また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2259984 全員に公開 雪山ハイキング 大山・蒜山

大山 一ノ沢-正面登山道

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年03月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候雨,雪,ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間0分
休憩
44分
合計
5時間44分
S枡水高原07:1507:32正面登山道枡水登山口08:00大山一ノ沢 治山林道口09:29一ノ沢源頭部09:3710:30二ノ沢源頭部10:3310:38大山頂上避難小屋11:0611:10大山頂上碑11:1211:14大山頂上避難小屋11:27石室11:2911:30正面登山道頂上台地11:3112:48正面登山道枡水登山口12:58枡水高原12:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一ノ沢からのルートも正面登山道も今回が初めて。ガスで視界数十メートルであったが,登山道がはっきりしていたので(でなければ多分撤退した)一部を除き不安を感じることは無かった。今回の積雪量がルート上では約10センチであったことも幸いした。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ ココヘリ発信器 ゴーグル ピッケル ガスストーブ コッヘル

写真

一ノ沢から尾根筋に出た所から山頂方向を望む。この筋に沿ってひたすら登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢から尾根筋に出た所から山頂方向を望む。この筋に沿ってひたすら登る。

感想/記録

桝水高原駐車場に駐車し,スキー場を登って横手道経由で一ノ沢に向かう。
→一ノ沢左岸の作業道を道なりに進む。先人のGPSトラックを見ると,S字に曲がっていたりして,さぞルートファインディングに苦労するかと思っていたが,結局作業道に沿って進めばよいことが分かった。
→作業道から分かれて尾根筋へ取り付く。この分岐点も手前に平地があり,自ずとそれと分かった。
→尾根筋を山頂に向かってひたすら登る。灌木の切れ間が出来ているなど,登山道ははっきりとしていた。斜面はそれなりに急であり,アイゼンとピッケルは終始使用した。
→山頂小屋で休憩。
→正面登山道から下山開始。石室の近くにある入り口は,古い木道跡のようなもので判別できた。むしろ石室を見つけるのに少し苦労した。ガスの中,初めての正面登山道が,先人のGPSトラックだけで分かるか少し不安があったが,登りと同様,登山道は地形から容易に判別できた (ただし,低灌木地帯)。
→灌木がそれなりの高さになる地点からは,登山道以外のところに突っ込むと灌木に絡め取られる(一度そうなった)ため,唯一の登山道を正確にたどる必要がある。道がジグザグになっているため,これが結構難しかった。無理な藪漕ぎ状態になったらなにかが間違っている。登り返してでも正確なルートに復帰すべきである。間違いやすい箇所にはピンク色のリボンが付けてあったので非常に助かったが,木の枝から葉が出てきたら,さらに分かりにくいと思う。
→桝水高原スキー場上部の草付きに出た後は,草地を覆う雪に足を取られながら,駐車場まで降りた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:132人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ