また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2250583 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八幡平・岩手山・秋田駒

岩手山(七滝登山口、屏風尾根鬼ヶ城周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。風は強くない。
七滝(朝)−6℃くらい
山頂−2℃くらい
暖かくて、場所によっては雪が腐ってました。靴がマシュマロになる〜。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
またまたアイフォレスト駐車場を使わせてもらいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間16分
休憩
38分
合計
12時間54分
Sスタート地点03:2803:41岩手山七滝登山口04:11七滝コース最短登山口06:14赤倉岳06:1508:02米倉08:0308:31平笠不動避難小屋08:3309:18岩手山09:4009:42焼走り分岐09:58不動平10:09不動平避難小屋10:1310:23鬼ヶ城分岐10:2612:09割れ岩(仮称)12:1012:35鬼ヶ城西12:3814:36湯華採取跡14:3715:09一服峠15:32七滝15:44七滝コース最短登山口16:14岩手山七滝登山口16:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般的には、固まった雪に少し柔らかいのがのっかっている感じ。あまり沈まない。
もちろん、所々に吹き溜まりがありますが、膝までってのはほぼなし。

七滝から赤倉岳まではスノーシュー。
鬼ヶ城西まではアイゼンで、その後は七滝まで再びスノーシュー。

赤倉周辺、ブッシュが結構見えていて雪は多くないけど、ほとんど踏み抜かない。ハイマツの枝の中も凍っているのかな。

平笠不動より上、登りがキツくなってきた辺りからはカッチカチの氷の斜面。アイゼンは効くので、吹き溜まってないところを選んで登った。

鬼ヶ城尾根は去年より雪が多く付いていて、序盤の一回下りて登り返した後の、大岩の北側を巻いて行くところも切れ落ちてて狭くて怖かった。
その手前、最上部から下り始めてすぐの、大岩の南側を巻いて行くところが怖いのは相変わらず。
やっぱり鬼ヶ城、怖い。

その後、鬼ヶ城西までは日当たりが良く雪がベッタベタ。足が雪ダンゴになるので、斜面のトラバースでは2、3歩ごとにピッケルで叩き落とすのが大変。

尾根から下がって御苗代湖の周辺は、柔らかい雪の斜面。スノーシューには雪がくっつきませんでしたが、浅いけど重い。

湯の華採取場跡手前には急降下ポイントがありました。雪が柔らかいので、スノーシューのまま木につかまりながら下りました。登るのは無理かも。もうちょっと地獄谷寄りまで行けば(急斜面ですが)登れるところがあります。
その他周辺情報中山地区チェーン脱着場のトイレ、3月30日から使えなくなります。

写真

七滝。
その先にもトレースがあります。
2020年03月08日 04:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七滝。
その先にもトレースがあります。
1
スノーシューのトレース、でか!
ビックフット(仮称)さんについて行きます。ありがたい。
2020年03月08日 04:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューのトレース、でか!
ビックフット(仮称)さんについて行きます。ありがたい。
空が白んできました。
2020年03月08日 05:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が白んできました。
夜明け前の黒倉。
2020年03月08日 06:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前の黒倉。
3
お日さんが当たってきました。
もうすぐご来光。
2020年03月08日 06:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お日さんが当たってきました。
もうすぐご来光。
4
平笠不動のところからお日さんが上がってきました。
この後、カメラが動かなくなってしまいました(泣)
2020年03月08日 06:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平笠不動のところからお日さんが上がってきました。
この後、カメラが動かなくなってしまいました(泣)
5
屏風尾根上部から、米倉と岩手山。
前回はびびってこの左下を巻いてきました。
トレースのおかげでここを通れました。

スマホで写真撮るとバッテリー減るから、今日は枚数控えめ。
2020年03月08日 07:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風尾根上部から、米倉と岩手山。
前回はびびってこの左下を巻いてきました。
トレースのおかげでここを通れました。

スマホで写真撮るとバッテリー減るから、今日は枚数控えめ。
3
平笠不動の第二峰から岩手山。
この辺、かなりいいかも。
今日は、ホントに勉強になりました。
2020年03月08日 08:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平笠不動の第二峰から岩手山。
この辺、かなりいいかも。
今日は、ホントに勉強になりました。
3
指が・・・
2020年03月08日 08:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
指が・・・
1
平笠不動の小屋は埋まっています。
そういえば、冬用の入り口なかったな。
2020年03月08日 08:30撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平笠不動の小屋は埋まっています。
そういえば、冬用の入り口なかったな。
3
山頂に着きました。
看板は白い生き物?になってました。
トレースのおかげで、予定より1時間以上早い。
2020年03月08日 09:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。
看板は白い生き物?になってました。
トレースのおかげで、予定より1時間以上早い。
5
お鉢には雪が多い。
べちゃ雪が凍ったのかな?
2020年03月08日 09:46撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢には雪が多い。
べちゃ雪が凍ったのかな?
1
これも指が・・・
今日はこの間登り損ねた鳥海山が見えました。
午後は見えなくなりますが。
2020年03月08日 09:50撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも指が・・・
今日はこの間登り損ねた鳥海山が見えました。
午後は見えなくなりますが。
1
不動平の小屋もこんな感じ。
こんなに埋まってるのは初めて見ます。
冬でも梯子登って入ったもんなぁ。
2020年03月08日 10:09撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平の小屋もこんな感じ。
こんなに埋まってるのは初めて見ます。
冬でも梯子登って入ったもんなぁ。
4
上?
御神坂分岐の「上」
自然の造形美。
2020年03月08日 10:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上?
御神坂分岐の「上」
自然の造形美。
1
いよいよ、鬼ヶ城核心部。
行けるかな?
2020年03月08日 10:53撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ、鬼ヶ城核心部。
行けるかな?
4
鬼ヶ城、を撮ったつもり。
実はこの先(撮影者の後ろ)が鬼ヶ城(笑)
また指。
2020年03月08日 11:47撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ城、を撮ったつもり。
実はこの先(撮影者の後ろ)が鬼ヶ城(笑)
また指。
2
鬼ヶ城尾根から内側に下りてきました。
スカパー湖?の縁までは未知のルート。
よく観察しながら、なるべく高度を落とさないようにトラバース。
また指(怒)
2020年03月08日 13:20撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ城尾根から内側に下りてきました。
スカパー湖?の縁までは未知のルート。
よく観察しながら、なるべく高度を落とさないようにトラバース。
また指(怒)
3
縁まで登らないつもりでしたが、出てしまいました(笑)御苗代湖。
空の青が好き。
2020年03月08日 13:50撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縁まで登らないつもりでしたが、出てしまいました(笑)御苗代湖。
空の青が好き。
2
黒倉にお日さんが隠れます。
湯の華採取場跡。ここまで来れば、後は知った道。一安心です。
2020年03月08日 14:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒倉にお日さんが隠れます。
湯の華採取場跡。ここまで来れば、後は知った道。一安心です。
3

感想/記録

やっぱり鬼ヶ城手強い!
屏風尾根、楽しい。

すごくいい天気で、ムチャクチャ楽しかった。
ただ、このルートなら一泊した方が良かったかな。
もったいなかったし結構くたびれた。
もうちょっとゆっくり楽しみたかった。

時間が早かったら鬼ヶ城も回ろうという計画でした。
トレースのおかげで、山頂までは1時間以上早く、そこから鬼ヶ城西まではほぼ予定通りでした。誤算はそこから後のペースが上がらなかったことかな。
御苗代湖までは積雪期に何回か行ってましたが、帰り着いた時刻を考えるともうちょっと余裕が欲しかったです。
スタートの30分遅れもまずいなぁ。
先週もだったし、どうしても出だしはなぁ・・・

でも、ホントに先行者の方には感謝、感謝です。変な呼び方してごめんなさい。
まず赤倉岳手前、今までは何となく雪庇が怖くて尾根筋を避けて迂回していたので、硬い斜面のトラバース。そのため、スノーシュー→アイゼンにチェンジして、その後の踏み抜き地帯でまたアイゼン→スノーシューに履き替えとタイムロスが激しかった。
屏風尾根から米倉の間もそう。
雪の状態次第かもしれないけど、勉強になった〜

ペース配分も気をつけねば。
トレースたどってるって事は、スリップストリーム使ってるのと同じ。タイム早くても過信は禁物。
御苗代湖側に下り始めてから御苗代湖の縁までは未踏だったので、振り返ってみると無謀だったかもしれない。
いろんなところに行きたいので、これからも準備、しっかりしていきたいと思います。

いゃ〜楽しかった。
まだ筋肉痛は来てません。明日はヤバそう(現在、月曜の夜)。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:329人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ