また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2215072 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

本高森山、大島山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年02月09日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ-降雪-晴れ復活
山頂の風殆ど無い 途中で冷たい風1m/s?
気温 登山口-4℃ 本高森山山頂-10℃ 大島山山頂-3℃ 下山登山口1℃
本高森山手前で一時天気が崩れ、ガスガス、降雪になったが、休憩中に青空が見え始めた
一時下山も考えたが、大島山を目指しました。
その後は天候の崩れも無く晴れ間の中を歩きました。
見渡せる山は全て見せて貰いました
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松川ICから約15分
ゴルフ場を過ぎて、林道はダートです、徐行運転が必要
積雪無し、凍結路無し
登山口P地キャパ3台、少し手前カーブに2台
IC降りてコンビニ無、道の駅も無し、自販機のみ
P地にトイレなし、ポストも無し、我々はネットで提出
トイレとコンビには高速のPAで済ませる事。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間8分
休憩
1時間53分
合計
9時間1分
S本高森山登山口07:0508:15展望地08:28前高森山分岐09:26本高森山09:5211:54大島山13:0414:30本高森山14:4715:15前高森山分岐15:30展望地16:06本高森山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
P地 6:56
6:57 本高森山登山口 6:57
7:06 尾根に乗る 分岐 7:06
7:24 道標 7:24
8:16 道標 8:16
8:28 分岐 本高森山へ 8:28
8:38 道標 8:38
8:39 道標 8:39
8:54 道標 8:54
9:01 P1 9:01
9:13 道標 9:13
9:16 P2 9:16
9:26 本高森山 アイゼン装着 9:53
10:19 P3 10:19
10:25 P4 10:25
10:40 バッテリー交換 スペアーもNG 10:45
11:16 崩落地を眺める 11:16
11:37 P5 11:37
11:40 清水平 11:40
11:56 大島山 バッテリー復活 11:57
12:01 ランチ場 12:59
13:01 大島山 13:05
13:08 道標 13:08
13:08 清水平 13:08
13:52 休憩 14:00
14:30 本高森山 14:47
15:08 バッテリー切れ 15:08
15:14 分岐 ゴルフ場へ 15:14
15:20 アイゼン脱 15:25
16:02 分岐 林道へ 16:02
16:05 林道に出る 16:05
16:06 P地

工程 9:10
登り 5:00
下り 3:01
コース状況/
危険箇所等
P地登山口-前高森分岐
90分
1時間程歩くと雪が現れだす
ルート明瞭  
危険箇所 一部で路面凍結、永久凍土。
出会った人 0名
出会った獣 0 タヌキの足跡

前高森分岐-本高森山
60分
積雪登山道が約80%
つぼ足で歩く
ピークを2回越えると山頂です
地味な上り返しが有ります
ルート明瞭 全て夏道、踏み跡も多いです
危険箇所 痩せ尾根が有ります、転倒、転落に注意
樹間から展望が時々有り
出会った人 0名
出会った獣 0 

本高森山
キャパ10名
展望東に60度
出会った人 1名
出会った獣 0 
天気が急変、大変寒かったです、気温-10度でした。
積雪15cm

本高森山-清水平
110分
ノートレースです、誰も歩いていません
吹き溜まりで30cm
ルート明瞭 此処までは何とか夏道が見つかる
徐々に雪深く成ります。
危険箇所 時々踏み抜きに出会います。脱出が疲れます
辛い登り返しを3回、ヘロヘロになります。
出会った人 0名
出会った獣 0 

清水平-大島山
20分
ルート不明瞭 夏道が消えました。
歩きやすそうな雪面を歩きます。
危険箇所 時々踏み抜きに出会います。脱出が疲れます
広い笹の斜面、気持ち良い所ですが、足がヘロヘロ、20分で登った気分じゃないぞ。
出会った人 0名
出会った獣 0 

大島山山頂
数本の樹林は有りますが、絶景です。
キャパ10名
10m程進むと崖エリアが有り、其処からは中アの景色が良
積雪50cm
出会った人 0名
出会った獣 0 

下山
3時間
登ってきた道を戻ります
12アイゼンにて、安全歩行を行う
ルート明瞭 
危険箇所 踏み抜きとアイスバーンエリア
出会った人 0名 
出会った獣 0 
大島山-本高森山区間、長く感じます
本高森山-分岐区間、ここも長く感じます
分岐-登山口区間 長いです(つぼ足)
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 40Lザック レインウエア 防寒着(1) コンロ 1食 非常食 行動食 ヘッテン ストック デジカメ GPS 予備電池 タオル グローブ(5) ゴム手 ザックカバー ザブトン ネックウォーマー マグカップ バラクバラ ツェルト 12アイゼン 座布団
共同装備 キーカン つまみ

写真

スタート
雪は無く、晩秋の山に思う
2020年02月09日 06:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート
雪は無く、晩秋の山に思う
2
朝日を浴びて元気に進む
2020年02月09日 07:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びて元気に進む
2
雪が出始めました
2020年02月09日 07:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が出始めました
1
タヌキさんです
2020年02月09日 08:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タヌキさんです
2
スノーハイクにニコニコ
2020年02月09日 08:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーハイクにニコニコ
3
稜線分岐
左は前高森山、右は本高森山
2020年02月09日 08:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線分岐
左は前高森山、右は本高森山
1
P1を越えて下ります
2020年02月09日 08:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1を越えて下ります
1
山頂直下
記憶が蘇る笹原
2020年02月09日 09:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下
記憶が蘇る笹原
3
休憩をしていたら晴れて来ました。
登頂時は-10℃の降雪でして、本日は此処までの気持ちがよぎりました。
2020年02月09日 09:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩をしていたら晴れて来ました。
登頂時は-10℃の降雪でして、本日は此処までの気持ちがよぎりました。
3
大島山をめざす途中から恵那山とご対面
2020年02月09日 10:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大島山をめざす途中から恵那山とご対面
3
未踏の安平路山を眺める
2020年02月09日 10:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未踏の安平路山を眺める
4
P4を目指して
2020年02月09日 10:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4を目指して
2
右に砂岩の薙ぎエリアを通過
2020年02月09日 11:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に砂岩の薙ぎエリアを通過
1
腹が減って、歩みが鈍い
2020年02月09日 11:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹が減って、歩みが鈍い
1
清水台到着
此処からが本峰の登りです
2020年02月09日 11:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水台到着
此処からが本峰の登りです
1
夏道は不明瞭
青空が気持ち良いです
2020年02月09日 11:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は不明瞭
青空が気持ち良いです
5
踏み抜きの脱出跡
2020年02月09日 11:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜きの脱出跡
1
到着 山名のプレートは見当たりません
2020年02月09日 11:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着 山名のプレートは見当たりません
3
崖の展望地へ移動します
2020年02月09日 11:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖の展望地へ移動します
1
ランチの準備
2020年02月09日 12:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチの準備
5
隠し味とつまみ
2020年02月09日 12:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隠し味とつまみ
2
全然辛くない
2020年02月09日 12:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全然辛くない
2
キムチチゲの完成
食べてる間は温いです
2020年02月09日 12:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キムチチゲの完成
食べてる間は温いです
6
南駒ケ岳 仙涯嶺 右奥のモッコリは空木岳
2020年02月09日 12:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ケ岳 仙涯嶺 右奥のモッコリは空木岳
5
奥念丈岳と越百山
2020年02月09日 12:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥念丈岳と越百山
4
大島山山頂に戻って
南アを眺める
八ツも見えましたよ
2020年02月09日 13:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大島山山頂に戻って
南アを眺める
八ツも見えましたよ
5
鋸岳 東駒ケ岳 千丈ヶ岳
2020年02月09日 13:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳 東駒ケ岳 千丈ヶ岳
3
根開きが始まっています
2020年02月09日 13:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根開きが始まっています
2
白根三山と農鳥岳
2020年02月09日 13:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根三山と農鳥岳
4
塩見岳、その右は蝙蝠岳?
2020年02月09日 13:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳、その右は蝙蝠岳?
4
荒川三山と赤石岳
2020年02月09日 13:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川三山と赤石岳
3
P3辺りかな?
2020年02月09日 13:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3辺りかな?
2
本日最後の展望
2020年02月09日 15:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後の展望
1

感想/記録

今回は雪が少ないので届きましたが、例年の積雪でしたら、届かないと思う。
天気が崩れた後に巻き返してくれて本当に助かりました。
崩れたままでしたら、途中で撤退していたでしょう。
大島山山頂先からの絶景。念丈岳、奥念丈岳、越百山、仙涯嶺、南駒ケ岳、空木岳
山頂は風も穏やかで、マッタリ出来ました。
GPSの電池が気温に負けて、綺麗に取れませんでした。
なので相方のGPSを戴いて掲載します。
雪山の15kmはしんどいですね、反省しております。
例年の積雪出したら、おそらく登頂できないと思います。
また、登山口までも車が入れないかも。
登り返しのしんどい稜線なので、ペース配分に注意して、歩く必要が有ります。

装備
40Lザック ストック
レインウエア ウインドウジャケット グローブ5種 ゴム手袋 帽子 
コンロ 1食 行動食 非常食 水1L 
スマホ デジカメ ヘッテン GPS 予備バッテリー
マグカップ バラクバラ 座布団
ザックカバー ツエルト レスキューシート
12アイゼン ネックウォーマー
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:199人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ