また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2258915 全員に公開 雪山ハイキング 北陸

南保富士・黒菱山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候断続的に小雪続く(標高500m以下では雨)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝日町の国道8号線横尾西の信号から山側に入り、トンネルを抜けて笹川沿いの道で笹川を経て三峯グリーンランドへ。さらにその先で左に折れて途中から未舗装となる林道を進むと、林道の分岐点に中部北陸自然歩道(朝日ふるさと歩道)と南保富士周辺案内の2つの看板がある。その手前の空き地に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間39分
休憩
30分
合計
9時間9分
Sスタート地点08:0909:08南保富士09:2013:26黒菱山13:3716:37南保富士16:4417:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

看板のある林道分岐点の手前に駐車。
2020年03月14日 08:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板のある林道分岐点の手前に駐車。
南保富士へはここを右へ。
2020年03月14日 08:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南保富士へはここを右へ。
50mほど行くと登山口。
2020年03月14日 08:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50mほど行くと登山口。
標高500mあたりから黒部扇状地と富山湾が見える。この日は霞んでるか見えないかのどちらか。
2020年03月14日 08:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高500mあたりから黒部扇状地と富山湾が見える。この日は霞んでるか見えないかのどちらか。
氷雪の下限が分かる。
2020年03月14日 08:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷雪の下限が分かる。
標高500m位から雪がちらほら。
2020年03月14日 08:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高500m位から雪がちらほら。
南保富士らしい姿。
2020年03月14日 08:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南保富士らしい姿。
南保富士山頂
2020年03月14日 09:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南保富士山頂
1
冠雪した山頂標
2020年03月14日 09:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠雪した山頂標
二王山に向かう道。ここははっきりしてる方。
2020年03月14日 09:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二王山に向かう道。ここははっきりしてる方。
二王山と851pの間のコルのちょい藪。
2020年03月14日 10:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二王山と851pの間のコルのちょい藪。
ツボ足でつけてるトレース。
2020年03月14日 11:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツボ足でつけてるトレース。
標高980m辺りの平坦部。
2020年03月14日 13:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高980m辺りの平坦部。
黒菱山頂へ
2020年03月14日 13:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒菱山頂へ
1
ポツンと黒菱山頂標。
2020年03月14日 13:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポツンと黒菱山頂標。
間違いなく黒菱山
2020年03月14日 13:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違いなく黒菱山
2
トレース辿って戻る。
2020年03月14日 13:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレース辿って戻る。
GPS落として探しに戻った。見つかった! 30分のロス。
2020年03月14日 15:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPS落として探しに戻った。見つかった! 30分のロス。
1
南保富士に戻って来た。
2020年03月14日 16:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南保富士に戻って来た。
冠雪消えた。
2020年03月14日 16:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠雪消えた。
南保富士からは快速で下れる。
2020年03月14日 16:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南保富士からは快速で下れる。
登山口に着いた。
2020年03月14日 17:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に着いた。
駐車場所もすぐそこ
2020年03月14日 17:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場所もすぐそこ

感想/記録

 南保富士と黒菱山は富山県の東部にあって、峰続きで2.6kmほどの距離にあるが、無雪期の登山口は別々にあり、両者を結ぶ登山道はない。しかし積雪期にはこの間も歩かれているので、今回は南保富士の登山口から黒菱山の往復を狙った。

 冬の記録では、三峯グリーンランドから歩いているのが多いが、暖冬の今シーズンこれまでの経験からの期待通り、林道奥の登山口まで車で入れた。さて支度しようと荷物を取り出したところで、「あれ〜〜〜〜っ、かんじきを忘れた!」。取りに戻るか、それでは遅くなるのでこのまま撤退か、とも考えたが、このまま行ってしまうことにした。南保富士まで行けてもその先で撤退かもとこの時は思った。

 登山口辺りには全く雪がなく、標高500m位で雪を踏むようにはなったが、南保富士山頂でも足跡に土が出る位でツボ足で全く問題なし。道の管理状態も非常に良好。その先二王山に向かうと途端に道が不明瞭になり、そして格段に雪が増えた。それでも二王山までは時々トレースが見つかり、軽い藪漕ぎ程度で到達した。

 二王山から先がノートレースで、本格的なラッセル雪になった。かんじき忘れを悔やみだしたら悔やみきれないので、悔やまないことにする。そして先へ進む。多くの場所では足首まで沈んだところにやや締まった雪の層があり、そこに乗れるときは楽だが、一定の割合でその層も破れると大概膝近くまで沈む。膝上まで来ると抜くのも辛い。藪捌きは、スキーなら大変なところだが、ツボ足ならラッセルに比べれば大したことは無い。

 登山口から南保富士までの標高差400mには1時間で行ったが、南保富士から二王山を越えた標高720mのコルまでもう1時間、そしてコルから黒菱山までの正味標高差300mを3時間かかった。富山県東部の天気予報は午前中は雨で午後曇りだったが、山の上では南保富士に戻るまで小雪が降り続いた。体中しっとり濡れて、下山時は1枚余計に着込んで、標高下げれば暖かくはなったが脱ぐまではいかなかった。

 戻りは基本トレースを辿るので速く行けると思ったが、トレースに踏み込んでもさらに沈むことも多い。朝より雪温が上がって湿雪になっているも関係しているだろう。登り返しは下って来た行きと歩幅が違うので新たにラッセルとなる。黒菱山から二王山手前のコルまで、行きに3時間に対して帰りも2時間かかった。後述の落とし物ロスを差し引いて。

 二王山手前の861pからコルへと下りている所でGPSでルートを確認しようとすると、そのGPSがない。ウエストポーチに紐でつないで、ポーチのポケットに入れていたのだが、紐だけがだらりと下がっている。861pを過ぎたところの藪越えで、横に這う木に乗ったところで気がたわんでバランスを崩して転倒した。そこで木の枝あたりに紐が引っ掛かって外れて落ちたのだろう。戻って探してみることにする。その場所が見つかるだろうか、本当にその場所か、その場所だとしても雪に沈んでいたら見つけられないのではないか、といったことを考えながら登り返していたので異様に長く感じた。それだけに見つかった時はとても嬉しかった。GPSの記録で見ると、その間のロスは30分だった。

 二王山からは次第に雪が減って歩きも楽になり、南保富士からは完全に夏道上で、ぬかってスリップ注意だが転ばず速やかに下りて明るい内に登山口に戻って来られた。

 南保富士と黒菱山で、富山百山の94番目と95番目。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:694人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 GPS コル 藪漕ぎ 撤退
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ