また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2251243 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 妙高・戸隠・雨飾

黒姫山で雪洞泊にチャレンジしてみた。

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年03月07日(土) ~ 2020年03月08日(日)
メンバー
天候初日 快晴(薄雲あり)
2日目 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
信濃町ICより
大橋登山口へ(駐車場は10台程度)ほぼ満車でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間16分
休憩
1時間35分
合計
6時間51分
S大橋登山口08:0409:02新道登山道入口10:14新道分岐11:21しなの木11:2312:11姫見分12:1912:39しらたま平12:4313:13峰ノ大池分岐13:1513:31黒姫山14:5014:55峰ノ大池分岐
2日目
山行
2時間5分
休憩
11分
合計
2時間16分
峰ノ大池分岐09:0409:25しらたま平09:38姫見分09:4410:01しなの木10:23新道分岐10:42新道登山道入口10:4411:17大橋登山口11:2011:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
08:05 大橋登山口
09:00 新道登山道入口
10:15 新道分岐
11:20 しなの木
12:10 姫見分
12:40 しらたま平
13:15 峰ノ大池分岐
13:30 黒姫山 (山頂の奥の斜面で雪洞をほりはじめたが、場所変更14:50)
14:55 峰ノ大池分岐(の手前の斜面で雪洞を掘る)

6:00起床
水作りと朝食
撤収、雪洞を更地にする

09:05 峰ノ大池分岐
09:25 しらたま平
09:40 姫見分
10:00 しなの木
10:20 新道分岐
10:40 新道登山道入口
11:20 大橋登山口
コース状況/
危険箇所等
当初は、黒姫高原スノーパークからの登山ルートを予定していましたが、この時期に登っている人がいない感じだったので、急遽、大橋登山口からのルートでのピストン山行に変更しました。
その他周辺情報信濃町ICから行けるコンビニは、登山口の逆側に1件あるのみ
セブンイレブン信州信濃町野尻店 026-251-8038

むれ温泉 天狗の館
http://www.organic-resort.co.jp/tengu/
登山口から30分くらい掛かる。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スコップは1人1本<br />ツエルトも各自もってきてね(時間があれば一人用の雪洞も作ってみたい)
共同装備 ゾンデ棒・スノーソー

写真

本日は北信へ向かっております。最高級の天気です。長野道から妙高山が見えてきました。その隣の黒姫山を本日は狙っております。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は北信へ向かっております。最高級の天気です。長野道から妙高山が見えてきました。その隣の黒姫山を本日は狙っております。
2
登山口(大橋登山口)の駐車場、7:40着でしたが、ほぼ満車状態。8:05登山開始です。本日のメンバー4名、出発の記念撮影です。
2020年03月07日 08:07撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口(大橋登山口)の駐車場、7:40着でしたが、ほぼ満車状態。8:05登山開始です。本日のメンバー4名、出発の記念撮影です。
2
いざ、出発です。しばらくは林道を緩やかに登っていきます。
2020年03月07日 08:22撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、出発です。しばらくは林道を緩やかに登っていきます。
この山は基本、日帰り登山者が多いので、この大荷物は少し浮いています。
2020年03月07日 08:22撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山は基本、日帰り登山者が多いので、この大荷物は少し浮いています。
3
空は、真っ青の青空というほどではありませんが、いい天気です。風もありません。
2020年03月07日 09:27撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空は、真っ青の青空というほどではありませんが、いい天気です。風もありません。
1
しばらく歩くと暑くてジャケットを脱ぎました。荷物が重くてあえいでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと暑くてジャケットを脱ぎました。荷物が重くてあえいでいます。
3
YD氏、若いので半袖です。
2020年03月07日 09:27撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YD氏、若いので半袖です。
2
林道歩きから、登山道に入ると踏み抜きすることが多くなってきたので、わかんの装着をしました。結構、手前からのわかんの装着です。
2020年03月07日 09:37撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道歩きから、登山道に入ると踏み抜きすることが多くなってきたので、わかんの装着をしました。結構、手前からのわかんの装着です。
2
日暈(ひがさ、にちうん)です。ハロ現象とも言うらしいです。
2020年03月07日 10:52撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日暈(ひがさ、にちうん)です。ハロ現象とも言うらしいです。
2
ちょっと上がってくると風が少し出てきたのでジャケットを着ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと上がってくると風が少し出てきたのでジャケットを着ました。
2
穏やかな天候。春の様相です。
2020年03月07日 11:08撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな天候。春の様相です。
2
中央、南アルプスも遠くに見えてきました。
2020年03月07日 11:25撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央、南アルプスも遠くに見えてきました。
2
バックの白い山は、高妻山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バックの白い山は、高妻山です。
2
青空に向かって登る。結構な急斜面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に向かって登る。結構な急斜面です。
2
高妻山の左奥に見えているギザギザの山は戸隠山だと思う。
2020年03月07日 11:26撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山の左奥に見えているギザギザの山は戸隠山だと思う。
4
高妻山をアップ。
2020年03月07日 11:26撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山をアップ。
4
稜線まであと少しなんですけど、そこらがしんどい。
2020年03月07日 12:11撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線まであと少しなんですけど、そこらがしんどい。
2
ひいひい言ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひいひい言ってます。
3
稜線にでたらパラダイス。
2020年03月07日 12:45撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線にでたらパラダイス。
5
恒例のポーズ。
2020年03月07日 12:46撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恒例のポーズ。
4
天空の回廊。ちょっと踏み抜きありです。
2020年03月07日 12:47撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空の回廊。ちょっと踏み抜きありです。
2
YD氏、KWSさん。
2020年03月07日 12:48撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YD氏、KWSさん。
2
景色を堪能。
2020年03月07日 12:54撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色を堪能。
2
日本海が見えていたんです。
2020年03月07日 12:55撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海が見えていたんです。
2
人気の山です、トレースはしっかりついている。
2020年03月07日 12:55撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人気の山です、トレースはしっかりついている。
3
奥に見える山は草津白根や、志賀高原あたりです。
2020年03月07日 12:59撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見える山は草津白根や、志賀高原あたりです。
2
向こう側に見える白い三角のピークが黒姫山です。まだ、もう少しある。疲れてきています。
2020年03月07日 13:04撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こう側に見える白い三角のピークが黒姫山です。まだ、もう少しある。疲れてきています。
2
凄い荷物。今日は20kg Over!めっちゃ堪えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄い荷物。今日は20kg Over!めっちゃ堪えます。
3
雪庇も張り出す稜線を行く。
2020年03月07日 13:08撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇も張り出す稜線を行く。
2
峰ノ大池分岐です。鞍部で広くなっています。
2020年03月07日 13:16撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰ノ大池分岐です。鞍部で広くなっています。
1
黒姫山の最後の登りを登ると。。。石の祠のある山頂に到着です。
2020年03月07日 13:36撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒姫山の最後の登りを登ると。。。石の祠のある山頂に到着です。
3
結構、辛かったので喜びがひとしおです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、辛かったので喜びがひとしおです。
7
野尻湖。
2020年03月07日 13:36撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野尻湖。
5
山頂記念撮影。4人揃った写真はほとんどないので貴重です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂記念撮影。4人揃った写真はほとんどないので貴重です。
9
絶景を堪能中。
2020年03月07日 13:37撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を堪能中。
2
焼山とか。。。
2020年03月07日 13:37撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山とか。。。
4
この形は、まさに雨飾山
2020年03月07日 13:38撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この形は、まさに雨飾山
5
なんかいもでましたけど、高妻山。
2020年03月07日 13:38撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかいもでましたけど、高妻山。
8
山頂は、我々だけの独占。
2020年03月07日 13:38撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は、我々だけの独占。
3
コケる。
2020年03月07日 13:45撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケる。
2
楽しい山頂でした。雪洞を作らなければなりませんので、適地を求めて移動です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい山頂でした。雪洞を作らなければなりませんので、適地を求めて移動です。
4
山頂から北へ進んでいきます。雪は満々とありますが、どこが雪洞を作る適地であるか?探していきます。
2020年03月07日 13:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北へ進んでいきます。雪は満々とありますが、どこが雪洞を作る適地であるか?探していきます。
2
できれば、見晴らしのいい場所がいいですけど。。。
2020年03月07日 13:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
できれば、見晴らしのいい場所がいいですけど。。。
3
山頂の北側の東側斜面。。。積雪量をゾンデ棒(プローブ)で測っています。
2020年03月07日 13:54撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の北側の東側斜面。。。積雪量をゾンデ棒(プローブ)で測っています。
2
ここらは、雪の量は十分かと思われます。
2020年03月07日 13:54撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらは、雪の量は十分かと思われます。
2
入り口となる場所を整地して掘り始めます。
2020年03月07日 13:57撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口となる場所を整地して掘り始めます。
2
4人がかりでスコップを振るいます。
2020年03月07日 14:05撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4人がかりでスコップを振るいます。
2
雪を排出していきます。
2020年03月07日 14:09撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪を排出していきます。
3
予想より早く奥側に地面に到達。奥行きが取れないため、場所を移動することにします。苦渋の決断です。
2020年03月07日 14:29撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想より早く奥側に地面に到達。奥行きが取れないため、場所を移動することにします。苦渋の決断です。
2
一旦、掘った雪洞は勿体ないですが、ここは荷物をまとめて撤退します。
2020年03月07日 14:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、掘った雪洞は勿体ないですが、ここは荷物をまとめて撤退します。
1
黒姫山の山頂手前側の緩やかな斜面(峰ノ大池分岐)の少し上あたりに狙いを定めました。ここでだめなら、ツエルト泊になります。
2020年03月07日 14:59撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒姫山の山頂手前側の緩やかな斜面(峰ノ大池分岐)の少し上あたりに狙いを定めました。ここでだめなら、ツエルト泊になります。
2
ふたたび、雪洞掘り。
2020年03月07日 15:19撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふたたび、雪洞掘り。
2
時間短縮のため、入り口を2ヶ所にして内部でつなげることにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間短縮のため、入り口を2ヶ所にして内部でつなげることにします。
3
junさんが、スノーソーでブロックにして切り出していく。
2020年03月07日 15:58撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
junさんが、スノーソーでブロックにして切り出していく。
2
いよいよ、2つの雪洞がつながりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ、2つの雪洞がつながりました。
3
開通を喜ぶふたり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開通を喜ぶふたり。
5
出入口をツエルトで塞ぎます。雪洞があることを示す赤旗を立てます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出入口をツエルトで塞ぎます。雪洞があることを示す赤旗を立てます。
6
お腹か激減りなので雪洞内で、さっそく宴会用におでんを作り始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お腹か激減りなので雪洞内で、さっそく宴会用におでんを作り始めます。
7
おでんがいい感じに出来てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おでんがいい感じに出来てきました。
10
おでんの湯気が雪洞内に充満。そしておでんのいい匂いも。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おでんの湯気が雪洞内に充満。そしておでんのいい匂いも。。。
4
雪洞内の照明もばっちりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞内の照明もばっちりです。
4
おでんの次は焼き肉です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おでんの次は焼き肉です。
6
雪洞空間が素敵な感じのこの写真を代表写真にしておきましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞空間が素敵な感じのこの写真を代表写真にしておきましょう。
10
上から写してみた。雪洞内では寝袋に入るまで靴を履いたままです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から写してみた。雪洞内では寝袋に入るまで靴を履いたままです。
6
雪洞の壁にはキャンドル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞の壁にはキャンドル
2
お酒を飲むときは壁から雪を削り取る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お酒を飲むときは壁から雪を削り取る。
3
なんだかんだで、雪洞泊楽しいぃぃ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだかんだで、雪洞泊楽しいぃぃ。
6
19:00頃から寝支度です。寝袋を出して準備します。
2020年03月07日 18:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19:00頃から寝支度です。寝袋を出して準備します。
3
ちょっと空間的もう少し広ければ良かったと思うところもありましたが。。。時間的にこのくらいが限度でした。
2020年03月07日 18:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと空間的もう少し広ければ良かったと思うところもありましたが。。。時間的にこのくらいが限度でした。
3
おやすみなさい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おやすみなさい。
3
夜中に起きてみました。外は風が吹いて、細かな雪が降っていました。
2020年03月07日 23:40撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜中に起きてみました。外は風が吹いて、細かな雪が降っていました。
3
夜の雪洞の入り口。
2020年03月07日 23:43撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜の雪洞の入り口。
3
晴れていれば街明かりなども見えるはずなのですが、真っ白でした。
2020年03月07日 23:38撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば街明かりなども見えるはずなのですが、真っ白でした。
1
満月の夜なので、薄っすらと明るい。
2020年03月07日 23:38撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満月の夜なので、薄っすらと明るい。
2
もうひとつの出入り口。
2020年03月07日 23:38撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうひとつの出入り口。
1
ここから、朝です。6:00起床。日の出は真っ白で見れず。朝ご飯タイムです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、朝です。6:00起床。日の出は真っ白で見れず。朝ご飯タイムです。
4
水作り。壁からも水が作れます。雪洞内はずっと0度くらいだったので、だれの水も凍ることはありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水作り。壁からも水が作れます。雪洞内はずっと0度くらいだったので、だれの水も凍ることはありませんでした。
3
雪洞内に散らばった荷物をまとめて、帰る準備をはじめましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞内に散らばった荷物をまとめて、帰る準備をはじめましょう。
3
雪洞内の荷物を外に出して。。。
2020年03月08日 08:17撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞内の荷物を外に出して。。。
2
入り口のツエルトを回収
2020年03月08日 08:17撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口のツエルトを回収
2
撤収作業が進んでいきます。
2020年03月08日 08:33撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撤収作業が進んでいきます。
2
雪洞内の忘れ物の確認を今一度して、雪洞を更地に戻します。天井が抜け落ちたところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞内の忘れ物の確認を今一度して、雪洞を更地に戻します。天井が抜け落ちたところ。
5
全員が、天井踏み抜きをやっていきます。
2020年03月08日 08:40撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全員が、天井踏み抜きをやっていきます。
3
落ちると楽しい。
2020年03月08日 08:42撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちると楽しい。
2
わーい。。。
2020年03月08日 08:47撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わーい。。。
9
ということで、帰ります。9:00出発
2020年03月08日 09:03撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、帰ります。9:00出発
2
天気はこんな感じで良くはない。午後からは回復する見込みですが。。。しかし、風はほとんどない。てんくらもAです。
2020年03月08日 09:09撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気はこんな感じで良くはない。午後からは回復する見込みですが。。。しかし、風はほとんどない。てんくらもAです。
1
少しづつですが、視界も開けて景色も見えてきつつある。
2020年03月08日 09:15撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しづつですが、視界も開けて景色も見えてきつつある。
2
少しだけ新しい雪が付きました。
2020年03月08日 09:15撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ新しい雪が付きました。
2
昨日は青空であったが、今日は白黒の世界。こんな天気でも登山者が上がってきました。
2020年03月08日 09:42撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は青空であったが、今日は白黒の世界。こんな天気でも登山者が上がってきました。
4
ここから、下りていきます。今回、トレッキングポール2本目折りました。左右とも全滅。カーボンポールは横の力が弱く雪山には向いてないかも。。。
2020年03月08日 09:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、下りていきます。今回、トレッキングポール2本目折りました。左右とも全滅。カーボンポールは横の力が弱く雪山には向いてないかも。。。
3
かなり、下りてきました。あとどのくらい?
2020年03月08日 10:43撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり、下りてきました。あとどのくらい?
1
林道にはいると、雪だるま(オラフ)ぽい?私たちが作った訳ではない。
2020年03月08日 11:08撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にはいると、雪だるま(オラフ)ぽい?私たちが作った訳ではない。
5
最後に。。。
2020年03月08日 11:20撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に。。。
3
お疲れ様でした。
2020年03月08日 11:26撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
3
温泉は”むれ温泉 天狗の館”というところへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉は”むれ温泉 天狗の館”というところへ
3
温泉に入って昼ごはんを食べ終わったころから、今日登った黒姫山が見えてきました。
2020年03月08日 13:40撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉に入って昼ごはんを食べ終わったころから、今日登った黒姫山が見えてきました。
8
撮影機材:

感想/記録
by omatsu

長い長い山禁止期間が終わりを迎えました。今季の積雪期の間に是非ともやっておきたいこと、それは雪洞泊。豪雪の山の斜面に穴を掘り、その雪下の空間で宿泊するのだ。雪山登山における生死を分ける登山技術となるので一度は経験しておく必要があると言える。豪雪の黒姫山雪洞泊。いろいろな気づきが得られ経験値が大幅にアップした山行となりました。

山解禁となって初の20 Overの大荷物登山。体力がかなり落ちていることを実感した。

今回は豪雪の山だっただけに、ほぼすべてわかん装着で歩いた。意外とこの黒姫山人気のある山のようで割とたくさんの方が登られていたのでトレースはしっかりとついており安心感がありました。

今回のチャレンジ、はじめての雪洞泊というものがはたして可能なのでしょうか?どんな場所が雪洞の適地であるのか?雪崩の危険性の低い斜面を選ばなければなりません。そして外気温がかなりのマイナスであっても、雪洞内は0度前後であるという。。。それならば、テント泊するよりもずっと暖かいということなのだ。本当にその通りで、ずっと0℃の温度を維持し続けました。

雪洞掘りにまだ慣れていないというのもありますが、4人分の寝るスペースの雪洞を掘るために約3時間程度必要ということがわかりました。さらに今回は雪洞ポイントを1回変更したので4人が寝れる雪洞が完成したのは夕方。。。疲労困ぱいでお腹すきすきです。ですから細かな仕上げは、せずじまいで荒削りの雪洞となりました。

夕方から雪洞内で宴会開始。雪洞でおでん、雪洞で焼き肉、雪洞でビール。雪洞でワインを堪能しました。雪洞内はあったかでとても楽しい宴会となりました。

雪洞泊、結構楽しいのですが、皆さんあまりされていない。。。それはなぜか?雪洞の作成に3時間程度掛かる。この労力と雪中テント泊を比べると、明らかに雪中テント泊の方が楽で面倒がない。それは事実です。そういうものだということが良く分かった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:495人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/2
投稿数: 451
2020/3/10 20:35
 雪洞泊
大変そうですが、とっても楽しそうですね。
思い荷物にあえいでいても、ひいひいでも、omatsuさんの思わずこぼれてしまう笑顔から楽しいのが伝わってきました。
お写真の1枚1枚を拝見しながら、私には絶対出来ない雪洞泊を楽しませて頂きました。
素敵なレコ、ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした!
登録日: 2013/9/24
投稿数: 2
2020/3/10 22:01
 参加させていただきありがとうございました。
一度は雪洞泊してみたく思ってました!この機会に経験出来ました(^_^;)
皆さんに感謝です!ありがとうございました!楽しく快適にすごせました。
登録日: 2009/5/7
投稿数: 494
2020/3/11 7:59
 Re: 雪洞泊
シュアリーさん
いつも、ありがとうございます。

ついに、雪洞泊やってみちゃいました。
いろいろ事前に調べて情報収集して臨みましたが、やはり、知っていると実際にやってみるでは大きく違うことは間違いありません。

たいへんでしたが、とても楽しい経験となりました。写真でみるとどれも楽しく見えますが、雪洞泊は意外とたいへんで過酷です。そんな知見が得られたのも収穫です。
登録日: 2009/5/7
投稿数: 494
2020/3/11 8:02
 Re: 参加させていただきありがとうございました。
KWSさん
ありがとうございます。
今回、このチャレンジができたのも、この四人のメンバーのお陰だと思っています。素晴らしい体験をありがとう。また、ご一緒しましょう。

お疲れ様でした。
(来年も1回だけ、雪洞泊山行企画しますね)
登録日: 2016/4/3
投稿数: 421
2020/3/11 9:16
 楽しそう
たまに山ですごい重装備の方とお会いすることがありますが、特別な体験をするためには、それだけの準備が必要なんですね。
雪洞堀りとはどんなものだろうと・・・ワクワクしてレコを拝見させてもらいました。
雪洞堀りは時間がかかるし場所選びも難しいんですね。でもその後の宴会の楽しかったことが良く伝わってきました。壁から水分補給できるとは夢のよう。
山禁止期間を終え、今シーズンやりたかったことにも間に合って、嬉しそうなomatsuさんの表情を拝見し、こちらも嬉しくなりました。
ふなこっぺ
登録日: 2009/5/7
投稿数: 494
2020/3/13 13:11
 Re: 楽しそう
ふなこっぺさん

ありがとうございます。
場違いな大荷物の登山者。。。なにか企みがありますね。

雪洞泊。。。一度はやってみたかったので今回体験することができて満足しています。

あと、ふなこっぺさんに、この雪洞泊について大切なナレッジを伝えておきます。
雪がいくらたくさんあっても、残雪期の雪は締まっており掘れないのではないかと思います。そして、雪が降り積もる1月2月は、天候が悪い日がおおく、本末転倒、修行のためならばそれもいいのですが、なんとなく大変だと思います。そういう意味でも、雪洞泊をするには時期(季節)も大切だと思います。なので、この時期3月の上旬の天気のいい日を狙うのが一番ではないかと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ