また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2263652 全員に公開 アルパインクライミング 日光・那須・筑波

ワタシ、ビビらないので 日光白根山 雪煙舞う西面3ルンゼ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年03月19日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴+風
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
RW 8:30〜 往復2000円(デポジットで+1000円)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間24分
休憩
42分
合計
4時間6分
S日光白根山ロープウェイ山頂駅08:4209:16大日如来分岐09:27地獄ナギ09:4511:12奥白根山11:3112:13地獄ナギ12:1712:24大日如来分岐12:2512:48日光白根山ロープウェイ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山届はRWのチケットを買うときに提出。下山の報告も必要。
ココヘリを持参していない場合は+1100円(入山に必須)。

【ルンゼ内(バリエーションルート)の登攀】
RF、急登、ラッセル、アイス、落石、落氷、凍土、雪崩などの言葉がついて回るところです。常に上部・足元などを意識する必要があるかと思います。

※天候によりコースの状況は変わります。装備やルートの選択は適宜自己判断してください。それぞれ経験、技術が違うので他人を頼りにしてはいけません。

写真

日光白根山。ど真ん中の雪の所を登っていきます。
2020年03月19日 08:43撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山。ど真ん中の雪の所を登っていきます。
行ってきます。
2020年03月19日 08:45撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行ってきます。
地獄ナギ?に到着。ここからルートを外れます。
2020年03月19日 09:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄ナギ?に到着。ここからルートを外れます。
クランポン着けて、ダブルアックス。
2020年03月19日 09:42撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クランポン着けて、ダブルアックス。
背後には素晴らしい景色が広がっています。
2020年03月19日 09:56撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後には素晴らしい景色が広がっています。
西面だから日が当たるのがもっと遅いかと思っていたが、そうでもないので、午前中が勝負かな?
2020年03月19日 10:02撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西面だから日が当たるのがもっと遅いかと思っていたが、そうでもないので、午前中が勝負かな?
1
あるのは私のトレースのみ。今回もレール敷いちゃってます。だがしかし、ここに来る人は少ないと思います。
2020年03月19日 10:02撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あるのは私のトレースのみ。今回もレール敷いちゃってます。だがしかし、ここに来る人は少ないと思います。
青と黒と白い世界。この雰囲気は冷たさを感じます。
2020年03月19日 10:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青と黒と白い世界。この雰囲気は冷たさを感じます。
2
360度カメラだとこんな感じ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す360度カメラだとこんな感じ。
1
まるで吹雪いてるかのよう。追い風なのが幸い。
2020年03月19日 10:27撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで吹雪いてるかのよう。追い風なのが幸い。
1
360度カメラで撮ったもの。どういう風に見て感じますか?拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す360度カメラで撮ったもの。どういう風に見て感じますか?
だいぶ登り詰めてきました。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すだいぶ登り詰めてきました。
2
風が雪を巻き上げる。
2020年03月19日 10:42撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が雪を巻き上げる。
2
ここを右に行く前に、日焼け止めが滑落。数メートルだったので救助しました。ここからが核心。
2020年03月19日 10:53撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを右に行く前に、日焼け止めが滑落。数メートルだったので救助しました。ここからが核心。
1
振り返えれば絶景。
2020年03月19日 10:53撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返えれば絶景。
1
落石や落氷もあるので注意が必要。
2020年03月19日 11:00撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石や落氷もあるので注意が必要。
1
テカテカしてる。
2020年03月19日 11:00撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テカテカしてる。
2
アイスと雪と石まじりの凍土のミックス。ヒーハー!
2020年03月19日 11:02撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスと雪と石まじりの凍土のミックス。ヒーハー!
1
あと少し…だと思う…
2020年03月19日 11:06撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し…だと思う…
1
滑落したら、ヤバし。きっとピンボールのようにあちこちに…やめましょう。
2020年03月19日 11:16撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑落したら、ヤバし。きっとピンボールのようにあちこちに…やめましょう。
2
ルンゼを登ってきたところ。いい景色が広がっています。肉眼で見てるとよくわかるんですが、写真になるとわからなくなる時ってありませんか?
2020年03月19日 11:20撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼを登ってきたところ。いい景色が広がっています。肉眼で見てるとよくわかるんですが、写真になるとわからなくなる時ってありませんか?
1
頂上に到着。風強し。武尊方面は看板の裏か…
2020年03月19日 11:25撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に到着。風強し。武尊方面は看板の裏か…
2
尾瀬方面。中心からやや右のくぼみのところを登ってきました。
2020年03月19日 11:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬方面。中心からやや右のくぼみのところを登ってきました。
1
あっちの山の名前はわかりません。今は調べる気もしません。
2020年03月19日 11:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちの山の名前はわかりません。今は調べる気もしません。
1
男体山と中禅寺湖。
2020年03月19日 11:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山と中禅寺湖。
2
中心から右にある双児峰が燧ヶ岳。中心から左、燧ヶ岳と同じくらいの距離にあるのが至仏山。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す中心から右にある双児峰が燧ヶ岳。中心から左、燧ヶ岳と同じくらいの距離にあるのが至仏山。
3
日光・男体山方面拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す日光・男体山方面
2
方向は間違っていないので、テキトーに降ります。
2020年03月19日 12:00撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方向は間違っていないので、テキトーに降ります。
地獄ナギ?まで戻って来ました。名前ほどヤバい感じはせず、穏やかです。
2020年03月19日 12:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄ナギ?まで戻って来ました。名前ほどヤバい感じはせず、穏やかです。
結構怖い名前ですね。血…赤…トマト池とかはダメですかね?トマトスープ地獄とか…
2020年03月19日 12:32撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構怖い名前ですね。血…赤…トマト池とかはダメですかね?トマトスープ地獄とか…
ただいま〜
2020年03月19日 12:48撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただいま〜
1
赤いラインの所を登ってきました。こうやって見ると結構ヤバい。
2020年03月19日 12:48撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤いラインの所を登ってきました。こうやって見ると結構ヤバい。
2
左の白いのが至仏山。右の白いのが燧ヶ岳。
2020年03月19日 12:51撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の白いのが至仏山。右の白いのが燧ヶ岳。
1
至仏山。また滑りに行きたい。
2020年03月19日 12:52撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山。また滑りに行きたい。
1
燧ヶ岳と丸沼。おつー。
2020年03月19日 12:53撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳と丸沼。おつー。
2

感想/記録

何年か前から日光白根山の西面3ルンゼに登ってみようと思っていた。3月15日に登ってみようと思っていたが、前日に降雪もあったため雪崩のリスクを考慮して中止にし、白毛門に行った。そして今日19日(木)は月曜日に降雪はあったものの、二日間晴れが続いたので少し溶け雪は締まったのではないかと予想し、行くことに決めた。

スタートの時間が決められているので、ゆっくり眠ることができ、体調も良好。

RWに乗り、頂上駅から歩き始める。トレースはしっかり付いておりとても歩きやすい状況だった。取付きまで来て、装備を整えた。見上げてもその先はトレースはなくここからラッセル・RFとなった。
ルンゼ内は落石の跡があったり、岩の上から氷の欠片も降ってきたりしていたので、気を緩めることができない状況だった。風は吹いたり止んだりしており、トレースが残るのも時間の問題だった。RFしながら歩みを進めるが、深いところは膝上までのラッセルを強いられた。上部に行くにつれ、斜面は急になり性格が複雑に変化していき、アイスと雪そして石を含んだ凍土が露出していた。途中ザックを背負ったまま雨蓋から何かを出したタイミングで、日焼け止めを落としてしまい(塗っていたわけではない)滑落遭難させるとこだったが、幸い数メートルのところで止まったので少し下降し救助した。そのまま登りつめて行き頂上へ出た。比較的風が強く体が冷やされたが、今日の登りルートだとレイヤリングを変えるのも気を遣う。また行動食を摂るのも気を遣う。西面とはいうものの、午前中から日が当たるので、午前中いっぱいぐらいが賞味期限ではないかと思った。それ以降になると、雪は腐りさまざまなリスクが高くなるのではないだろうか。

頂上から少し下ったところでピッケルをしまいクランポンを外した。その後は滑るように…シリセードも何回かした。見ていた人は滑落してるのかシリセードしてるのか見極めることができただろうか?
山に行きたいと言うものの、早く登って早く降ろうって言う矛盾登山あるあるってありますか?
今日もまた、さっさと降ろうという具合で、降ってきました。とても良い天気に恵まれて満足した山行ができました。

雪山は時間によってかなり状況が変わってくる。そんな状況の変化を予測して対応していくのも、雪山の楽しみの一つではないかとワタシは思います。

今日はもともと約束してたんですが、友人が仕事になってしまったため一緒にいけなくなってしまったので、1人で来てみました。すいません。友人とはまた今度行けたらいいなと思っております。

※地図上のログは稜線に乗っていますが、正確にはルンゼ内の登攀です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:315人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ