日の出観賞。山行計画において、蓼科山のガス晴れ待ちとなる、時間調整的な登山。三部作のうちエピソード気任后
コース状況/
危険箇所等
なし
その他周辺情報長門牧場は2月21日まで内装工事中で閉鎖。22日にリニューアルオープンする。

写真

9日10日連休となり、青空を尋ねる二日間の山行を計画。まずは予定通り赤城山へ向かう。自宅から見上げる満月。
2020年02月09日 04:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9日10日連休となり、青空を尋ねる二日間の山行を計画。まずは予定通り赤城山へ向かう。自宅から見上げる満月。
8
鳥居峠はガスで何も見えず、地蔵岳へ向かうが、まさしく嵐状態。気温−13℃、20m/s以上の強風。
2020年02月09日 05:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居峠はガスで何も見えず、地蔵岳へ向かうが、まさしく嵐状態。気温−13℃、20m/s以上の強風。
3
引き返して姫百合駐車場に戻る。鍋割山周辺での日の出を見に行く。月が大箕山に沈む。
2020年02月09日 05:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して姫百合駐車場に戻る。鍋割山周辺での日の出を見に行く。月が大箕山に沈む。
5
幻想的な月の入り。
2020年02月09日 05:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻想的な月の入り。
9
竈山手前から見上げる荒山。ガスと強烈な風。気温−11℃。
2020年02月09日 06:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竈山手前から見上げる荒山。ガスと強烈な風。気温−11℃。
2
子持山と小野子山もガスに飲まれようとしている。
2020年02月09日 06:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子持山と小野子山もガスに飲まれようとしている。
2
日の出。何とか間に合った。
2020年02月09日 06:35撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出。何とか間に合った。
7
霧氷に彩を添える。
2020年02月09日 06:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷に彩を添える。
6
ガスに覆われ幻想的な朝日。
2020年02月09日 06:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスに覆われ幻想的な朝日。
7
鍋割山、榛名山。八ヶ岳はガスの中。12時過ぎの晴れを信じて、今から蓼科山へ行くのだ。
2020年02月09日 06:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山、榛名山。八ヶ岳はガスの中。12時過ぎの晴れを信じて、今から蓼科山へ行くのだ。
7
さらば赤城山。
2020年02月09日 06:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば赤城山。
9
そして上信越道。ガスガスの浅間山。
2020年02月09日 09:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして上信越道。ガスガスの浅間山。
1
10時近くになるが、未だガスの中の八ヶ岳。
2020年02月09日 09:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時近くになるが、未だガスの中の八ヶ岳。
3
朝まで降雪していたようで、白樺線は積雪凍結。
2020年02月09日 10:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝まで降雪していたようで、白樺線は積雪凍結。
3
蓼科牧場脇から眺める蓼科山。雪が飛んできており、やっちまった感が漂う。
2020年02月09日 10:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科牧場脇から眺める蓼科山。雪が飛んできており、やっちまった感が漂う。
3
美しい霧氷。やはり自分を信じて、計画通り蓼科山へ向かう。蓼科山のレコ、エピソード兇紡海。
2020年02月09日 10:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい霧氷。やはり自分を信じて、計画通り蓼科山へ向かう。蓼科山のレコ、エピソード兇紡海。
16

感想/記録

 9日10日連休となったが、北アや上越県境は寒気の影響で悪天候の降雪予報。SCWや予想天気図などの情報から、考え抜いてピンポイントで晴れを予想する。

 移動時間を晴れ待ちにするように、スケジュールを組んでいく。試行錯誤を重ねて青空を尋ねる二日間の山行を計画。予定としては・・・

 メイン山行は蓼科山。9日の午前中まで蓼科山はガスが掛かるので、時間調整で赤城山へ日の出を見に行く。青空が望める14時に蓼科山山頂にいるためには、山行と移動時間から逆算して4時に自宅出発。日の出を観賞後8時頃に赤城山を出発。11時には蓼科山へ歩き出せるようにスズラン峠に到着する。

 山頂から夕焼けを見ようと思ったが、日の入りが17:30では、下山が20時近くとなり、高峰高原への移動が遅くなるのでやめて、17時までに下りて展望台から見ることにした。

 19時には高峰高原VCに到着し車中泊。日帰り入浴したい。5時に車坂峠を出発し6:30の日の出をトーミの頭から見る。正午前から曇るので黒斑山まで行き10時までに下山。青空と日の出を尋ねる二日間、移動距離が345kmとなる。青空を尋ねて八十八里。気分は少年マルコ。

 予定通り4時に自宅を出発。赤城県道は積雪凍結はほとんどない。大勢のワカサギ釣りの車が大沼方面へ曲がる。私は鳥居峠へ向かう。ガスガスで何も見えない。仕方ないので地蔵岳へ向かう。

 氷の道と化した赤城大胡線。スタッドレス二輪駆動車は厳しいだろう。小沼駐車場の温度計は−13℃、立っていられないほどの爆風、20m/s以上だろう。ガスが北西から頻繁に流れてくる。諦めて鍋割山へ。

 姫百合駐車場には一台も停まっていない。月明かりが眩い。荒山高原手前から吹き上げるように風が吹いてくる。鍋割への稜線へ出ると更に強い風で気温−11℃。子持山や小野子山もガスに包まれていた。これから向かう蓼科山など八ヶ岳も予想通りガスの中だった。

 竈山手前で日の出。何とか間に合った。竈山山頂でご来光を眺める。陽光もガスに包まれ幻想的な雰囲気。霧氷や稜線にも色を添える太陽。思いのほか時間を割いてしまったので、ここで踵を返す。

 駐車場に戻り、靴だけ履き替えて出発。前橋ICから高速。上信越道から中部横断道へ入ると、正面には未だガスの八ヶ岳。佐久南で下りて望月線へ。線で引いたようにここから積雪があった。白樺線に入ると更に積雪。融雪剤が撒いてはあるが、朝まで降雪していた模様。

 長門牧場で、来週16日に誕生日を迎えるshilokoさんに、お土産を買おうとしたが内装工事で閉鎖中だった。下山後に白樺湖周辺で買うことにした。

 蓼科牧場脇に立ち寄り、ガスガスの蓼科山を眺める。雪も飛んできた。10時30分でこれでは、久々に、やっちまった感が漂う。しかし自分を信じてやはり蓼科山へ向かうことにした。蓼科山レコ、エピソード兇愨海。
訪問者数:203人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/18
投稿数: 2402
2020/2/10 21:58
 ワイルドだろう?
growmonoさん こんばんは、
このレコを見たら続きが見たくなりますネ・・・ドラマの様に
月の中に立木がなにかETが出てきそうな構図ですね、
日の出も丸くなくガスの影響で縦長に写る太陽、
俺達にはめったに見られない景色ですよ、こんな写真どうやったら撮れるのかなばかちょんカメラで・・・諦めています。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1378
2020/2/11 20:23
 圧縮効果
 こんばんは、yasioさん。
赤城と蓼科を合わせて一つのレコにしようと思いましたが、いつも長いレコがさらに長くなるので、一つ一つにして物語調にして三部作にしました。

 月と樹林帯の写真は圧縮効果という撮影作画方法です。被写体と背景の距離感をなくし迫力ある画像になります。撮影者と被写体が、離れれば離れるほど効果がありますので、山と月、山と人物など多様できます。望遠レンズが必要なので、コンデジやスマホでは撮れません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ